スケジュール

  • ▷Eスクレポート提出期限
      6月10日(月)まで
       あと 

    ▷Eスクーリング
    4月15日(金)〜6月10日(金)

    ▷第II回科目試験
    7月2日(土)〜3日(日)

    ▷夏期スクーリング I期
    8月5日(金)〜10日(水)

    ▷夏期スクーリング II期
    8月12日(金)〜17日(水)

    ▷夏期スクーリング III期
    8月19日(金)〜24日(水)

文献リスト

修得単位

  • [総修得単位数]
     項  目   修得単位数  
    総合教育科目 Bronze Crown 48/48
    専門教育科目 59/68
    修得単位合計 107/116
    (内スクーリング 34/42迄)


  • [専門教育科目]
    科  目 年度  単位 
    –第1類
    論理学(L)   '13 2
    科学哲学   '13 4
    社会学史II   '13 2
    社会学史I   '14 2
    都市社会学(L)  '14 2
    哲学史SS  '14 2
    倫理学(専門)SS  '14 2
    美学ES  '14 2
    総合講座ES   '14 2
    倫理学 '14 2
    西洋哲学史I '14 4
    現代倫理学の諸問題 '15 4
    近代日本と福澤諭吉 '15 2
    哲学史SS '15 2
    西洋哲学史II '15 3

    必修科目合計 Silver Crown 37/28 

    –第2類
    西洋史概説 I   '12 2
    西洋史概説-E '13 2
    史学概論 '13 2
    西洋史概説 II   '14 2
    オリエント考古学   '14 2
    西洋史特殊I   '14 2

    –第3類
    ロシア文学   '14 2
    英語学-E '14 2
    ドイツ語学文学SS  '14 2
    近代ドイツ演劇 '15 2
    ドイツ語学文学SS  '15 2

    選択科目合計 22   

    専門科目合計 59/68 
    (内スクーリング 20/28迄)


  • [総合教育科目]
    科  目 年度   単位 
    –人文科学分野
    歴史(西洋史) '12 2
    歴史(東洋史)SS '12 2
    論理学(A) '13 4
    哲学ES '13 2
    近代思想史ES '15 2

    –社会科学分野
    社会科学概論SS '12 2
    社会学(A) '13 4

    –自然科学分野
    自然科学概論-E '13 2
    自然科学特論A-ES '15 2

    認定単位 18

    3分野科目合計 Bronze Crown 40/40 

    –英語
    英語I '12 2
    英語II '12 2
    英語VII '12 2
    英語R SS '13 1
    英語W SS '13 1

    必修外国語合計 Bronze Crown 8/8 

    総合科目合計 Bronze Crown 48/48 
    (内スクーリング 14/14迄)

« 2012年3月 | トップページ | 2012年5月 »

2012年4月

2012-04-27

「英語Ⅰ」 テキスト読了

ようやく「英語Ⅰ」のテキスト、英語文法編を読了しました。「英語Ⅱ」に比べると、知らない単語やすっかり忘れてしまっているイデオムがあちこちに登場し、単語チェックに思いの外時間を取られましたsweat01 でもね、いつもなら調べやしない前後から意味が類推できる単語や、意味は分かっていても発音、品詞、働きのどれが一つでも怪しいものは辞書でチェックして、品詞分解しつつ読み進めていきましたの、ワタクシ。エライ!(←誰も褒めてくれないので自分で褒めるconfident) こんなことするのは受験の時以来かも・・・。

英辞郎で言うところのレベル7~8以上の単語が結構出てくるので、途中何度か挫折しそうになりましたが、そんな時はニューズレターの巻頭を読み返し、「この孤独で、地道な作業なこそが大切なんだからっ!」と自分で自分を励ましつつ、なんとか完走しましたrun 明日からレポに取りかかります。

でも学生の時と大きく違うのが、電子辞書を使ってるってこと。普通の辞書も一通り揃ってはいるのですが、もう紙には戻れません。電子辞書は俯瞰できないことが短所ではありますが、ジャンプ機能を使えば各辞書の該当単語にワープしたり、発音のお手本も音声で示してくれたりという充実ぶり。持ち運びも楽だし、何と言っても紙の辞書より文字が大きいsearchのが嬉しいの(*^^*)

私が持っているのはCASIOのEX-word  XD-SP9500。(既にディスコンモデルsweat01) 英語強化モデルなので、広辞苑が入っていないことが今となっては悔やまれますが、この小さな体にリーダーズ、ジーニアス、オックスフォード、プログレッシブなどなど、英語関係の辞書だけでも10冊以上入っていて本当に力強い味方。これがなかったら、「英語Ⅰ」のテキストに費やす時間がもっと長くなっていたのは必至なので、感謝してもしきれません。現行モデルはカラーパネルになっているようで、食指が動いて困りますsweat01

ところで肝心のテキストⅠですが、Ⅱと較べて大きく違うところが練習問題が一切無い!ということなんです!下手をすると、辞書を引くという能動的な作業はしていてもインプットオンリーなので、内容をどの程度理解したか分からないまま終わってしまうということになりかねませんsweat01 その点、テキストⅡはインプットとアウトプットのバランスが取れていてよかったなぁと思います。章、或いは節ごとに、手持ちの文法書の該当する演習問題をやるなどの工夫が必要だなぁと思いました。インプット作業ばかりだと眠くなっちゃうしsweat01

最後にもう一つ、「やたら演劇に関する例文が多いなぁ。」 & 「綴りが英国式だし、解説もイギリス英語の方なんだ~。」と思って読んでいたのですが、著者の専攻が英国ルネサンス演劇史、演劇理論だったのです。著者紹介、始めに読んだ方がいいですね(^^;

2012-04-24

週末対策

週末とても寒かった関東ですが、今日ようやく新緑の季節だと感じられました。寒いのが苦手なので嬉しい(^^) その寒かった週末ですが土曜日、息子の学校行事、日曜日、来客(といっても息子の友だち)、月曜は土曜の振替で学校がお休みなので、午前中検診へ連れて行き、午後から親子で友だちの家へお呼ばれという状況sweat01 本日久しぶりに英語Ⅰのテキストを開きましたとさ(--;

週末は家族で出かけることも多く、お勉強日和な環境じゃないので、「土、日は机に向かえたら儲けものdollarという前提で、学習計画を立てなければ!」と今頃気づく私sweat01 けれど、そういう日でもちょこちょこっと空いた時間はあるもので、「そんな時のために、さらりと読めるものを常に手元に置いておけば、細切れ時間も有効活用できるじゃない!」と閃いたflair

ち ょうど予約していた本が揃ったと連絡があり、週末図書館へ。用意されていたのが統計学、論理学そして世界史&イギリス史関係の8冊。その内、細切れ時間に読んでいるのが、マンガでわかる統計学 という本です。

数学がからっきし駄目なワタクシsweat02 統計学は必修じゃないので避けて通れる科目なんだけど、卒論のことを考えると統計学的手法が使えるのと使えないのとでは、説得力において差が出るはず、それに何より日常でデータが読めるようになると面白いと思うので 1年2年かけてでも知識を修得したいなぁと考えています。が、いきなり慶應通信のテキストではレベルが高すぎるので、まずはマンガからスタートしてみました。まだ、読み始めたばかりなので、今のところなんとかついていけています(^^;

ところで 2週間で8冊というのは私のキャパを大きく超える読書量。実は統計学と論理学関係の本は 3月に予約したもので、配本前に読もうと目論んでいたのですが、当てが外れて今頃回ってきました。何も一度に回ってこなくても~sweat01って感じです。

しかも、一番借りたかった、西洋史のレポートの課題図書であるピューリタン革命と複合国家 がまたもや順番待ち状態sweat01 2番目なのでGW明けには借りられる予定ですが・・・。それまでにテキストを通読すべしbookという神様の思し召しなんだろうな(^^; ということで、論述式の初レポは「歴史(西洋史)」に挑戦することにしました。

それにしても、統計学、論理学、西洋史と慶應通信関係の参考書籍がことごとくすぐに借りられないのは、もしかしたら、もしかして、近くに通塾生の方がいるのかな?そうだといいなnotes なんて、ふとそんな空想にふけってしまうワタクシでした。

2012-04-20

おすすめ!『たのしい英文法』

現在英語モードになっているので、間髪いれずに英語Ⅰにとりかかっています。テキスト序論から第3章までを通読。う~ん、やはり「英語Ⅱ」に比べるとスピード落ちちゃう感じです。でも、「英語Ⅱ」で学習したことと被ってるので、一緒に履修するのは効率いいはずよね(^^;

ところで、本日は私の愛用している文法書のご紹介です。慶應通信の英語のテキストは4冊全て高校までの英語をクリアしてるという前提で作られているわけで、紹介されている参考書もロイヤルやForest。大学受験用には定評のある文法書ですが、「いや、これじゃあ、ちょっとハードル高いんだってばっsweat01」と思っていらっしゃる方も少なくないと思うのです。だって卒業した後かなりの年数英語と一切係わりなかった人が、高校英語を覚えてるなんてことありえないですもんcoldsweats01

そういう方におすすめなのががこれ!『たのしい英文法』

中学生からを対象としたものですが仮定法や分詞構文もカバーされており、隠れた名著です!あっ、隠れたでもないのかな?初版が1975年ですので、ロングセラーと言うべきかもしれません。

英語には日本語にはない概念が多々あり、それに初めて直面すると誰もが戸惑います。筆者も例外ではなく、ご自身が理解に時間がかかった項目については、特に丁寧に解説がなされているようです。しかもその説明文がとても暖かいのですheart04

例えば、受動態の章で過去分詞とは何ぞや?の解説は、

「過去分詞」とはどんなものか? これをわかりやすく説明することは、とてもむつかしいことです。でも、できるだけがんばってやってみます。(P276)

ねっ、何か優しいでしょ。この後に目の前にいる生徒に語りかけるように解説が続きます。

またどういう時に受動態表現を使うのかということに関しては、- 引き合いに出して申し訳ないですがcoldsweats01、英語Ⅱのテキストでは3つの基準 (P80) しか上げられていませんが-  『たのしい英文法』では5つの基準が上げられており、テキストでは触れられていないものが丁寧に説明されています。その一つが以下です。

His head was hurt by his fall.
- 彼は倒れて頭にけがをした

 (中略)

Her son was killed in World War Ⅱ.
- 彼女の息子は第二次世界大戦で戦死した

このように自分から求めたものでないことが起こった時、英語では受動態が用いられます。 
 (中略)
私は、とくに「戦死する」という日本語が英語では、「戦争で殺される」というふうに受動態で言い表されることを知ったとき、非常に変な感じを受けたことを覚えています。-当時の日本では「戦死する」のは進んで求めるべきことのように、あるいはそこまで思わなくても、自然に死ぬような感じでみんな思っていたのです。

受動態か能動態か。 - こうしたどちらの言い表し方をとるかということにも、ものの考え方の大きな違いがあり興味深いことではありませんか。(P291-P292)

中学生の時にこのこと教えてほしかったよ~wobbly と思いました。こんな風に説明されると絶対忘れないですよね!自分から求めたものでない事象は受動態で表現するって!

それになんと言っても取り上げられている例題や詩が、涙ぐんでしまいそうなくらい胸を打つのです。暖かい眼差しで世の中を見つめている筆者の優しさを感じます。

例えば、動名詞の章で、

I like sleeping.

この文がどんな内容を表しているか、わかりますか?これは、朝3時や4時というまだ真っ暗なうちに起きて、父の漁を手伝って舟で働き、そしてそのあと学校へ通ってきている北海道の中学生たちの一人が書いた文です。

「ぼくは眠ることが好きだ。」
この中学生の気持ちが、じんと胸に伝わってきます。さて、(P218) 

と解説が続きます。

参考書を読んで感動するなんてこと普通はないと思いますが、「はじめに」の言葉も含めて、私はそれこそ I was moved by this book. だったので、まだ先ですが、息子が英語の勉強を始めるようになったら、ぜひとも読んでほしいと思ってる一冊なのです。
(時代背景があまりにも違うので、平成二桁生まれの我が子などはピンとこないかもしれませんがsweat01

テキストⅠ、Ⅱがちょっと厳しいと感じていらっしゃる方はぜひ、図書館でも借りられると思うので手にとってみて下さい。

とここまできてAmazonチェックしたら、たのしい英文法 改訂版 が出版されているようです。どこが改訂されているのかしら?ちょっと興味あり(^^;

2012-04-18

「英語Ⅱ」 レポート終了

テキストをようやく読み終え、第1回、第2回の両レポートを仕上げました。一応これで科目試験の受験資格一つゲットです。しかし、久しぶりの頭フル回転で少々疲れました(^^; 「英語ってこーんなにも細かい取り決めがあったのねっcoldsweats01」って感じ。テキスト読んでて、あやふやな箇所や「ウン?」と思った部分は、文法書や辞書を引いて丁寧に調べながら進めたつもりですが、第Ⅰ部はまだまだ体に馴染んでない感じ。科目試験までに何度もテキストを読み返さないとsweat01

英語とのお付き合いですが、実はワタクシ 2年前まで英語を必要とする職場で勤務していました。入社後、西から東へ転勤はしたものの転職はしていないので、相当長いお付き合いなのです。しかし、ついぞ英語さんは私の腹心の友にはなってくれませんでした。残念weepでも、仕方ないですね。英語を勉強する環境には恵まれていたのに、いつもその場凌ぎで、ちゃんと向き合ってなかったんだからsweat01

それに、私が入社した頃のコレポン手段はテレックスという代物shadow 「誰それ?」って感じですが、大文字アルファベットしか打てない通信機器です。文字数で課金されるので、まず覚えなきゃいけないのが略語。例えば、 "THANK YOU VERY MUCH." は "TKVM"、 "FOR YOUR INFORMATION," は "FYI,"、"PLEASE LET US KNOW AS SOON AS POSSIBLE." は "PLS LT US KW ASAP" って感じで、まるで暗号、だけど楽チン。スペルをちゃんと覚えずに暗号文を何年も打っていたおかげで e-mailが導入された時は、正確なスペルが綴れなくなっていました。自業自得ですsweat01 トホホ。

また頻繁にやりとりする相手はネイティブよりも、我々と同じように英語を母語としない方々が圧倒的なので、お互いイケテナイ発音でのやりとりsweat01 それに発音がおかしかろうが、語順がおかしかろうが、スペルが間違っていようが、誰もそんなのいちいち指摘しないのが実社会。自分でコツコツ勉強していないと、たとえ仕事で使っていても本当の力はつかないんだと、慶應英語やってて改めて思った次第。英語Ⅱはなんとかなったけど、文法が弱い私はこれから苦戦を強いられそう・・・・・・。

でもこうして英語をやり直すのは面白いですnotes 冠詞一つとっても、今までなんとなく感覚で使ってきていたので、頭の中が整理された感じ。それに知らない言葉が出てきて、びっくり仰天しましたの。ワタクシ(^^; 「法助動詞」って言葉です。私は「助動詞」としか習わらなかったのですが、昨今はこう教えているんでしょうか?それとも私がスルーしてただけ?

さらに、「相」という概念も持ち合わせていなかったので、言われてみれば「なるほど!」で分かりやすい分類法だなぁと思いました。長いお付き合いの英語でも、こうして新しい知識を得ることが出来るのですから、これからが楽しみです。

2012-04-14

学習スタート

そろそろ今年度の履修計画を立てないといけませんが、まずは 7月の科目試験で何を受験するかが先決。多くの諸先輩が「慶應通信に入学したら、まずは英語を攻略せよ!」とおっしゃられているので、そのありがたいアドバイスに従い英語Ⅰと英語Ⅱを受験するべく、本日から学習を開始しました。遅すぎsweat01 テキストはどちらも美しい書体で読みやすいです。英語が身近でなくなってから丸 2年。どこまでブラッシュアップ出来るか分かりませんがガンバルのみです。

上記に加えて論述式のレポが必要な総合科目をあと一つ受験する予定ですが、これが悩ましい~。認定単位があるのでそれを考慮して選ばないといけないのですが、履修したい科目が沢山あって「どれにしようかなぁ~」っと、子どもがおもちゃを選ぶ時のように迷っています。

慶應通信では全てのテキストを手にすることが出来るので、とってもありがたいです。「これならいけそうとか、「なんか面白そうlovely」とか、「ちょっと無理っぽいdespair」とか、そういうことが分かってから履修出来るのは学生にとってメリット大。

もう遙か昔のことなので定かではないですが、通学生だった時は履修届けを出してからテキストを購入したので、選択失敗というのもあったような気がする・・・。 加えて、履修しなかったテキストも卒業後にふと興味が沸いて、手に取ってみたりすることも無きにしも非ず。そこからまた新たな世界との出会いがあるかもしれないですもんねshine

2012-04-12

学生証到着

本日、学生証と入学許可通知が届きました。やったー!これでMacや博物館、映画館なども学割価格です!

本来ならこちらが先で次に教材が届くのが順序なんでしょうけど、通信生にとって重要度の高い教材の方を先に送って下さっているんでしょうね。なのにワタクシときたら、今週は子どもがいないゴールデンタイムに外出が重なり、かつ、Excelと格闘しなくてはならなかったりで、なかなかテキストをじっくり読めずにおります(^^;

ブルー系のデザインの学生証なのですが、まず目に飛び込んでくるのが自分の顔(^^; 今になって考えると当たり前ですが、願書に添付したものが使用されています~(--; 写真を撮る時はそこまで考えが及ばず、願書提出日に郵便局へ行く途中で慌てて撮ったものなのでちょっと後悔sweat01

友人に教えてもらったのですが、プラス100円で美肌モードなる証明写真があるそう。ワタクシ世代にはありがたい商品です(笑)  来年写真も更新なら、その美肌モードなるものにしようと固く決意したワタクシだったのですが、シール更新のようなので卒業までこれみたいsweat01

気を取り直して、忘れないうちに入学式の申し込みをWebで済ませました。29日出席されるみなさま、よろしくお願い致します。感想レポしますので、欠席の方はまたお立ち寄り下さいねwink

2012-04-09

桜の木の下で

週末に『ニューズレター』、『塾生ガイド』、『学習のすすめ』と『テキスト科目履修要綱』だけはなんとか目を通しました。この中でニューズレターの巻頭、通信教育部長の「塾生におくる」と 塾生ガイドの「はじめに」に書かれてある、ある言葉に「学ぶことの本質」が込められているなぁと感じた次第です。特に塾生ガイドの

卒業希望年月が先行するあまり、学習を適当に済ませるようになっては本末転倒と言わねばなりません

は肝に銘じようと思います。適当な学習。耳が痛いhappy02 ハイ、学生時代のワタクシのことですsweat01 同じことを繰り返してはいけません。 学生時代の私は試験の前にせっせと暗記して、それを解答用紙に流し込んだら終わりという、それ以上でもそれ以下でもないものでした。そして社会に出て初めて知るわけです。自分がいかに世の中のことを知らないかを・・・orz

someiyoshino

幸か不幸か、私にはいつまでに卒業しなければならないという、時間の縛りがありません。在籍期間いっぱいの年数をかけてもなんら問題のない身です。但し、家計を預かる主婦の立場としては、早く卒業した方が家計に優しいというのは大いにありますがcoldsweats01

考えてみるとこれまでは、何につけてもずっと時間の縛りがあったように思います。ようやくそれから開放されたのですから、レポートもスクーリングも科目試験も、一つ一つ丁寧に行っていきたい、いやいかねばと。

ただ、一方で時間の縛りがある方は素敵だし、羨ましいです。理由は言わずもがな。ここで学んだことをどのようにして社会に還元していくのか、という課題が私にはついてまわりますが、それは追々自然に答えが出るかな・・・と。そんなことを昨日、お花見に出かけた満開の桜の下でつらつら考えておりました。

2012-04-06

桜とともに

午後から外出すると、桜がほぼ満開で素晴らしい眺めでした。入学式、始業式の学校も多かったようで、こぼれ落ちるような桜のアーチをくぐり抜けて校門に入れることは、新入&進級生への最高のプレゼントですね。

外出先から戻るとポストに宅配便の不在通知が。旅行先から荷物を送ったので、気にも留めずに再配達依頼。先ほど届けて頂いたら、何と一つが慶應通信教育部からでした。何故か教材はゆうパックで来るものだと思い込んでいたのでびっくりです!

第1回配本分のテキストと補助教材一式がやっと届きました!桜の開花とともに到着したので、まるで桜が運んできたみたいcherryblossomcherryblossomcherryblossom
今からじっくり目を通します。いよいよ、本番スタートです。

2012-04-05

卒論のテーマ

やっと春休みが終わりました。ほっ(^^; 今年はあれこれ予定が入っている中、旅行に出かけたため、机に向かうことが出来ずじまいの2週間でした。つまり、慶應通信のお勉強はほとんどしていないということでして(^^;

にもかかわらず、留守中に「テキストが届いているかもnotes」と期待しつつ本日戻ってきたのですが、配達された様子もありませんでした。来週あたり届くといいな。

唯一、旅行中にレポート・卒論のテーマの決め方を読了しました。まだ入学もしてないのに、(いや、4月だから入学したことになるのでしょうが、学生証もテキストも届いていない今現在、入学したように思えないのでsweat01) 卒論のテーマなんてって感じですが、今から卒論のことを心の片隅に留めておくのは悪くないかなと思って(^^)

著者は大学通信教育に学ぶ人のためのスタディガイドと同じ、三井宏隆教授です。今回読んだ本は通学生も対象とした内容ですが、随所に「通信教育学部生の場合は・・・」という形で、ワタクシたち通教生に向けてのメッセージがあり、愛を感じたのは私だけではないと思います(^^)

また補章として、慶應通信教育課程の卒業生の卒論題目一覧が最後に掲載されており、参考になりました。通学生ではなく通教生の卒論題目を選ばれたことは、他意はないのかもしれませんが、何故か私の心の琴線に触れたのでした。

« 2012年3月 | トップページ | 2012年5月 »

記事検索

無料ブログはココログ