スケジュール

  • ▷Eスクレポート提出期限
      6月10日(月)まで
       あと 

    ▷Eスクーリング
    4月15日(金)〜6月10日(金)

    ▷第II回科目試験
    7月2日(土)〜3日(日)

    ▷夏期スクーリング I期
    8月5日(金)〜10日(水)

    ▷夏期スクーリング II期
    8月12日(金)〜17日(水)

    ▷夏期スクーリング III期
    8月19日(金)〜24日(水)

文献リスト

修得単位

  • [総修得単位数]
     項  目   修得単位数  
    総合教育科目 Bronze Crown 48/48
    専門教育科目 59/68
    修得単位合計 107/116
    (内スクーリング 34/42迄)


  • [専門教育科目]
    科  目 年度  単位 
    –第1類
    論理学(L)   '13 2
    科学哲学   '13 4
    社会学史II   '13 2
    社会学史I   '14 2
    都市社会学(L)  '14 2
    哲学史SS  '14 2
    倫理学(専門)SS  '14 2
    美学ES  '14 2
    総合講座ES   '14 2
    倫理学 '14 2
    西洋哲学史I '14 4
    現代倫理学の諸問題 '15 4
    近代日本と福澤諭吉 '15 2
    哲学史SS '15 2
    西洋哲学史II '15 3

    必修科目合計 Silver Crown 37/28 

    –第2類
    西洋史概説 I   '12 2
    西洋史概説-E '13 2
    史学概論 '13 2
    西洋史概説 II   '14 2
    オリエント考古学   '14 2
    西洋史特殊I   '14 2

    –第3類
    ロシア文学   '14 2
    英語学-E '14 2
    ドイツ語学文学SS  '14 2
    近代ドイツ演劇 '15 2
    ドイツ語学文学SS  '15 2

    選択科目合計 22   

    専門科目合計 59/68 
    (内スクーリング 20/28迄)


  • [総合教育科目]
    科  目 年度   単位 
    –人文科学分野
    歴史(西洋史) '12 2
    歴史(東洋史)SS '12 2
    論理学(A) '13 4
    哲学ES '13 2
    近代思想史ES '15 2

    –社会科学分野
    社会科学概論SS '12 2
    社会学(A) '13 4

    –自然科学分野
    自然科学概論-E '13 2
    自然科学特論A-ES '15 2

    認定単位 18

    3分野科目合計 Bronze Crown 40/40 

    –英語
    英語I '12 2
    英語II '12 2
    英語VII '12 2
    英語R SS '13 1
    英語W SS '13 1

    必修外国語合計 Bronze Crown 8/8 

    総合科目合計 Bronze Crown 48/48 
    (内スクーリング 14/14迄)

« おすすめ!『たのしい英文法』 | トップページ | 「英語Ⅰ」 テキスト読了 »

2012-04-24

週末対策

週末とても寒かった関東ですが、今日ようやく新緑の季節だと感じられました。寒いのが苦手なので嬉しい(^^) その寒かった週末ですが土曜日、息子の学校行事、日曜日、来客(といっても息子の友だち)、月曜は土曜の振替で学校がお休みなので、午前中検診へ連れて行き、午後から親子で友だちの家へお呼ばれという状況sweat01 本日久しぶりに英語Ⅰのテキストを開きましたとさ(--;

週末は家族で出かけることも多く、お勉強日和な環境じゃないので、「土、日は机に向かえたら儲けものdollarという前提で、学習計画を立てなければ!」と今頃気づく私sweat01 けれど、そういう日でもちょこちょこっと空いた時間はあるもので、「そんな時のために、さらりと読めるものを常に手元に置いておけば、細切れ時間も有効活用できるじゃない!」と閃いたflair

ち ょうど予約していた本が揃ったと連絡があり、週末図書館へ。用意されていたのが統計学、論理学そして世界史&イギリス史関係の8冊。その内、細切れ時間に読んでいるのが、マンガでわかる統計学 という本です。

数学がからっきし駄目なワタクシsweat02 統計学は必修じゃないので避けて通れる科目なんだけど、卒論のことを考えると統計学的手法が使えるのと使えないのとでは、説得力において差が出るはず、それに何より日常でデータが読めるようになると面白いと思うので 1年2年かけてでも知識を修得したいなぁと考えています。が、いきなり慶應通信のテキストではレベルが高すぎるので、まずはマンガからスタートしてみました。まだ、読み始めたばかりなので、今のところなんとかついていけています(^^;

ところで 2週間で8冊というのは私のキャパを大きく超える読書量。実は統計学と論理学関係の本は 3月に予約したもので、配本前に読もうと目論んでいたのですが、当てが外れて今頃回ってきました。何も一度に回ってこなくても~sweat01って感じです。

しかも、一番借りたかった、西洋史のレポートの課題図書であるピューリタン革命と複合国家 がまたもや順番待ち状態sweat01 2番目なのでGW明けには借りられる予定ですが・・・。それまでにテキストを通読すべしbookという神様の思し召しなんだろうな(^^; ということで、論述式の初レポは「歴史(西洋史)」に挑戦することにしました。

それにしても、統計学、論理学、西洋史と慶應通信関係の参考書籍がことごとくすぐに借りられないのは、もしかしたら、もしかして、近くに通塾生の方がいるのかな?そうだといいなnotes なんて、ふとそんな空想にふけってしまうワタクシでした。

« おすすめ!『たのしい英文法』 | トップページ | 「英語Ⅰ」 テキスト読了 »

履修計画・実績」カテゴリの記事

コメント

この記事へのコメントは終了しました。

記事検索

無料ブログはココログ