スケジュール

  • ▷Eスクレポート提出期限
      6月10日(月)まで
       あと 

    ▷Eスクーリング
    4月15日(金)〜6月10日(金)

    ▷第II回科目試験
    7月2日(土)〜3日(日)

    ▷夏期スクーリング I期
    8月5日(金)〜10日(水)

    ▷夏期スクーリング II期
    8月12日(金)〜17日(水)

    ▷夏期スクーリング III期
    8月19日(金)〜24日(水)

文献リスト

修得単位

  • [総修得単位数]
     項  目   修得単位数  
    総合教育科目 Bronze Crown 48/48
    専門教育科目 59/68
    修得単位合計 107/116
    (内スクーリング 34/42迄)


  • [専門教育科目]
    科  目 年度  単位 
    –第1類
    論理学(L)   '13 2
    科学哲学   '13 4
    社会学史II   '13 2
    社会学史I   '14 2
    都市社会学(L)  '14 2
    哲学史SS  '14 2
    倫理学(専門)SS  '14 2
    美学ES  '14 2
    総合講座ES   '14 2
    倫理学 '14 2
    西洋哲学史I '14 4
    現代倫理学の諸問題 '15 4
    近代日本と福澤諭吉 '15 2
    哲学史SS '15 2
    西洋哲学史II '15 3

    必修科目合計 Silver Crown 37/28 

    –第2類
    西洋史概説 I   '12 2
    西洋史概説-E '13 2
    史学概論 '13 2
    西洋史概説 II   '14 2
    オリエント考古学   '14 2
    西洋史特殊I   '14 2

    –第3類
    ロシア文学   '14 2
    英語学-E '14 2
    ドイツ語学文学SS  '14 2
    近代ドイツ演劇 '15 2
    ドイツ語学文学SS  '15 2

    選択科目合計 22   

    専門科目合計 59/68 
    (内スクーリング 20/28迄)


  • [総合教育科目]
    科  目 年度   単位 
    –人文科学分野
    歴史(西洋史) '12 2
    歴史(東洋史)SS '12 2
    論理学(A) '13 4
    哲学ES '13 2
    近代思想史ES '15 2

    –社会科学分野
    社会科学概論SS '12 2
    社会学(A) '13 4

    –自然科学分野
    自然科学概論-E '13 2
    自然科学特論A-ES '15 2

    認定単位 18

    3分野科目合計 Bronze Crown 40/40 

    –英語
    英語I '12 2
    英語II '12 2
    英語VII '12 2
    英語R SS '13 1
    英語W SS '13 1

    必修外国語合計 Bronze Crown 8/8 

    総合科目合計 Bronze Crown 48/48 
    (内スクーリング 14/14迄)

« 2012年4月 | トップページ | 2012年6月 »

2012年5月

2012-05-31

「英語Ⅰ」レポート返却

夕方、外から帰ってきた息子が 「お手紙来てたよ」 と言って、渡してくれた茶封筒2通。わぉ!英語Ⅰの第1回、第2回レポートでした。予想以上に早い返却でびっくり!14日の投函なので2週間ちょっとでの返却です。

気になる評価は、
第1回、第2回レポート共に : A、 合格shineです。
やったぁ。

しかし、あってはならないミスを犯していましたsweat01 第1回課題の最初の設問で、文を入れるべき直前の3語を答えなきゃいけないのに、直後の3語を答えていました。あちゃー。入れる文が直前だと思いこんでしまったワタクシ。これはもう英語力ではなく国語力の、いえそれ以前の設問をよく読まず、見直しをおろそかにした姿勢の問題。ことあるごとにわが子に 「問題は丁寧に読みなさ~いannoy」 と言ってるのは、どこの誰なんだsweat01 以後気をつけます。シュン 

こんな間違いをするのは私くらいでしょうが、それでもここは声を大にして、 「文を入れるべき場所の、直前の3語」 ですよ、みなさま。お間違いなく!

という言うことで、評価項目は、

第1回レポート課題 : A, B, A, A
第2回レポート課題 : A, A, A, A

となっておりました。

不安だった文法説明も一応及第点だったので、科目試験の際もこんな感じで回答すれば大丈夫なんだと分かり安心しました。ただ試験当日はテキストは持ち込めないわけで、例文が浮かぶかどうかがカギかなぁと。

ちょっと残念だったのは、コメント欄に何も書かれていなかったこと。テキスト履修科目はこのコメント欄が先生との対話の唯一の手段なので、何か一言でいいから欲しかったなぁ~なんて。和訳も説明もたとえ及第点だったとしても、決して完璧ではないと思うので、その辺のアドバイスが頂けたらなぁと思うのは贅沢なのかな?

それはさておき、やはり初めてのレポートが、- しかも当初の計画より大幅に時間をとられた英語Ⅰが- 合格で戻ってきたのは、素直に嬉しいです。その分、ピューリタンにしわ寄せがいったので、西洋史が戻ってくるのがかな~り怖いんだけど(^^;

ということで、試験勉強も頑張りま~すbook

2012-05-28

「西洋史」 レポート完成

西洋史にはびこっている 「埋め草」 を刈りまくっていた先週。第一稿を仕上げるよりも時間がかかってしまい、本当に炎天下で草むしりをしているような心境だったのですが、なんとか本日投函することが出来ましたloveletter ほっ。

恥ずかしながら第一稿の字数は8,000字にもなり、半分削らなきゃならない事態に唖然呆然。ほぼ一からの仕切り直しとなりました。「初レポだから仕方ないじゃん!」と開き直りたいけれど、要領悪すぎましたワタクシ。一番の反省点は初めに引用頁数をきちんと控えてなかったこと。おかげで該当ページを何度も探す羽目になり、無駄に時間をとられちゃいました。ちょっとしたことなのに、すごく大切なことでした。

加えて大きな誤算がsweat01 「さぁ、印刷するぞ!」と思いきや、なんとこの科目ワープロ不可だったのですng しかも、片面で数頁書き進んだところで裏面があることに気づき、書き直すはめに・・・ がーん・・・ memo orz・・・ この小さなマス目に4000字、苦行以外の何ものでもありません。書き終わった時は手も目も首も肩もカチコチでした。ぜいはぁcoldsweats02

知的生産の技術 の著者である梅棹氏も 「大学ノートの罫線はアルファベット用で、日本語には狭すぎる」という意味のことをおっしゃっていて、こんなエライ先生が私と同じことを感じてるなんて!と小躍りしても、世間はそうじゃないようで慶應通信の手書き用レポート用紙の幅も7mm。大学ノートでいうところのB罫仕様です。私はこの幅でも書いていてイライラするので、U罫の8 mmを大学ノートの標準仕様にしてほしいのですが、あまり売ってないweep この1mmの差で書きやすさがかな~り違うと思うんだけどな〜。

そんな苦労があった西洋史ですが、レポのテーマ自体はとても面白かったです!イングランド、ウェールズ、スコットランド、アイルランド、それに神聖ローマ帝国、フランス、スペインと多彩な人々の色々な思惑が絡みあって、ブリテン帝国が形成されていく様はまるで大河ドラマのよう!埋め草を刈りつつも、また文献にも手を出して、エドワード・エルガーやマーガレット・ハウエルを輩出した国に思いを馳せておりました。いつかまたイギリスを訪れることがあったなら、ロンドン塔やハンプトン・コートが今までとは違って見えるような気がします。

2012-05-22

「埋め草」を刈れ!

西洋史のレポート第一稿、かなりの字数オーバーで仕切り直し中ですsweat01 まぁ、予想はしていたことですけれども・・・。この期におよんでレポートの書き方指南書に目を通し、悪あがきをしているワタクシ。新たに手に取った『レポートの組み立て方』という本から学ぶべきことが沢山ありました。

この本によりますと、「本書の1頁はほぼ400字詰め原稿用紙、1.6枚分に当たる (P102)」そうです。つまり、4000字だと16頁相当分にしかならないわけで、書籍で考えると16頁なんてあっという間。余計なことは書けない字数だということが分かります。

また、不必要なお飾り文章を「埋め草」と言うそうで、レポートや論文に「埋め草」は一切不要、全て刈り払えとありました。

必要ギリギリの要素は何々かを洗いだし、それだけを、切り詰めた表現で書く、一語一語が欠くべからざる役割を負っていて、一語を削れば必要な情報がそれだけ不足になる- そういうふうに書くのがレポートの理想だ。(P178)

そうです。あぁ、もう思いっきり駄目だしされて、トホホのホですwobbly  でも、めげずに「埋め草」を刈り取りますわよ。慶應通信で揉まれて、必要ギリギリの要素が何かを洗い出せるリテラシーが培えればいいな。

kinkan-nisshoku

ところで、東京は生憎の空模様だった昨日の朝。家族で 7時前に家を出て小学校の校庭へ。観測開始直後は校長先生の解説も心なしか心ここにあらずな感じでしたが、校庭に沢山人が集まるころには、雲の合間からちらちら顔を出してくれたお日様です。

そして願いが通じ写真のような、まあるい優しい光がみごとに天空に浮かびあがりました。その瞬間 「おーーーshine」という歓声がわき、その後は自然の織りなす美しさに言葉もありませんでした。

2012-05-19

「西洋史」 レポート着手

ここ数日は、西洋史のレポートに関する本をひたすら読みまくっておりました。と言っても、PTAと読み聞かせのボランティア活動で 2日間とられちゃったので、たっぷり時間がとれたのは5日ほどですが、こんな短期間に何冊も本を読んだのは初めてのことで、さすがに目がしょぼしょぼしてきましたwobbly

慶應通信では1本のレポを仕上げるのに、最低でも5冊の参考文献に目を通すのが正道と言われている中、この科目に限っては、「課題書のみを入念に読んで下さい。さらに他の参考書を読む必要はありません。」という、とぉ~ってもありがたい言葉がテキスト履修要領に書かれてあるのです。

が、しかし、課題書であるピューリタン革命と複合国家を読んだところ、ヘンリ八世、メアリ一世、ジェイムズ一世などなど、どんどん増える登場人物に対して「あなた様は一体どういうお方でいらっしゃいますか?」って感じだし、百年戦争、バラ戦争、三十年戦争などは、「どなたとどなたの争いで、どの様な影響を後世に残したのでございますか?」というレベルのワタクシ(^^; 

テキストにはざっと目を通していたものの、こりゃあかんsweat01ということで、不案内な語句は用語集で確認しつつ、再度テキストと高校の教科書の該当箇所を平行して熟読することから始めました。トホホsweat01 日本史と世界史の教科書だけは、比較的新しいものが用語集と共に手元にあるのですが、とても役に立ちました。高校の教科書はカラー写真や地図、挿絵も多くて視覚的に楽しいし、重要語句が太字で表記されているのでテキストより記憶に残りやすいです。

その後、課題書の著者である岩井氏が共著で執筆している、イギリス史 や岩井氏の他の著書 などなど数冊に目を通してやっと、ピューリタン革命前後の歴史がなんとか把握できたかなという感じです。そしてこれだけ読んでみて、どうして課題書のみでレポを書きなさいという指示があるのか分かる気がしました。どの文献も複合国家という視点では言及されていないんですよね。だから近代西洋史がある程度頭に入っている方なら、指示通り課題書のみでOKだと思います。

課題は「概観せよ」なので、自分なりの考えを論じ、それに対する説得材料を提示する処までは求められていないと思います。が、 「同書のつぎはぎ細工では駄目」とはっきり書かれてありますから、オリエンテーションで教えて頂いた通り、内容を咀嚼して再構成し、自分の言葉で述べる必要があります。言葉で言うのは簡単ですが、100頁足らずの本を再構成するのは逆に難しい気がする・・・。と、ちょっと弱気sweat01

ここ2、3日はレポの構成を考えつつ文献を読んでいたのですが、なかなかいいアイデアが浮かばず暗中模索状態でしたhappy02 が、ふと、こういうアプローチはどうだろうという考えが浮かび、序論、本論、結論のお約束事項を念頭において、章立てをしてみました。結論部をこのままでいくかどうか少し迷いがあるのですが、締め切りも迫ってきているので、とりあえず書き進めます!

2012-05-14

金環日食のお勉強

風薫るさわやかな季節という表現がぴったりだった昨日は、家族で国立科学博物館へ!上野の森の新緑も光り輝いていました。

息子のお目当ては恐竜ですが、私のお目当ては特別展の「インカ帝国展」。中南米は関西時代に仕事で長い間お世話になったこともあり、思い入れもひとしおheart04 最後に見たマチュピチュの3D映像が素晴らしく、「いつか必ず行くぞー」と固く決意したワタクシ。

話は変わりますが、都心へ出たついでにヨドバシカメラで日食グラスをゲット。東京で金環日食が見られるのは173年ぶりらしいので、3つ買うと300円引きだったこともあり、家族数分を奮発して買っちゃいましたeyeglass

Ueno koen

そして本日は息子の小学校で、元日本科学未来館のキュレーターを講師に迎えて、「親子で楽しもう!金環日食」という出前授業があり、ワタクシも受講して来ました。

大きな赤い布と大小のスーパーボールを太陽、地球、月に見立てて、「こ~んなに大きな太陽を、こんな小さな月がどうやったら隠せると思う?動いていいから、自分の親指の爪を月だと思ってやってみて!」というお兄さんの問いに、オオハシャギの子どもたち。しかしこんな風に比べてみると、太陽がと~っても大きいことを実感しますsun

最後に「宇宙からも見てみよう!」ということで、21日の天体シミュレーションを映像で見せて頂いたのですが、太陽から見た様子、地球から見た様子と三次元を自在に動くスペクタクルな3D映像は感嘆もの!今の子どもたちはこういうもので学ぶことが出来て、恵まれてるなぁと思った昭和なワタクシでした(^^; 21日は小学校の校庭が7時から児童 & 保護者に開放されるので、とにもかくにも晴れて欲しいものです!

そうそう、キュレーターの方から耳寄り情報を頂きました!6月6日には太陽・金星・地球が一直線に並ぶので、太陽の前面を金星が移動する様子が見られるそうです。天体マニアの中では金環日食よりも、こちらの方を楽しみにしている方が少なくないとか。なので「日食グラスは6月6日まで捨てちゃだめです!」とのアドバイスがありましたよん。

tsutsuji

と、まるで慶應通信に関係ない話ばかりで、すびばせんsweat01 少しはしないとね(^^; 午前中、英語のレポを出しに郵便局へpostoffice 4回分のレポを一緒に出しても15円+160円でOKでした。

ついでに 5円切手と160円切手を10枚ずつ、10円切手は20枚購入。(←再レポ用sweat01)これで当分大丈夫だと勝手に安心してたけど、特定記録で出すんだったら買いだめは必要ないかも ね(^^; 

それにしても特定記録にしなければ、定形外サイズなのに15円で届くなんて素晴らしい!こういうところで通信生をサポートして頂けるのはありがたいことですねnotes

2012-05-12

「英語Ⅰ、Ⅱ」レポート完成

英語Ⅰ、第2回レポート課題の引用部が何を言わんとしているのか、正確に掴めなかったため原典を借りてきました。100頁ちょっとだったのでざっと目を通したのですが、原典に当たってよかったです。オリジナルでもこの比喩はわりと唐突な感じで出てくるのですが前後がしっかり読めるので、意味するところを理解することが出来ました。これを読む前はいきなり物理な単語が登場するので、何か特別な意味があるのかしらん?と不思議に思っていたのですが(^^;

もう一つ良かったことがあります。一つの英単語に対して複数の日本語訳がある場合、どれが適当な日本語かを判断するには、その事柄についてある程度の知識を持っていないと難しいですよね。実は私も今回ある名詞でどちらを使ったらいいか迷っていたんですが、オリジナルを読むと一目瞭然でしたeye マルクスの知識がある方はきっとさっと訳せるんだろうな。あっ、訳は意訳ではなく直訳を心がけました。

結構時間がかかった英語Ⅰですが、マルクスの"Grundrisse"  についてもちょこっと学ぶことが出来たので、一粒で二度おいしい (ふるっ!) お得な科目と言えるかもshine

ということで、英語Ⅰ、Ⅱのレポート 4回分を見直ししながら、レポート用紙に清書、先ほど完了しました。オリジナルのレポート用紙に書くのはちょっと緊張~。ペン書きだしpen そして、其々のレポートに提出票を貼り付け、外国語用の講評用紙をホッチキス止めしてまとめて封筒へ!ようやく投函できる運びとなりました!ここまでするのに半日かかっちゃったsweat01特定記録で出すので投函は月曜日ですloveletter 

西洋史はと言いますと、課題図書は100頁足らずの本だったので読み終わったのですが、これだけではとても4000字書けそうにないので、別の文献に目を通しています。レポ提出まで 2週間、それまでピューリタンな日々になりそうです。

2012-05-07

「英語Ⅰ」 第2回レポート終了

生憎の空模様だったGWですが、我が家もご多分に漏れず不安定なお天気の日に出かけてしまい、突然のスコールに遭遇しましたrain 渋滞には巻き込まれなかったけど、「朝あんなに晴れてたのになんで!」って感じ(^^; お天気だった後半は洗濯日和ということで、家中のカーテンのお洗濯。三段脚立を使っても取り外しが厳しい状態なので、ただ今、首と肩が筋肉痛ですsweat01

そんなGW中、英語Ⅰの第2回レポをとりあえず仕上げました。英文は第1回課題よりも長めですが、私はどちらかというと、こちらの方が読解しやすかったです。わりと身近なテーマかな~とtv 但し、ある部分を除いてsweat01

マルクスなんて読んだことがないワタクシ、引用部分が意味不明sweat01多分日本語でもマルクスが言わんとすることを完全には理解出来ないと思いますが、あまりにも不思議な日本語になってしまったので、図書館へ予約を入れた本に目を通してから仕上げることにします。

課題にある"Grundrisse" についてはネットでも調べてみたのですが、ふと共通オリエンテーションで屋名池教授がおっしゃられたことが頭を過ぎりました。

インターネットは情報の経路であって、生まれた場所ではない。誰かが本などで調べたこと。生まれた場所まで戻ることが必要。

インターネットは情報の経路でしかないという言葉にハッとさせられた自分がいました。ネットの情報はたとえ何冊もの文献を丹念に調べたものだったとしても、その文章を書かれた方のバイアスがかかってしまっています。生まれた場所のことを知らないと、どのようなバイアスがかかっているかさえ分からないでしょう。勿論使い方次第ですが、マルクスについての知識は皆無に等しいので、教授のアドバイス通り原典にあたろうと思った次第です。

なので、レポの投函はもう少し先になりますが、一応英語Ⅰ、Ⅱのレポがほぼ終わったので、西洋史に取りかかります。英語はレポといっても論述式ではないので、これが初レポと言ってもいいかもしれません。ピューリタン革命と複合国家がやっと借りられたので、まずは読み進めます!

2012-05-03

「英語Ⅰ」 第1回レポート終了

先週末は入学式、山登りと二つも楽しい予定が入っていたので、なかなかレポートが進まず、やっとこさ第1回目のレポをやり終えました。

入学式の翌日はお友だち4家族と湯河原の幕山→南郷山へ!前日の緊張したイベント(^^; で結構疲れていたので、朝6:40最寄り駅集合、湯河原まで2時間、そこから片道2時間の山登りはキツイかなと思っていたのですが、新緑の中を歩いているとリフレッシュしてきて、疲れていた体も目覚めてくれました(笑)

Makuyama & Nangouyama

自他共に認めるインドア派の我が家ですが、アウトドア派の友だちがバーベキューや山登りを度々計画してくれて、そんな私たち家族を自然界へいざなってくれるのです。感謝!感謝!今回は山と海、両方を満喫出来る絶景のコースで、山桜が迎えてくれた山頂も素敵でした!

閑話休題、レポの英文はテーマがさすがに大学生向きで小難しかったです(^^; 構文も一癖あって結構大変だったのですが、一番苦労したのが文法説明。こんなことやったことないので、どうしても文法書の丸写しになってしまうsweat01 それじゃぁまずいと思って、例文を使って自分の言葉でなんとか説明した文章を追加したんだけど、これが吉とでるか凶とでるか・・・は後々のお楽しみということで(^^;

yamazakura

お料理とか旅行とかそういう身近なテーマではないし、結構難しい単語が連なっている英文を読解していくのは骨が折れる作業think それを少しでも楽にしようと、今回も電子辞書フル稼働!ライブラリー機能を利用しまくったワタクシです。Ex-wordはテキストファイルをPCから辞書本体に取り込めるライブラリー機能なるものがついています。

英文をPCで転記する作業が発生するけど、このくらいの分量ならすぐだし私の場合、黙読よりも英文をタイプしながら読んでいく方が頭に入るから一石二鳥。エディタに打ち込んだ英文をUSBケーブルで電子辞書に取り込み、辞書本体で英文を読んでいきます。

何が便利かって知らない単語が出てきたら、ジャンプボタンでその単語にカーソルを持っていけば、英和辞書や英英辞書にジャンプして辞書が開くのです。電子辞書で単語をチェックするにしても、一つ一つ単語を打ち込む作業がない分、うんとスピーディに読み進めていけるので、Ex-wordをお持ちの方はお試しあれ!・・・って、あの、別に、ワタクシ、CASIOの回し者ではありませんよsweat01

2012-05-01

入学式と入学オリエンテーション

私たちの門出をお祝いしてくれるかのように、明るい太陽がふり注ぐ爽やかなお天気だった4月29日、入学式とオリエンテーションに出席してきました。

いやもう、年甲斐も無く気分はピカピカshineの一年生だったワタクシ(^^; 西校舎内にあるホールへ入るために学生証を提示して、いざ、粛々とした会場へ。

壇上者紹介から始まり、学事報告、清家塾長の式辞、池田通信教育部長の祝辞と続き、塾歌斉唱で幕下ろした平成24年の入学式。

old wing library

塾長のお話で印象に残ったのは、「学者は社会の奴雁たれ」のくだり。時代に流されず一人少し遠くを眺める姿勢を持ち、すぐには社会に役立たなくとも、将来を見据えた研究を行うのが本物の学者であるという意味らしい。創設者、福沢諭吉先生の言葉で、慶應義塾の教育方針でもあるというお話です。

また、共通オリエンテーションで屋名池教授が、大学で学ぶとはどういうことかについて具体例を上げて説明して下さった後、先の塾長のお話を受けて、「即戦力としての知識、技能も勿論大切だが、即役立つものはすぐ役立たなくなるものが多い。しかし、大学の特に文学部で学ぶこれらのことは、即戦力、即実践ではないかもしれないが、基礎能力としていつかは応用がきくもので、一生の宝となるものである。」と結ばれましたsign05

Mita campus

もう一つ興味を引いたのが、池田通信教育学部長のお話で、「(日本では欧米に比べて)学問が日常に結びついていないことが問題だと常々思っており、それは我が国が議論をすること、すなわち抽象的な物の考え方をすることが根付いていないからではないか。」と西欧の『ドアノブの議論』と対比させながら考察されていました。そして、「しかし、これから学ぶ抽象的概念の学問体系は、元を辿れば単純な日常生活と結びついている。」とおっしゃったことです。

またまたこのお話を受けてかどうか定かではありませんが、屋名池教授が「頭を使うとは、物を疑うこと、問うことであり、普通の暮らしの中でそういうことに出会ったら、それを追求する。つまり、普通の人が疑問に思わないことを、疑問に感じる力を持つことが大切なのだ。」と結ばれましたsign05

east wing

このような深いお話を拝聴出来たこと、実際にキャンパスでアカデミックな空気に直接触れられたことは貴重な体験だったと思います。しばらくモチベーションキープ出来そうな感じ。そして何よりも卒業を目指して共に歩んでいける同期のみなさんと、お知り合いになれたことが一番の収穫でした(^^) 

« 2012年4月 | トップページ | 2012年6月 »

記事検索

無料ブログはココログ