スケジュール

  • ▷Eスクレポート提出期限
      6月10日(月)まで
       あと 

    ▷Eスクーリング
    4月15日(金)〜6月10日(金)

    ▷第II回科目試験
    7月2日(土)〜3日(日)

    ▷夏期スクーリング I期
    8月5日(金)〜10日(水)

    ▷夏期スクーリング II期
    8月12日(金)〜17日(水)

    ▷夏期スクーリング III期
    8月19日(金)〜24日(水)

文献リスト

修得単位

  • [総修得単位数]
     項  目   修得単位数  
    総合教育科目 Bronze Crown 48/48
    専門教育科目 59/68
    修得単位合計 107/116
    (内スクーリング 34/42迄)


  • [専門教育科目]
    科  目 年度  単位 
    –第1類
    論理学(L)   '13 2
    科学哲学   '13 4
    社会学史II   '13 2
    社会学史I   '14 2
    都市社会学(L)  '14 2
    哲学史SS  '14 2
    倫理学(専門)SS  '14 2
    美学ES  '14 2
    総合講座ES   '14 2
    倫理学 '14 2
    西洋哲学史I '14 4
    現代倫理学の諸問題 '15 4
    近代日本と福澤諭吉 '15 2
    哲学史SS '15 2
    西洋哲学史II '15 3

    必修科目合計 Silver Crown 37/28 

    –第2類
    西洋史概説 I   '12 2
    西洋史概説-E '13 2
    史学概論 '13 2
    西洋史概説 II   '14 2
    オリエント考古学   '14 2
    西洋史特殊I   '14 2

    –第3類
    ロシア文学   '14 2
    英語学-E '14 2
    ドイツ語学文学SS  '14 2
    近代ドイツ演劇 '15 2
    ドイツ語学文学SS  '15 2

    選択科目合計 22   

    専門科目合計 59/68 
    (内スクーリング 20/28迄)


  • [総合教育科目]
    科  目 年度   単位 
    –人文科学分野
    歴史(西洋史) '12 2
    歴史(東洋史)SS '12 2
    論理学(A) '13 4
    哲学ES '13 2
    近代思想史ES '15 2

    –社会科学分野
    社会科学概論SS '12 2
    社会学(A) '13 4

    –自然科学分野
    自然科学概論-E '13 2
    自然科学特論A-ES '15 2

    認定単位 18

    3分野科目合計 Bronze Crown 40/40 

    –英語
    英語I '12 2
    英語II '12 2
    英語VII '12 2
    英語R SS '13 1
    英語W SS '13 1

    必修外国語合計 Bronze Crown 8/8 

    総合科目合計 Bronze Crown 48/48 
    (内スクーリング 14/14迄)

« 2012年2月 | トップページ | 2012年4月 »

2012年3月

2012-03-23

学費納入

今日は慶應通信の卒業式だったようです。生憎の空模様でしたが、青山の頂上まで登りきった方々の心の中は、きっと晴れ晴れとされていることでしょう。ご卒業本当におめでとうございます。私も先輩方に続けるよう、一歩ずつ山を上って行きたいと思います。

さて事務局に迷惑をかけないと誓ったワタクシ、早速郵便局へ出向き学費納入を済ませてきました。「入学手続きについて」 にも記載されていますが、(この字小さすぎますよねsweat01) 身分証明書の提示を求められます。忘れると二度手間になりますので、必ずお持ち下さいね。

ここまで来ると、配本が待ち遠しいです。

2012-03-22

合格通知

本日、待ちに待った合格通知が届きました。結果が届くまではなんとなく落ち着かない気分でしたが、こうして合格通知を頂くとほっとすると同時に嬉しいものですね。

晴れて66期さくら組の一員として慶應通信で学べる切符を手にすることが出来ましたので、各駅停車でも終点を目指して頑張ってゆきたいと思います。

2012-03-16

高校講座

3月も残すところあと2週間ほどですが、少し前からウォーミングアップを始めています(^^; 当たり前ですが大学では、「高校で学ぶ知識は修得している」という大前提があるはず。しかし 科目によっては中学レベルも怪しいワタクシ(^^; 「大学の勉強の前に高校の復習をせねばsweat01」ということで、NHK高校講座を活用することにしたのですが、これがなかなか面白いのです!特に数学基礎の秋山先生の講座はユニークで、数学が超、超ニガテな私でも楽しめています。

1回20分~30分ですし、学習メモや理解度チェックも用意されいるので効率よく学べます。色々な科目が開設されていて、今までは興味があるものをあれこれ視聴していたのですが、そろそろ自分の専攻を鑑みて最後まで受講した方がいい科目を絞り込むことに。とりあえず、3月中に世界史と倫理は文1と関係のありそうな回をやりきって、4月からは慶應通信に向けての勉強も始めようかなぁと思っています。

こうやって、数十年振りに高校の勉強をしてみると、理科、社会系はほとんど覚えていないことを実感(^^;  いいのか、悪いのか分かりませんが、初めて知る時に感じる新鮮な気持ちで学ぶことが出来ます。

2012-03-11

あの日から一年

震災からちょうど1年が経ちました。多くの尊い命が失われた上、被災地の方々の辛い日々は依然として続いています。未だにご遺族や被災された方々におかけする言葉が見つかりません。

私は95年の阪神淡路大震災を経験しています。幸いにも私が住んでいた地域は、被災地域に指定されたのが申し訳ないくらいの軽い被害ですみましたが、職場には甚大な被害を受けた方もいました。

被災地が元戻りになるまでに、長い時間が必要だったことは周知の通りです。いえ、私たちからは元の姿に戻ったように映っても、被災された方々にとっては元通りということは決して無いでしょう。

hakumokuren

未来ある子どもたちの命が失われたこと、家族を思いながら志半ばで命を絶たなければならなかった方々のことを思うと、本当に胸がつまります。

また被災地では勉強をしたくても、ままならない環境下にいらっしゃる方々が大勢いることでしょう。何不自由なく勉強に打ち込むことが出来る現在の私の状況に心から感謝して、真摯に学問に向き合っていきたいと思います。

2012-03-07

デジタル環境

私が学生だった頃は勉強のために必要なものと言えば、教科書とノート、それに辞書、参考書、問題集くらい。しいて言うなら英語の勉強のためにカラジカセがあれば尚良しという感じ。 しかし昨今はデジタルツールも重要ということで、IT環境を整えることにしました。

まずはプリンタ環境から。我が家にはカラープリンタがあるのですが、通教生活ではモノクロで事足りるはず。ランニングコストと美しさのことを考えると、『モノクロレーザープリンタがあった方がいいかな』と。しかし色々調べてみたら、プリンタ単体と複合機との値段差はごくわずか。これからはコピーもいろんな場面で必要になることを考えると、自宅にあった方が断然便利。ということで、コピー&スキャナ付きのモノクロレーザープリンタを購入しました。一般家庭が手軽に複合機を持てるなんて、数年前には考えられないことだったので感激もひとしお。印刷してみるとやっぱり美しいです。

次にPC環境。HD容量が100GBほどしかないmy PC。『近頃なんだか重いなぁ・・・』と思っていたら、デジカメデータがHDを圧迫し、空き容量があとわずかなことが判明sweat01 2TB(信じられない容量です!)の外付けHDを購入して、デジカメデータを全部そちらに移したのですが、移すまでが一仕事でした。というのも膨大なデジカメデータはあろう事か撮りっぱなし、入れっぱなし。『いつかやんなきゃ』と思いつつ、やらないでいたタグ付けと日付整理をこの際することに。無事入学出来たらこういうことをする時間も、そうそう取れないだろうと思ってのことですが、思いのほか時間を取られました。トホホ。撮影する度にキチンとやっていれば、こういうことにはならないんですけど (^^;

最後はソフト環境。Wordが動くかのチェック。そして使い方のおさらい。Wordはほとんど使わないソフトだったのですが、ワープロ可のレポートの清書はやはりWordで作成 → 印刷が王道ですよねぇ・・・。あと、私の使っているエディタには字数カウント機能が付いていなかったので、文字数をカウントさせるマクロをインストール。おぉ!ちゃんと文字数が表示されて便利!これでレポートの字数が今どれくらいかすぐに確認出来ます。

以上でとりあえずおしまい。『あれれ・・・?』と、お思い方もいらっしゃるでしょうが、モバイル環境の整備がありません(^^; PC育ちの昭和なワタクシは携帯がどうも苦手。あれでアウトプット作業をしようと言う気になかなかなれません。iPodも旧世代のものだし、iPhoneやスマートフォンに至っては未知の世界。でも、『これからは必要なのかなぁ・・・ 学習に役立つのかなぁ・・・』なんて考え始めています。

というのもこのブログに、iPhoneやスマートフォンで訪れて下さっている方が結構いらっしゃるから。まだ始めたばかりのつたないブログにお越し下さってありがとうございます。今までブログを携帯で見るという発想が無かったワタクシですが、慌ててブログを携帯から見るためのQRコードをサイドバーに追加しました。でも、すでに訪れて下さっている方々には遅かったですね(^^;

2012-03-01

書評あれこれ

一番時間がかかった書評ですが、それに手をつける前に知的生産の技術を再読しました。というのも書評を書くにあたって、『何か役に立つことが書かれてあったはず・・・』というかすかな記憶があったからです。

記憶はまだ衰えてなかったようで(^^; 有益な読書法が書いてありました。それは、

本に線を入れる箇所は二つの系列がある
第一の系列は大事なところ(=作者の考え)
第二の系列は自分自身がおもしろいところ

というものです。色分けして線を引けば一目瞭然ですね。

梅棹氏は情報カード(京大式カード)の生みの親で有名な方ですが、氏が情報カードに書き取るのは傍線部からさらに厳選した箇所のみで、そのほとんどが第二の系列の文脈なんだそうです。

私が今回書評に選んだ本はすでに絶版になっており、図書館から借りたもの。本に線を入れることが出来ないため、情報カードに第一の系列、第二の系列を色分けして書き出し、自分の意見をプラスする場合はそれも加えて、ひたすらカードに記入。この工程に時間をとられましたsweat01 所有してる本であればこんなに時間はかからないのですが・・・

で、記入し終わったカードをズラリと並べて、重要と思うものをピックアップ。自然な流れの文章になるよう並べ替えとピックアップ作業を繰り返し、大まかな設計図が出来たところで文章にしていきました。が、しかし、しかしです。720字にするべく、カードを何枚ばっさり無かったことにしなければならなかったことかsweat01 厳選する眼を持っていないがための試練です。

ノートと違って並び替えが自在なところが情報カードのいいところで、レポートを書く時にも役立ちそうだと思いました。

最後に梅棹氏の名言を。

読書において大事なことは、著者の思想を正確に理解するとともに、それによって自分の思想を開発し育成していくこと! 

座右の銘にしたいと思います。

« 2012年2月 | トップページ | 2012年4月 »

記事検索

無料ブログはココログ