スケジュール

  • ▷Eスクレポート提出期限
      6月10日(月)まで
       あと 

    ▷Eスクーリング
    4月15日(金)〜6月10日(金)

    ▷第II回科目試験
    7月2日(土)〜3日(日)

    ▷夏期スクーリング I期
    8月5日(金)〜10日(水)

    ▷夏期スクーリング II期
    8月12日(金)〜17日(水)

    ▷夏期スクーリング III期
    8月19日(金)〜24日(水)

文献リスト

修得単位

  • [総修得単位数]
     項  目   修得単位数  
    総合教育科目 Bronze Crown 48/48
    専門教育科目 59/68
    修得単位合計 107/116
    (内スクーリング 34/42迄)


  • [専門教育科目]
    科  目 年度  単位 
    –第1類
    論理学(L)   '13 2
    科学哲学   '13 4
    社会学史II   '13 2
    社会学史I   '14 2
    都市社会学(L)  '14 2
    哲学史SS  '14 2
    倫理学(専門)SS  '14 2
    美学ES  '14 2
    総合講座ES   '14 2
    倫理学 '14 2
    西洋哲学史I '14 4
    現代倫理学の諸問題 '15 4
    近代日本と福澤諭吉 '15 2
    哲学史SS '15 2
    西洋哲学史II '15 3

    必修科目合計 Silver Crown 37/28 

    –第2類
    西洋史概説 I   '12 2
    西洋史概説-E '13 2
    史学概論 '13 2
    西洋史概説 II   '14 2
    オリエント考古学   '14 2
    西洋史特殊I   '14 2

    –第3類
    ロシア文学   '14 2
    英語学-E '14 2
    ドイツ語学文学SS  '14 2
    近代ドイツ演劇 '15 2
    ドイツ語学文学SS  '15 2

    選択科目合計 22   

    専門科目合計 59/68 
    (内スクーリング 20/28迄)


  • [総合教育科目]
    科  目 年度   単位 
    –人文科学分野
    歴史(西洋史) '12 2
    歴史(東洋史)SS '12 2
    論理学(A) '13 4
    哲学ES '13 2
    近代思想史ES '15 2

    –社会科学分野
    社会科学概論SS '12 2
    社会学(A) '13 4

    –自然科学分野
    自然科学概論-E '13 2
    自然科学特論A-ES '15 2

    認定単位 18

    3分野科目合計 Bronze Crown 40/40 

    –英語
    英語I '12 2
    英語II '12 2
    英語VII '12 2
    英語R SS '13 1
    英語W SS '13 1

    必修外国語合計 Bronze Crown 8/8 

    総合科目合計 Bronze Crown 48/48 
    (内スクーリング 14/14迄)

1類: 倫理学(専門)SS

2014-10-06

2014夏スク 結果

台風の最中、大学から封書が二通、葉書が一通届きました。 恒例の「白x水色」の封筒は、言わずもがな夏スクの成績です。結果は

      哲学史    2単位  B
      倫理学(専門)    2単位  A
      ドイツ語学文学    2単位  A

6単位ゲットshineです。

「哲学史」は単位を頂けて本当にホッとしました。試験の4問中、初っ端の設問があまりにも想定外で、頭が真っ白になってしまってsweat01 書き出すまでにかなりの時間を費やしちゃって、最後は時間との戦いだったのでcoldsweats01

こうやって成績をいただくと、夏スクのことがいろいろ蘇ってきます。今年受講した講義はどれも中身がギュッと詰まっていて、とても充実していたなぁと。

そして、葉書は10月の科目試験受講票でした。レポを提出した「西洋史特殊I」と「倫理学」ともに許可を頂きましたが、試験申し込み後に子どもの行事が入ってしまい、12:30からの「倫理学」は今回受講できなくなってしまいました(残念)

でもこれまでこういうことがなかった方が不思議で、11:00からの「西洋史特殊I」はなんとかギリギリ受験できるので、ラッキーと思うことにします。しかし、この日はお昼抜きだわweep

2014-09-01

2014夏スク 倫理学(専門)

ようやく一息つける運びになったので、夏スクII期の講義をもう少し振り返っておきます。

午前の「倫理学(専門)」は、近現代の代表的な理論 —義務論、功利主義、ニーチェの系譜学、徳倫理学、正義論— がどのような価値観に依拠しているのか、それらが各時代時代でどのように受容され、批判されてきたかを学ぶ講義でした。

現代の課題については、生命倫理の問題に焦点があてられ、毎回ただ受動的に学ぶのではなく、このようなケースに立たされた時に自分ならどうするか、どの選択をすることが倫理的に正しいかを考えていく講義でした。

Hiyoshi campus

考える題材は有名な「Trolley Problem」や、代理母問題の「ベビーM事件」、救世主兄弟問題の「アニッサ事件」、尊厳死問題の「カレン・クィンラン事件」などなど他にも多数。

また、これらの問題を考えるにあたって、ジョディ・ピコーの小説を映画化した『私の中のあなた』や、カズオ・イシグロの小説を映画化した『わたしを離さないで』などの映画を鑑賞したのですが、この2作品はどちらも正解のない問題についてじっくり考えさせられる印象的な内容でした。

第一回目の講義の初端に先生が、「倫理学は知識を得る学問ではなく、知識をもとにしていかに問題を解決するか。自分で考えて答えを出すのが倫理学です」とおっしゃったのですが、6日間の講義を通して、この言葉の意味を身をもって実感することができました。

そして、正解のない問題を考える上で、先人の理論を知っていることがいかに心の拠り所になることか。最終日はそんなことを思いながら、解答用紙にせっせと鉛筆を走らせていたワタクシです。

2014-08-19

2014夏スク II期終了

夏スクII期が終了しました。午前 & 午後受講で超慌ただしい6日間でしたが、無事に完走することができました。受講科目は、「倫理学(専門)」と「ドイツ語学文学」。両講義とも盛りだくさんの内容で、正直、まだ整理ができていない状態です。

Hiyoshi

倫理学は講義されるはずだった先生が急病で、急遽別の先生が代講されることになったのですが、シラバスに準じた講義をなさって下さった上、私が興味のある分野と本年度のレポート課題であるアリストテレスの内容が別途盛り込まれていたので、なんかもう、めちゃくちゃラッキーって感じでしたhappy01

両講義とも、印象に残る映画をいくつか鑑賞し、文献もたくさん紹介頂きました。全編鑑賞できた映画は「ハンナ・アーレント」だけだったので、それ以外の作品のラストが講義中気になって気になって仕方なかったワタクシ。 夏スクが終わったら早速借りてきて、じっくり見ようと思っています。

積ん読リストに加えたい文献もいくつかできました。ドイツ語学文学の先生が「文学は言語芸術で映画は映像芸術だ」とおっしゃっていましたが、アカデミックな観点から優れた芸術作品を紹介頂けるのも夏スクの醍醐味ですね。

Hiyoshi campus

そして今年もたくさんの学友と素敵な一時を過ごすことができました。1年振りの再会や新たな出会いをもたらしてくれるのも夏スクです。このところ学生であることを忘れていた日も多かったのですが、いろんな方々のお話を聞いて、俄然モチベーションアップshine この波に乗って、III期の三田もがんばりますnotes

記事検索

無料ブログはココログ