スケジュール

  • ▷Eスクレポート提出期限
      6月10日(月)まで
       あと 

    ▷Eスクーリング
    4月15日(金)〜6月10日(金)

    ▷第II回科目試験
    7月2日(土)〜3日(日)

    ▷夏期スクーリング I期
    8月5日(金)〜10日(水)

    ▷夏期スクーリング II期
    8月12日(金)〜17日(水)

    ▷夏期スクーリング III期
    8月19日(金)〜24日(水)

文献リスト

修得単位

  • [総修得単位数]
     項  目   修得単位数  
    総合教育科目 Bronze Crown 48/48
    専門教育科目 59/68
    修得単位合計 107/116
    (内スクーリング 34/42迄)


  • [専門教育科目]
    科  目 年度  単位 
    –第1類
    論理学(L)   '13 2
    科学哲学   '13 4
    社会学史II   '13 2
    社会学史I   '14 2
    都市社会学(L)  '14 2
    哲学史SS  '14 2
    倫理学(専門)SS  '14 2
    美学ES  '14 2
    総合講座ES   '14 2
    倫理学 '14 2
    西洋哲学史I '14 4
    現代倫理学の諸問題 '15 4
    近代日本と福澤諭吉 '15 2
    哲学史SS '15 2
    西洋哲学史II '15 3

    必修科目合計 Silver Crown 37/28 

    –第2類
    西洋史概説 I   '12 2
    西洋史概説-E '13 2
    史学概論 '13 2
    西洋史概説 II   '14 2
    オリエント考古学   '14 2
    西洋史特殊I   '14 2

    –第3類
    ロシア文学   '14 2
    英語学-E '14 2
    ドイツ語学文学SS  '14 2
    近代ドイツ演劇 '15 2
    ドイツ語学文学SS  '15 2

    選択科目合計 22   

    専門科目合計 59/68 
    (内スクーリング 20/28迄)


  • [総合教育科目]
    科  目 年度   単位 
    –人文科学分野
    歴史(西洋史) '12 2
    歴史(東洋史)SS '12 2
    論理学(A) '13 4
    哲学ES '13 2
    近代思想史ES '15 2

    –社会科学分野
    社会科学概論SS '12 2
    社会学(A) '13 4

    –自然科学分野
    自然科学概論-E '13 2
    自然科学特論A-ES '15 2

    認定単位 18

    3分野科目合計 Bronze Crown 40/40 

    –英語
    英語I '12 2
    英語II '12 2
    英語VII '12 2
    英語R SS '13 1
    英語W SS '13 1

    必修外国語合計 Bronze Crown 8/8 

    総合科目合計 Bronze Crown 48/48 
    (内スクーリング 14/14迄)

1類: 西洋哲学史II

2016-03-01

2015 第IV回科目試験結果

1月の科目試験は「西洋哲学史II」を申し込んでいましたが、受けられない可能性が大でした。しかし、幸運にもこの土日だけスケジュールがぽっかり空いて、本来ならハイな気分になってもおかしくないのに、実はギリギリまで受けるかどうか迷っていたワタクシcoldsweats01 

受験できないと思っていたので試験勉強をほとんどしていないし、他にもいろいろあって、試験に対する気力がゼロでしたbearing けれど、受けられるときに受けておかないと後で後悔するような気もして、なんだかぼ〜とした感覚のまま臨んだ試験でした。

前回の失敗を繰り返さないように、20行以上書くことだけは心に留めて鉛筆を走らせましたが、持ち込んだ文献をチェックしつつ、一時間以内に20行以上の解答を二つもすることは私には無理sweat01 前回同様、2問目は書きたいことを全て書けずに終了となってしまいましたweep 持ち込み可だと、ついあれもこれも入れたくなってしまって。

自分としては尻切れトンボ状態の解答だったので、今回もダメだろうと思っていたのですが、予想に反して

      西洋哲学史II    3単位  A

という結果でしたshine これにはほんとびっくりeye

試験が終わった日にすぐやったことは、昔のように過去問や自分で立てたトピックスに対する解答作成です。入学して2年ほどはこのやり方で試験勉強をしていたのですが、その後やめてしまいました。というのも合格レベルにあるかどうか分からない解答を時間をかけて作って覚えるよりも、合格レベルにある(笑)テキストや参考文献の読み込みに時間を費やした方が合理的だと思ったから。

試験のときはキーワードを落とさないように、その場で文章にしていく必要がありますが、この方法でこれまで上手くいってたんですね。しかし、「西洋哲学史II」は参考文献をパラパラめくりつつ、その場で構成を考えながら書いていたのでは間に合わないsweat01 事前に解答を作っておかなきゃ無理だと思い直して、4月の科目試験に向けて少しずつ作成していた矢先に届いた試験結果でした。

自分の感触とは異なる結果だったというのはままあることかもしれませんが、狐につままれたような感じでの単位修得となりました。試験はやりきった感なく終わってしまいましたが、1年近く学んだ「西洋哲学史II」の3単位にはいろんな思いが詰まっていて、「現代倫理学の諸問題」とともに忘れられない科目。まだまだじっくり学びだい分野です。

2015-05-23

2015 第I回科目試験結果

夕方、外出先から戻るとポストに恒例の「白 x 水色」の封筒が届いていました。結果はご覧のとおり一勝一敗で、2単位のみの習得することができました。

      近代ドイツ演劇    2単位  A
      西洋哲学史II    3単位  D

「西洋哲学史II」は解答条件を満たしていないので、Dは納得です。私の思い違いをさりげなくコメントで教えてくださった方がいて(ありがとうございますnotes)、20行以上という条件を20行程度と読み誤っていたことに気づいたその時から、いや〜な予感はしていましたsweat02

1問目の解答を19行しか書かなかったワタクシ。でも多分そんな瑣末なことではなく、中身もNGなのでしょう。特に2問目の解答は、論理的という言葉にはほど遠い、支離滅裂な文章だったのでcoldsweats01

次回リベンジと言いたいところですが、残念ながらEスクの「近代日本と福澤諭吉」が同じF群で、受験叶わず。さらに10月は「近代ドイツ小説」を受験する予定にしていたのですが、なんと、これもF群。

shinryoku

ここにきてF群集中豪雨に立ち往生するはめになってしまいました。昨年はB群集中豪雨に見舞われながらも、なんとか凌いできたので、群のことをあまり考えていなかったワタクシcoldsweats01 「もうちょっと群を考慮して、履修計画を立てるべきだったわ〜」と嘆いてもあとの祭りです。

でも考えようによっては、「西洋哲学史II」は卒論に関係する科目なので、じっくり学べることはありがたいことと言えるかも。今年度いっぱいかけて学ぶつもりで、じっくり取り組みたいと思います。

2015-04-21

「西洋哲学史II」レポート返却

数日前に「西洋哲学史II」のレポートが戻ってきました。この科目は自分の専攻分野だということもあり、結構時間をかけていくつかの文献に目を通し、自分なりにあれこれ悩んで作成したレポートだっただけに、どんな講評が書かれてあるのか期待を込めて封を切ったのですが、前回のレポ同様、合格shineという文字だけで、講評欄には全く何も書かれていませんでしたweep

ノーコメントということは特に指摘することもない、可もなく不可もないレポートということなのかもしれませんが、でも、でも〜、「西洋哲学史II」はコメントが欲しかったです〜。「先生が思っている以上に生徒はコメントを楽しみにしているんですよ〜」とこんな所で声を大にして叫んでも仕方ないのですがcoldsweats01

しかし、嘆いてばかりいても仕方ないので、先日追加購入した「新・西洋史概説I」のテキストを読んでガックシ感を払拭することに。まず手にしてびっくりなのは、そのページ数!旧テキストが145頁なのに対して、新テキストは448頁と4倍近く!

text

フォントが大きくなっているのでそのまま比例して倍数ではないにしても、「これで2単位とは・・・」と感じさせる分厚さです。フォントが読みやすくなっただけでなく、写真や地図が散りばめられていて分かりやすいですし、索引もついているので使いやすさは格段にアップup

また中世の衣食住のことなどにも触れられていて、本当に面白い!「新・西洋史概説Iを履修したかったな〜」と思わず思ってしまうテキストでしたnotes

2015-04-13

2015 第I回科目試験終了

今年度最初の試験は、山の手線が動いていないというハプニングからスタートbearing いつやって来るか分からない電車を待っている余裕のない私は、仕方なくタクシーを飛ばして、なんとか1限目が始まる10分前に教室に入ることができました。

ギリギリ間に合いほっとしたものの、このドタバタで昨夜必死でおさらいした「近代ドイツ演劇」の作家や作品名がどこかへ吹っ飛んでいってしまったと感じたほど、試験を受ける前から疲れました〜sad

実際ふっとんでしまった作家も数名いましたがcoldsweats01  幸いなことに2問とも頭の片隅に記憶を留めている設問だったので、なんとか解答を書くことができました。奮発してタクシーを使った甲斐があったと思うことにします。

「西洋哲学史II」は3問中2問を答える問題。4つほどの指定語を必ず使用して説明せよという設問があり、「嫌いなパターンだわ〜」と思いながら渋々取りかかると、わりと上手く全ての言葉が収まり、しかも条件の20行ほどで書き終えることができた1問目でした。が・・・

「順調な滑り出しnotes」と思ったのも束の間、次の設問を書き始めるととても20行では収まらず、かなりオーバーした上、読み返してみると何が言いたいのか、自分でも分かったような、分からないような、簡潔というには程遠い解答になってしまいましたsweat01 もちろん書き直す時間は全くなく、「せめてあと10分あったらな〜」と思いながら泣く泣く提出するはめに。

実は何を隠そうこれも、カント様の問題。う〜、くやしいなぁ。カントに嫌われてる私?でも、気を取り直して次に進むことにしますhappy01


Onpub

追記 

どうやら、ワタクシ問題の条件を読み間違っていたようです(涙) 「20行程度」ではなく、「20行以上」記入というのが条件だったようで、20行をオーバーするのは全く問題ないようです。ということは、1問目もまずいかも〜 ひぇ〜sweat01

2015-02-26

「西洋哲学史II」 レポート完成

かなり時間がかかってしまいましたが、「西洋哲学史II」のレポートが完成しました。課題は西洋哲学史上の7つの古典的著作の中から一つ選び、自らテーマを設定して論じるというもの。さらにそのテーマを現代の問題と結び付けて論じよというおまけつきsweat01

著作もデカルト、カント、ルソー、ミル、ハイデガーなど、そうそうたる方々の作品が指定されており、どれにしようか結構悩みました。気になる作品にざっと目を通した結果、デカルトとカントで迷いに迷って、おまけが書きやすそうだったカントの『道徳形而上学原論』で仕上げました。

それにカントは夏スクでも、夜スクでも取り上げられたにのに、「美学ES」「倫理学」両試験ともに、思うように論述できなかった哲学者でした。なのでリベンジの意味もこめて(笑)

スクーリングで教えて頂いたからかもしれませんが、『道徳形而上学原論』は指定された著作の中では、わかりやすい方じゃないかな〜って思います。ただ、主に夏スクでは『実践理性批判』についての、夜スクでは『判断力批判』についての講義だったので、直球ど真ん中ストライクではないのですが、カントが言わんとしたかったことは、わりとすんなり入ってきましたhappy01

これら3つの著作の中で『道徳形而上学原論』は一番最初に書かれたものなので、後に書かれた作品よりも基本的な概念が綴られているからかもしれません。それに、「霊魂の不死」や「神の現存在」の要請というような事柄は『道徳形而上学原論』には出てこないので、途方に暮れることもなく読み進められたのが◯でした。

何よりこの作品は読み終わった後、心が洗われるようなさわやかさと謙虚な気持ちを運んできてくれたので、すっかり忘れていたこんな気持ちを思い起こさせてくれてありがとうございますheart04という気分になりましたconfident

カントの墓碑には『実践理性批判』の結びにも使われている、次の言葉が刻まれているそうです。

 我が上なる星空と、我が内なる道徳法則、
      我はこの二つに畏敬の念を抱いてやまない

全宇宙を秩序づける自然法則と人間の理性の中にある良心という道徳法則に対し、感嘆と崇敬の念をもったカントの高まりゆく気持ちは、素直に理解できました。

未だに純粋実践理性の要請を行ったカントの気持ちは理解できないけれど。まだまだ要修行ですbleah

記事検索

無料ブログはココログ