スケジュール

  • ▷Eスクレポート提出期限
      6月10日(月)まで
       あと 

    ▷Eスクーリング
    4月15日(金)〜6月10日(金)

    ▷第II回科目試験
    7月2日(土)〜3日(日)

    ▷夏期スクーリング I期
    8月5日(金)〜10日(水)

    ▷夏期スクーリング II期
    8月12日(金)〜17日(水)

    ▷夏期スクーリング III期
    8月19日(金)〜24日(水)

文献リスト

修得単位

  • [総修得単位数]
     項  目   修得単位数  
    総合教育科目 Bronze Crown 48/48
    専門教育科目 59/68
    修得単位合計 107/116
    (内スクーリング 34/42迄)


  • [専門教育科目]
    科  目 年度  単位 
    –第1類
    論理学(L)   '13 2
    科学哲学   '13 4
    社会学史II   '13 2
    社会学史I   '14 2
    都市社会学(L)  '14 2
    哲学史SS  '14 2
    倫理学(専門)SS  '14 2
    美学ES  '14 2
    総合講座ES   '14 2
    倫理学 '14 2
    西洋哲学史I '14 4
    現代倫理学の諸問題 '15 4
    近代日本と福澤諭吉 '15 2
    哲学史SS '15 2
    西洋哲学史II '15 3

    必修科目合計 Silver Crown 37/28 

    –第2類
    西洋史概説 I   '12 2
    西洋史概説-E '13 2
    史学概論 '13 2
    西洋史概説 II   '14 2
    オリエント考古学   '14 2
    西洋史特殊I   '14 2

    –第3類
    ロシア文学   '14 2
    英語学-E '14 2
    ドイツ語学文学SS  '14 2
    近代ドイツ演劇 '15 2
    ドイツ語学文学SS  '15 2

    選択科目合計 22   

    専門科目合計 59/68 
    (内スクーリング 20/28迄)


  • [総合教育科目]
    科  目 年度   単位 
    –人文科学分野
    歴史(西洋史) '12 2
    歴史(東洋史)SS '12 2
    論理学(A) '13 4
    哲学ES '13 2
    近代思想史ES '15 2

    –社会科学分野
    社会科学概論SS '12 2
    社会学(A) '13 4

    –自然科学分野
    自然科学概論-E '13 2
    自然科学特論A-ES '15 2

    認定単位 18

    3分野科目合計 Bronze Crown 40/40 

    –英語
    英語I '12 2
    英語II '12 2
    英語VII '12 2
    英語R SS '13 1
    英語W SS '13 1

    必修外国語合計 Bronze Crown 8/8 

    総合科目合計 Bronze Crown 48/48 
    (内スクーリング 14/14迄)

2類: 西洋史概説Ⅰ

2015-04-21

「西洋哲学史II」レポート返却

数日前に「西洋哲学史II」のレポートが戻ってきました。この科目は自分の専攻分野だということもあり、結構時間をかけていくつかの文献に目を通し、自分なりにあれこれ悩んで作成したレポートだっただけに、どんな講評が書かれてあるのか期待を込めて封を切ったのですが、前回のレポ同様、合格shineという文字だけで、講評欄には全く何も書かれていませんでしたweep

ノーコメントということは特に指摘することもない、可もなく不可もないレポートということなのかもしれませんが、でも、でも〜、「西洋哲学史II」はコメントが欲しかったです〜。「先生が思っている以上に生徒はコメントを楽しみにしているんですよ〜」とこんな所で声を大にして叫んでも仕方ないのですがcoldsweats01

しかし、嘆いてばかりいても仕方ないので、先日追加購入した「新・西洋史概説I」のテキストを読んでガックシ感を払拭することに。まず手にしてびっくりなのは、そのページ数!旧テキストが145頁なのに対して、新テキストは448頁と4倍近く!

text

フォントが大きくなっているのでそのまま比例して倍数ではないにしても、「これで2単位とは・・・」と感じさせる分厚さです。フォントが読みやすくなっただけでなく、写真や地図が散りばめられていて分かりやすいですし、索引もついているので使いやすさは格段にアップup

また中世の衣食住のことなどにも触れられていて、本当に面白い!「新・西洋史概説Iを履修したかったな〜」と思わず思ってしまうテキストでしたnotes

2013-09-10

受け継がれゆく遺産 −西洋史概説あれこれ

専門教育科目で最初にクリアした科目が「西洋史概説I」でしたが、単位は頂けたものの、レポ課題のフランク王国時代以外はほとんど何も学べていなかったので、あれこれシリーズも書くことができなかったワタクシsweat01 そこで再度Eスクの「西洋史概説」を履修したのですが、思い切って追加申し込みをして大正解でした。

西欧の古代から中世をざくっと概観したくて申し込んだのですが、講義は中世ヨーロッパ社会にキリスト教が如何に浸透し、それによって社会がどのように変容していったかを捉えることに重きが置かれていて、史実は当然頭に入っているという前提で進められましたcoldsweats01

しかし史実が頭に入っていないワタクシは、「歴史(西洋史)」・「西洋史概説I」のテキストや『西洋の歴史(古代・中世編)』などで確認しながらの聴講だったので、やたら時間がかかる、かかるsweat01 けれど、史実はこうしてテキストなどを読めばなんとか理解できるけど、今回のような講義内容 –中世初期に西欧社会が持っていた色合いがどのようなもので、それがどんな風に変わっていったか− を一人テキストで理解するのは難しいことなので、貴重な講義を受講したのだと思いましたconfident

そして曲がりなりにも、中世西欧社会が古代からどのような遺産を受け継ぎ、それをどのように変容させて、次の時代へ受け渡したのかがイメージできるようになったので、当初の目的以上のものが達成できて嬉しい限り。これはEスクだから叶ったことで、独学では無理だったと思います。

さらにキリスト教から離れて、「中世の技術革新が西欧社会に果たした役割」というレポート課題に取り組めたことも、私にとって貴重な体験でした。「中世 = キリスト教」だけではないということを学び、中世という時代が持っていたであろうと思う色が一つ増えたことによって、それらを混ぜて出来上がる色が以前より数段多くなった感じart

さらに先生からは「歴史とは・・・」という「史学概論」に通じるような内容のお話も伺え、歴史の本質を考える上でのヒントを沢山頂けて、史学概論の再々レポを抱えていた私にとっては、とてもありがたい講義だったのでした。

2013-03-02

2012年度 第Ⅳ回科目試験結果

すっかりおなじみになった 白x水色 の封筒が配達されてきました。昨日届いていたようです。今回はこれまでの中で一番の準備不足で臨んだ試験だっただけに、心臓の鼓動も相当なもの。ドキドキしながら開封すると

      西洋史概説Ⅰ    2単位  B

よかった、合格でしたshine

実はあまりにも恥ずかしくて大きな声では言えないのですが、テスト直しをしている最中に、自信満々で答えたローマ皇帝の名前を間違えていたことに気づいたワタクシ。しかも歴史好きの子なら中学生でも知ってるような、超有名な皇帝の名前を・・・sweat01 採点者はきっと目を丸くしただろうと思います。こんなあまりにも、あまりの回答を合格にして下さる採点者の懐の深さに感謝です。

ミスはおかしましたが、今回の勝因はレポート作成時にビザンツ帝国に関する文献を読んでいたこと、それにつきますbook  実は、私が手にした文献には知りたかったことが書かれておらず、レポ作成のためには何の役にも立たなかったので、選択失敗、時間の無駄だったbearingとその時は思っていたのですが、後々こうやって、すご〜く役に立ったのですから、いろんな文献に目を通すことは長い目で見れば、その場限りの試験勉強なんかより、ずっとずっと力になるものかもしれません。

ところで、この科目のレポートはノーコメントでの返却だったため、ブログの記事にすることもなかったのですが、合格shineだったので、これでめでたく2単位ゲット!専門科目、初の単位修得です。ということで、2012年度の総修得単位数は14単位と相成りました。

あっ、でも「史学概論」の再レポが合格で返ってきたら、2単位追加されます。ここでちょっとした疑問が。再レポの合格で単位を頂ける運びになった場合、修得年度の基準ってレポートの返送年月日になるんですよね?つまり、今提出している再レポの返却が、4月以降になった場合は、2012年度ではなく、2013年度の修得になるという理解なのですが。もしそうなら、3月中に合格で戻ってきてくれると嬉しいなconfident

2013-01-30

2012年度 第Ⅳ回科目試験終了

試験日から3日も経ってしまいましたが、試験ネタcoldsweats01  年初めには 「今月末の試験は受けられないかもしれないなー」なんて思っていたのですが、日本の医薬品は素晴らしいshine 薬のおかげで松の内が明けるころには常にあった鈍痛がひいて、体力も回復してきました。それまではテキストを読んでも、痛みの方が気になってほとんど頭に入ってこないし、それすらトリプル炎症騒ぎですっかり忘却の彼方に。

実質、三連休明けから開始した試験勉強。一科目受験だったのが救いだけど、古代から中世の出来事を総合科目よりは奥深く学ぶ必要があるのに、時間なさすぎーsweat01 研究課題と2011年の過去問をノートにまとめただけでタイムアップでした。もう少しテキストと『西洋の歴史』を読み込みたかったなー。

試験当日は、「ノートにまとめたテーマが出題されますように」と苦しい時の神頼みを行いましたが、願い叶わず想定外の設問weep 「いや〜ん」と心の中で叫びながらも、西洋史概説Ⅰは2問中1問を選択できるので、ある意味ありがたい科目です。

今回は東ローマ帝国と修道院改革についての二者択一だったのですが、レポート作成時にビザンツ帝国は、カール大帝の戴冠をどのように捉えていたのか知りたくて、ビザンツについて書かれた文献に目を通したことがあり、なんとか書けそうな東ローマ帝国の方を選択。その時の記憶を総動員して、一応三分の二くらい埋めてきました。

レポートは合格shineだったので、なんとか試験も合格を頂けるといいのですが、後からテキストを読み返してみると、間違いを発見してしまったcoldsweats01 まっ、仕方ないか。でもお天気に恵まれた日曜日、久しぶりに電車に乗って出かけたこと自体が、気分転換になったワタクシなのでしたnotes

2012-11-30

「西洋史概説Ⅰ」レポート完成

4800字から第二稿に取りかかった「西洋史概説Ⅰ」のレポート。昨日ほぼ完成の第二稿を書き上げ、今朝ちょこっと変更 & 加筆を行って、めでたく第三稿で完成となりましたhappy01 やはり4800字からお料理を始められると、そこからの完成は早いです。でもこのレポはワープロ不可ng 本日せっせと清書に勤しみ、夕方めでたく投函と相成りましたloveletter

西洋史の時もそうだったのですが、推敲している時はOKだったのに、手書きで清書をしていると所々で変更したくなる衝動に駆られ、この期に及んで変更しちゃうので、余計に時間がかかったりします。でも手書きって結局は手を動かしながらの推敲なわけで、目だけの時はスルーしちゃうようなところにもちゃんと気づけるというか・・・ そんな気がします。とは言っても全てを直せるわけじゃないのが、手書きの辛いところなんですけどねsweat01

前回の「歴史(西洋史)」はプロテスタント、今回はカトリックのお勉強でした。私が常々疑問に思っていたテーマについて、結果的にトントンと続けて学ぶことが出来たのは、なんとも不思議というか、運命を感じるというか。それだけに今回の「西洋史概説Ⅰ」のレポも、興味深い課題で楽しかったですcrown

2012-11-28

「西洋史概説Ⅰ」レポート第一稿完成

アウトラインが完成したのは一週間も前なのに、三連休及び月曜日はほとんど出かけていたため、なかなかレポに向かえずにいたワタクシ。そのかわり移動時にたっぷり本が読めたため、とても面白い本を読み終えることができました。この話はまた後ほど・・・って引っ張るほどのことではないんですが、まずはレポを仕上げることが先決なのでsmile

そんなこんなでなかなか取りかかれなかったレポですが、昨日と今日、かなりの時間を費やして、なんとか第一原稿を仕上げました。まだもたついている箇所があるので、もう少し練る必要がありますが、なんと、4800字で納まっていることに驚きです!初めて取り組んだ「歴史(西洋史)」の第一稿が8000字にもなったことを思うと、自分で自分を褒めてあげたい気分confident これ位の字数オーバーだと埋め草刈りも随分楽です。

少しずつ、本当に少しずつではありますが、レポート作成の要領が掴めてきたのかな〜と。あっ、合格ラインの記述であるかどうか、というのはまた別の話ですがcoldsweats01  これからKyokoさんに声に出して読んでもらって、文や流れのチェックをしつつ埋め草を刈り、スッキリとしたレポに仕上げたいと思います。

2012-11-21

「西洋史概説Ⅰ」 アウトライン完成

カール大帝のお勉強を始めたのは冬の気配なぞ全く感じなかった1ヶ月前。テキストと参考文献『西洋の歴史<古代・中世編>』『大学で学ぶ西洋史 <古代・中世>』を読み終え、『シャルルマーニュの戴冠』がもうすぐ読み終わるというところでストップしました。

2週間後「続きをやるぞ!」と思っても、そうは問屋が卸しませんcoldsweats01 それぞれの文献に何が書いてあったのか全く覚えていないワタクシだったので、棒線や付箋が張ってある箇所はじっくりと、その他はざっと斜め読みで再読し、要点をノートにまとめながら何が書かれてあったのか思い出す日々を過ごしておりました(--:

なんとか概略を思いだせたワタクシでしたが、「でも、なんかピンとこない。このままじゃ、ありきたりのことしか書けないなぁ・・・」と悩む日々。そこで居住及び近隣区には所蔵されていなかった『地上の夢キリスト教帝国 —カール大帝とヨーロッパ』を三田図書館で借りてきたところ、「これでいこう!」というものがふと浮かんできて、先ほど、どうにかこうにかアウトラインを完成させました。

恥ずかしながらカール大帝がどういう偉業を成し遂げたのか、全く知らなかったワタクシ。でもカール大帝の詳しい文献を読み進めていくうちに、何故彼が「ヨーロッパの父」と尊称されるのか、何故第二次世界大戦後にヨーロッパ統合に貢献した人物に贈られる賞が「カール大帝賞」と名付けられたのか、少しだけ分ったような気がします。

ピューリタン革命の時も多彩な人が織りなすドラマに興奮しましたが、カール大帝のドラマも胸を打ちました。なにより詳しい文献を読んだ後にテキストやテキスト系の『西洋の歴史』『大学で学ぶ西洋史』を読むと、書かれてある一つ一つの文章の意味が手に取るように分かるので嬉しい限りです。バックグラウンドが分っていると、テキストの文章も面白く読めるんですねhappy01

これからこのアウトラインをベースに、レポ作成に取りかかりたいと思いますpen

記事検索

無料ブログはココログ