スケジュール

  • ▷Eスクレポート提出期限
      6月10日(月)まで
       あと 

    ▷Eスクーリング
    4月15日(金)〜6月10日(金)

    ▷第II回科目試験
    7月2日(土)〜3日(日)

    ▷夏期スクーリング I期
    8月5日(金)〜10日(水)

    ▷夏期スクーリング II期
    8月12日(金)〜17日(水)

    ▷夏期スクーリング III期
    8月19日(金)〜24日(水)

文献リスト

修得単位

  • [総修得単位数]
     項  目   修得単位数  
    総合教育科目 Bronze Crown 48/48
    専門教育科目 59/68
    修得単位合計 107/116
    (内スクーリング 34/42迄)


  • [専門教育科目]
    科  目 年度  単位 
    –第1類
    論理学(L)   '13 2
    科学哲学   '13 4
    社会学史II   '13 2
    社会学史I   '14 2
    都市社会学(L)  '14 2
    哲学史SS  '14 2
    倫理学(専門)SS  '14 2
    美学ES  '14 2
    総合講座ES   '14 2
    倫理学 '14 2
    西洋哲学史I '14 4
    現代倫理学の諸問題 '15 4
    近代日本と福澤諭吉 '15 2
    哲学史SS '15 2
    西洋哲学史II '15 3

    必修科目合計 Silver Crown 37/28 

    –第2類
    西洋史概説 I   '12 2
    西洋史概説-E '13 2
    史学概論 '13 2
    西洋史概説 II   '14 2
    オリエント考古学   '14 2
    西洋史特殊I   '14 2

    –第3類
    ロシア文学   '14 2
    英語学-E '14 2
    ドイツ語学文学SS  '14 2
    近代ドイツ演劇 '15 2
    ドイツ語学文学SS  '15 2

    選択科目合計 22   

    専門科目合計 59/68 
    (内スクーリング 20/28迄)


  • [総合教育科目]
    科  目 年度   単位 
    –人文科学分野
    歴史(西洋史) '12 2
    歴史(東洋史)SS '12 2
    論理学(A) '13 4
    哲学ES '13 2
    近代思想史ES '15 2

    –社会科学分野
    社会科学概論SS '12 2
    社会学(A) '13 4

    –自然科学分野
    自然科学概論-E '13 2
    自然科学特論A-ES '15 2

    認定単位 18

    3分野科目合計 Bronze Crown 40/40 

    –英語
    英語I '12 2
    英語II '12 2
    英語VII '12 2
    英語R SS '13 1
    英語W SS '13 1

    必修外国語合計 Bronze Crown 8/8 

    総合科目合計 Bronze Crown 48/48 
    (内スクーリング 14/14迄)

1類: 論理学(L)

2013-11-28

2013年度 第III回科目試験結果

10月に受験した第III回科目試験の結果が、いつものように「白x水色」の封筒で届きました。今回はいつにもまして超ドキドキheart02 というか、「西洋史概説II」はD覚悟で封を切ったところ

      論理学(L)    2単位  A
      西洋史概説II    2単位  C

ギリギリC抜け合格でほっとしたような、再挑戦したかったような複雑な気持ち。多分精一杯やってCという結果だったら、こんな気持にはならなかったと思う。二問中一問選択方式だからと言って、学生時代に散々やってきた、ヤマを張るという手抜きをしてしまったがゆえ。慶應通信に入学しようと決めたとき、自分のための学びなんだから、時間は気にせず丁寧にこなそうと決めていたはずなのにhappy02

D評価でも文句は言えないヘロヘロな解答だったので、採点して下さった先生の温情に報いるためにも、再レポは納得のいくものを仕上げて提出しようとココロに誓ったワタクシです。

そんなわけで、「西洋史概説II」はレポが合格していないので、今回は「論理学(L)」の2単位のみゲット。これで修得単位総合計が切りのいい、50単位shineとなりました。「めでたい!」ということにしておきますbleah

2013-10-21

2013年度 第III回科目試験終了

両日とも生憎の雨でしたが、今年度3回目の試験も無事受験することができました。

1日目は「西洋史概説II」。この科目は覚えることが満載でとても覚えきれず、仕方なく試験直前はフランス革命前までに焦点をあてて読み込みをしたワタクシ。というのもこの科目は2問中1問選択方式なので、フランス革命前から1問、革命以降から1問出題されるだろうと予想したのです。しかし、こういう姑息なことをしてはいけませんね。出題されたのは「ウィーン体制」と「第一次世界大戦」で、どちらもフランス革命後でした(涙)

ペン書きのプレッシャーと予想がはずれたことに動揺しつつも前者を選択。「確か理念はヨーロッパの勢力均衡保持となんとか主義だったよなー、何主義だったっけ?そんなに難しい言葉じゃなかったけど、あれぇ〜 思い出せない、なんだったっけーsweat01」ってな感じで、キーワードがいつまでたっても出てこず、そこで頭が真っ白にcoldsweats01 内部崩壊の理由も正確に思い出せずに、結局用紙の半分くらいしか書けませんでした(涙)

テキストを見直すと、間違ったことは書いてなかったけど、書かなきゃいけないことの半分しか書けてなかったので、Dの可能性大sweat02 結局最後まで思い出せなかった「正統主義」というキーワードを目にしたら、内部崩壊の理由も思い出せたのですが、今さらジローですsad

この科目はレポも不合格を頂いたことだし、引き続き1月まで腰をすえてじっくりお勉強しますです。はい。もっと記憶の定着のトコロに工夫をこらして、そこに時間をかけないといけないということが身にしみました。

一方、2日目の「論理学(L)」は真理関数からの出題だったので超ラッキー問題でしたhappy01  懸念していた自然数がどうとか、有理数がどうとかいう数学的な問題じゃなかったので、ほっ。「論理学(A)」のときと同じく、真理表を作成すればあっという間に解けちゃう問題で、20分後教室を後にしました。この日は寒くて、お手洗いに行きたくなっちゃってcoldsweats01

こんな感じの出来でしたが、今は終った開放感に浸りつつ、どのテキストから手をつけようかなぁ〜と次の履修計画を考えている至福のときnotes  あっ、その前に、夜クス「哲学」の宿題が出てたんだ。明日までにやんなきゃpencil

2013-10-17

「論理学(L)」レポート返却

15頁にもなってしまった論理学(L)のレポートが戻ってきました。このレポの提出期限は夏休み最終日の翌日だったのですが、夏スクで夏休み後半は家族と遊びに行けなかったという負い目もありcoldsweats01 最後日は子どもと遊びに行くべく前倒しして、バタバタで仕上げたレポでした。そんなわけなので不合格前提で、ドキドキすることもなく開封したのですが、見覚えのあるか細い字で合格shineと書かれていて、思わず何度も見直してしまいましたeye

細やかな改善点は見受けられましたが、最も重要なポイントは理解され、大変良く書けていました。また課題に対して必要なポイントも押さえられていましたので、合格といたします。

とコメントを頂きました。いつものように本文に目を通すと、所々に下線とアドバイスがあり、その中で文中の論理式と真理表の論理式が対応していないという指摘がありましたsweat01 文中の論理式に¬をつけ忘れたという、またまたとほほなケアレスミスをやらかしていたワタクシsmile

しかし突貫工事で仕上げたレポだったにもかかわらず、論理学(A)のレポに比べると、本文に書かれてあるコメントが格段に少なく、改善点の指摘も思ったほど多くなかったので、論理学(A)で学んだことが論理学(L)に活かされたこと、類似する科目を続けて履修すると理解が深まることを実感しましたhappy01

ちょっと残念だったのは、課題の補足説明や作成上の注意点がまとめられた資料が添付されていなかったこと。レポ返却時にそういうものが入手できると、みなさんのブログを拝見して知っていたので、楽しみにしていたワタクシ。合格でもそれ、ほしかったな〜と思うのは厚かましいかしらsign02

でも励みになったこともありましたnotes 実は論理学(A)のレポートを採点して下さった先生は、初回レポと再レポで異なっていたのですが、今回のレポの採点者は論理学(A)の初回レポを採点された先生でした。つまり論理学(A)のときに不合格だと申し渡された先生から、論理学(L)は合格だよと言われたことになります。これって実際体験してみるとかなり嬉しいもんですconfident

先生が私の論理学(A)のレポートのことを覚えていて、「この人、少しづつだけど論理学のこと分かってきてるな。まっ、私の指導の賜物ですな」なんてことを思ってくれてたらいいな〜notes と想像したのですが、現実は顔も知らない生徒のレポートをたっくさん採点されているわけだから、先生方はそんな昔のレポートのことなんていちいち覚えてないですよね。

ということで日曜日の「論理学(L)」の科目試験、俄然気合いが入ってきました!そこで気分が高揚している間にと、過去問をざざーっと解いてみたのですが、どうしても分からない問題が2、3題あって途方に暮れているワタクシ。「自然数からなる集合には、最大の自然数が有限にあることを証明しなさい」 ?coldsweats01? こういう問題が出たらお手上げですsweat01

2013-09-04

2013年度 第III回科目試験申込 by kcc-channel

kcc-channelでの受付開始初日の昨日、10月の科目試験の申し込みを済ませました。アクセスしてからものの1分もたたないうちに完了です!今まで郵便局へ足を運んで、240円の切手を購入していたことを思うと、あまりの早さに感無量!これぞ文明の利器ですねshine

今回申し込んだのは、以下の2科目。

      10月19日(土)   E群   西洋史概説II
      10月20日(日)   C群   論理学(L)

今回は「西洋史概説II」に苦戦しそうです。というのも「歴史(西洋史)」で中世まではわりと丁寧に勉強することができたのですが、それ以降の「西洋史概説II」が扱う近・現代は時間切れでさっと目を通した程度。なのでほとんど頭に入っていないという悲しい現実があり、史実のおさらいだけでもかなりの時間が必要な予感sweat02

それでなくても、近・現代はあっちでも、こっちでも、色々な出来事が繰り広げられるので、どこまで時代背景を理解することができるか不安満載ですsweat01  が、とにかくまずは、テキストをじっくり読み進めることから始めたいと思います。

2013-09-02

「論理学(L)」 レポート提出

8月31日までになんとか子ども私もやるべきことを終らせたので、実質夏休み最終日となった昨日、かねてから訪れてみたかった江戸東京博物館へ行ってきましたnotes

車で向かう途中、夫が「ここが夏休みにお母さんが通ってた大学だよ〜」と子どもに言ったのを聞いて驚き、「えー!どこ、どこー」と窓から外を見ると、すでに三田キャンパスの正門は後方に遠ざかっていました。いつもと違う方角からだったので全然分からなかったsweat01

Edo-Tokyo Museum

さて、誰もが面白かったと太鼓判を押す、江戸東京博物館。江戸の町が西洋の文化を取り入れながら、首都東京へと移り変わっていく様子が、壮大なスケールで再現されていて、噂どおり文句なしに楽しめました。入場料も大人800円ととても親切なお値段の上、もちろん私は大学生料金で入場できたのでお得感満載ですhappy01

展示フロアに入った途端寄席が始まり、楽しい話や耳に心地いい尺八の音色が流れてきて、音響効果も抜群でした。「明治の教育」というコーナーでは、福澤先生のことが『学問のすすめ』とともに紹介されていました。

exhibition

両国までやって来たからには、お約束のスカイツリーへも足を伸ばしましたが、上に登るには「2時間待ちとなります」と優しく告げられてしまい、今回は断念。9月に入ったことだしすぐ登れるかな、と思って行ったのですがその考えは甘かったデス。

634mから地上を俯瞰することはできなかったけど、大好きなムーミングッズがNHK-Character Shopに置いてあって、思わず文房具など色々買ってしまいました。第一四半期と夏スクを乗り切り、第二四半期も予定していたレポを二つ仕上げたので、ささやかなご褒美です!次回はムーミンハウスカフェでお茶もしたいと後ろ髪をひかれつつ、最終日に思いっきり遊んで、今年の夏休みは終了しました。

Tokyo sky-tree

そして先ほど、土曜日に仕上げた「論理学(L)」のレポートを出しに郵便局へpostoffice 突貫工事だったのは否めませんが、論理学は先生のアドバイスを頂いた上で、再考する方が効率的なので、初稿はあれこれ悩まずとにかく提出してみることに。

これで10月の科目試験は、予定通り2科目です。嬉しいことに今回からkcc-channelでも申し込みができるので、郵便局では手続きしませんでした。受付開始の明日になったら早速Webから申し込みます。

2013-08-30

「論理学(L)」レポート第一稿完成

気がつくと夏休みもあと2日。ためまくった宿題を必死で片づけている息子の傍らで、ワタクシも提出期限間近のレポートに必死に取り組んでおります。全くもって我が家では、昨年と変わらぬ光景が繰り返されている次第coldsweats01

夏スク前は「今年は午後だけだから、レポにも取り組めるかな〜」なんて呑気なことを考えていたのですが、夏スク初日にとんでもなく甘い考えだったことが判明。通学時の電車の中でテキストには目を通せましたが、結局レポートに着手したのは夏スク終了日の翌々日。「今回は間に合わないかもsweat01」と本気で焦りましたが、先ほどなんとか第一稿を完成させました。あと2日半あるので、なんとか間に合いそうです。

こんなに短期間でここまで仕上げることができたのは、「論理学(A)」を修得していたからにほかなりません。再レポ作成時時に「論理学(L)」のテキストにもざっと目を通していたし、何と言っても参考文献は一通り「論理学(A)」の時に読んだので、新たに読む必要がなかったことがとても大きいです!ここに一番時間を取られる私なのでsweat01 また「論理学(A)」と「論理学(L)」の内容が、かなり被っていることも幸いしました。ほんとこの第2四半期に「論理学(L)」を履修計画に入れておいて正解でした。

ただ今回の課題は「論理学(A)」よりも大きく捉えるテーマなので、細々したことは求められていないんじゃないかなーと思いつつ、でも定義など細々したことを書かないとお話にならないのが論理学なので、現在15頁、8000字也happy02 「論理学(A)」が20頁だったことを思うと、かなりの進歩ですが(笑)

どうしても真理表や証明が幾つか入るので、4000字以内で仕上げるのは無理なのですが、もう少し埋め草を刈り取って風通しをよくしつつ、Reader-friendlyな構造になっているかどうかもチェックしないとpen あと一息頑張ります!

記事検索

無料ブログはココログ