スケジュール

  • ▷Eスクレポート提出期限
      6月10日(月)まで
       あと 

    ▷Eスクーリング
    4月15日(金)〜6月10日(金)

    ▷第II回科目試験
    7月2日(土)〜3日(日)

    ▷夏期スクーリング I期
    8月5日(金)〜10日(水)

    ▷夏期スクーリング II期
    8月12日(金)〜17日(水)

    ▷夏期スクーリング III期
    8月19日(金)〜24日(水)

文献リスト

修得単位

  • [総修得単位数]
     項  目   修得単位数  
    総合教育科目 Bronze Crown 48/48
    専門教育科目 59/68
    修得単位合計 107/116
    (内スクーリング 34/42迄)


  • [専門教育科目]
    科  目 年度  単位 
    –第1類
    論理学(L)   '13 2
    科学哲学   '13 4
    社会学史II   '13 2
    社会学史I   '14 2
    都市社会学(L)  '14 2
    哲学史SS  '14 2
    倫理学(専門)SS  '14 2
    美学ES  '14 2
    総合講座ES   '14 2
    倫理学 '14 2
    西洋哲学史I '14 4
    現代倫理学の諸問題 '15 4
    近代日本と福澤諭吉 '15 2
    哲学史SS '15 2
    西洋哲学史II '15 3

    必修科目合計 Silver Crown 37/28 

    –第2類
    西洋史概説 I   '12 2
    西洋史概説-E '13 2
    史学概論 '13 2
    西洋史概説 II   '14 2
    オリエント考古学   '14 2
    西洋史特殊I   '14 2

    –第3類
    ロシア文学   '14 2
    英語学-E '14 2
    ドイツ語学文学SS  '14 2
    近代ドイツ演劇 '15 2
    ドイツ語学文学SS  '15 2

    選択科目合計 22   

    専門科目合計 59/68 
    (内スクーリング 20/28迄)


  • [総合教育科目]
    科  目 年度   単位 
    –人文科学分野
    歴史(西洋史) '12 2
    歴史(東洋史)SS '12 2
    論理学(A) '13 4
    哲学ES '13 2
    近代思想史ES '15 2

    –社会科学分野
    社会科学概論SS '12 2
    社会学(A) '13 4

    –自然科学分野
    自然科学概論-E '13 2
    自然科学特論A-ES '15 2

    認定単位 18

    3分野科目合計 Bronze Crown 40/40 

    –英語
    英語I '12 2
    英語II '12 2
    英語VII '12 2
    英語R SS '13 1
    英語W SS '13 1

    必修外国語合計 Bronze Crown 8/8 

    総合科目合計 Bronze Crown 48/48 
    (内スクーリング 14/14迄)

1類: 倫理学

2015-03-03

2014 第IV回科目試験結果

「西洋哲学史II」と「近代ドイツ演劇」のレポートと格闘していた先週は、大学から次々といろんなものが届きました。3年目も終わりになると、クラフト紙はニューズレター、「白 x 黒」は在籍確認シール、「白 x 水色」は科目試験の結果だと封筒のデザインを見ただけで中身が分かるので、レポで忙しいときは放置状態にcoldsweats01  もちろん、「白 x 水色」の封筒だけは即開封しましたけどhairsalon

今年度最後の科目試験結果は

      倫理学    2単位  B
      西洋哲学史I    4単位  A

と、心配していた「倫理学」も無事合格shineしていて、6単位修得することができました。「倫理学」が減点された原因は言わずもがなカント様ですが、あの答えられないと思った問題に無謀にもアタックし、みごと玉砕っといったところですね。 多分あの設問は得点できていないと思われます(涙)でも、他3問がなんとか合格ラインだったようで、ほっとしました。

これで今年度は14科目を履修し、30単位(うちスクーリング6科目12単位)の修得という結果になりました。あくまでも自分比ですが、2014年度はかなりハイペースだったので、来年度はもう少しスローペースで、その分じっくり考える時間を持ちたいなと思ってます。

hakumokuren

これでこれまでの3年間で積み上げた単位は、ジャスト70に。切りもいいし、ラッキーセブンの10倍だし、これに認定単位を足すと88。末広がりのこれまたラッキーナンバーで今年度を締めくくることができましたhappy01

K点の116まであと28単位。卒論を除くと数字的には卒業までの道のりの四分の三まで来たことになります。入学当初のことを振り返ると「ここまできたんだな〜」という気持ちもありますが、「いよいよ卒論に背水の陣で臨まなくてはならない段階に来てしまったhappy02」という気持ちの方が強いです。

テーマはまだはっきりとは決まっていないのですが、ぼんやりとやりたいことは見えてきました。ただ、もう少し的を絞らないといけない(と言われると思う)ので、これからいろんな文献や資料に目を通し、方向づけをしていきたいと考えています。予定通りいくかどうかは神のみぞ知るですが、あまり気負わず、卒論も楽しんで進めていこうと思います。

2015-01-27

2014 第IV回科目試験終了

今年度最後の科目試験が終わりました。毎回年始めの試験は準備不足の感が拭えないまま当日を迎えるというパターンなのですが、今回もご多分に漏れず、かなりあやふやな理解のまま「西洋哲学史I」と「倫理学」を受けることになってしまいました。

しかし幸運なことに、「西洋哲学史I」はこれまでと違って「以下の3つの中から一つ選んで説明しなさい」という温情溢れる形式で、しかも「イデア論」が含まれていたので迷わず選択。

イデア論については一昨年の夜スク「哲学」、そして、昨年の夏スク「哲学史」と夜スクの「美学」でも取り上げられ、それぞれの先生から説明を受けたのでラッキー問題ですshine 悩むことなく、概念の内容と背景、プラトンの考えた現実界とイデア界との関係、それに対する批判やイデア論におけるプラトン哲学の遺産などを書いてきました。

Mita campus

一方、「倫理学」は出てほしくない問題が6問中3つも出てしまいましたweep この科目はテキスト巻末にある研究課題から出題されるのである意味楽なはずなのですが、それぞれの概念が難しくて理解できないものが多々あり、しかも、どう答えていいか分からない設問も含まれていて困りもの。「霊魂の不死と神の現存在の要請の意義」なんて、私にはお手上げの一生答えられない問題ですsweat01

4問も答えなくてはいけないので、両面使って結構書きましたが、どうしても1問はお手上げ問題に答えなくてはならず惨敗sweat02 残りも詰めが甘く説明不足だった箇所があり、テキスト2回の通読では記憶に留めることはできないということが分かりました。

「倫理学」はもともと10月に受験予定だった科目なので、テキストを読んだ時期が1回目と2回目とでかなり間があいてしまったため、2回目なのにほぼ内容を忘れていて、記憶の定着どころか一からやり直し状態でしたcoldsweats01

「それだけ時間があったんだったら、4回でも5回でも読めたはず!」という声がどこからともなく聞こえてきそうですが、返す言葉がありません。間をあけて読むのはとても効率が悪いということを痛感したので、「次回は続けて読むぞー」と心に誓ったワタクシでした。

2014-10-23

「倫理学」レポート返却

「倫理学」のレポートが戻ってきました。結果はA 合格shineでした。

コメント欄には

論点が明確で、非常によく構成されています。

とあり、実は自信がなかったレポだけに、素直に嬉しいコメントでしたhappy01

『ニコマコス倫理学』は多岐に渡る内容だったので、序論で「◯◯と△△という二つの観点から考察する」としたのですが、そこにアンダーラインが引かれてありました。論点を絞ったことが功を奏したようです。

というか、4000字に収めるためには、そうせざるを得なかったというのが正直なところだったのですがcoldsweats01 今回は誤字・脱字はなかったようで、ほっ。 Aも消されてなかった(笑)

「倫理学」は10月の試験が受けられなかったので、次回挑みます!

2014-08-31

「倫理学」レポート完成

「倫理学」のレポートがどうにか完成しました。只今、安堵のひとときですcafe  夏スク終了後すぐに手をつけられず、木曜日からアウトラインに着手して、実質、土曜・日曜の2日間で完成させたので、突貫工事もいいところですsweat01

課題は「アリストテレスの倫理思想」だったので、夏スク前から『ニコマコス倫理学』や参考文献に少しづつ目を通していました。幸いなことに岩波文庫のワイド版が借りられたので、書体的には読みやすかったのですが、アリストテレスが言わんとしていることを掴むのには一苦労sweat01 多分、アリステレスが難しいことを言っているからではなく、翻訳がもたらす不明瞭さが、この本を難解にしているんだと思ふ。

Hiyoshi campus

例えば『ニコマコス倫理学』で重要な位置を占める対概念、ギリシア語でいうところのdianoetike arête と eitike arêteなるものがあるのですが、岩波の『ニコマコス倫理学』と参考文献、参考論文、夏スクで頂いたハンドアウト、それにテキストでことごとく異なる日本語が採用されているのですwobbly

とくにテキストは他の訳とかなり違った日本語になっていて、この概念を指していることにしばらく気づかなかったほど。こういう重要なキーワードの訳が異なると、この訳とあの訳が同じ概念を指しているんだと把握するのに一苦労で、読んでいくうちに頭がこんがらがってきますsweat01 

夏スクで頂いたハンドアウトの訳が一番分かりやすかったのですが、どなたの訳なのかな?脚注が(1094a12)という原書への参照方法でしか記されていなかったので、質問すればよかったな。

そう言えば夏スクの「哲学史」の先生が、今年出版された「全20巻+別巻」の『アリストテレス全集』を一押しされていました。これがどんな訳になっているのが興味津々なのですが、さすがにまだ図書館には並んでいなくて(涙)  高価ですが、我が区の図書館はリクエストしたら購入してくれるかしら?

ということで、頭がこんがらがりながらもどうにか仕上げたレポ、明日郵便局へ出しに行きますpostoffice

記事検索

無料ブログはココログ