スケジュール

  • ▷Eスクレポート提出期限
      6月10日(月)まで
       あと 

    ▷Eスクーリング
    4月15日(金)〜6月10日(金)

    ▷第II回科目試験
    7月2日(土)〜3日(日)

    ▷夏期スクーリング I期
    8月5日(金)〜10日(水)

    ▷夏期スクーリング II期
    8月12日(金)〜17日(水)

    ▷夏期スクーリング III期
    8月19日(金)〜24日(水)

文献リスト

修得単位

  • [総修得単位数]
     項  目   修得単位数  
    総合教育科目 Bronze Crown 48/48
    専門教育科目 59/68
    修得単位合計 107/116
    (内スクーリング 34/42迄)


  • [専門教育科目]
    科  目 年度  単位 
    –第1類
    論理学(L)   '13 2
    科学哲学   '13 4
    社会学史II   '13 2
    社会学史I   '14 2
    都市社会学(L)  '14 2
    哲学史SS  '14 2
    倫理学(専門)SS  '14 2
    美学ES  '14 2
    総合講座ES   '14 2
    倫理学 '14 2
    西洋哲学史I '14 4
    現代倫理学の諸問題 '15 4
    近代日本と福澤諭吉 '15 2
    哲学史SS '15 2
    西洋哲学史II '15 3

    必修科目合計 Silver Crown 37/28 

    –第2類
    西洋史概説 I   '12 2
    西洋史概説-E '13 2
    史学概論 '13 2
    西洋史概説 II   '14 2
    オリエント考古学   '14 2
    西洋史特殊I   '14 2

    –第3類
    ロシア文学   '14 2
    英語学-E '14 2
    ドイツ語学文学SS  '14 2
    近代ドイツ演劇 '15 2
    ドイツ語学文学SS  '15 2

    選択科目合計 22   

    専門科目合計 59/68 
    (内スクーリング 20/28迄)


  • [総合教育科目]
    科  目 年度   単位 
    –人文科学分野
    歴史(西洋史) '12 2
    歴史(東洋史)SS '12 2
    論理学(A) '13 4
    哲学ES '13 2
    近代思想史ES '15 2

    –社会科学分野
    社会科学概論SS '12 2
    社会学(A) '13 4

    –自然科学分野
    自然科学概論-E '13 2
    自然科学特論A-ES '15 2

    認定単位 18

    3分野科目合計 Bronze Crown 40/40 

    –英語
    英語I '12 2
    英語II '12 2
    英語VII '12 2
    英語R SS '13 1
    英語W SS '13 1

    必修外国語合計 Bronze Crown 8/8 

    総合科目合計 Bronze Crown 48/48 
    (内スクーリング 14/14迄)

1類: 社会学史I

2014-05-21

2014 第I回科目試験結果

大雨の中、恒例の「白 x 水色」の封筒が届きました。今回はkcc-channelで確認する前に封筒を手にしたので、ドキドキしながら開封すると、(←この緊張感はやっぱり捨てがたい)

      社会学史I    2単位  A
      ロシア文学    2単位  A

という結果。久しぶりに、オールAでの(と言っても、2科目だけど)合格shineで、4単位ゲットです。kcc-channelにもちゃんと反映されていました。

mori-no-ie

「社会学史I」は想定外の設問だったものの、テキストを読めば問われていることは分かる問題でした。持ち込み可なので、該当箇所を要約すればOKだったので納得ですが、「ロシア文学」は温情ある採点ですnotes

なんせ、カラムジーンをカラムージン、プーシキンをプーキシンと書いちゃったワタクシsweat02試験終了まで間違った名前で覚えていましたcoldsweats01 ロシアの偉大な作家の名前は間違っちゃったけど、他はそれほど的はずれなことは書かなかった、ということにしておきます。

yamatsutsuji

「ロシア文学」は初めて挑戦した文学系の科目でしたが、試験勉強では読んだことがない作品のタイトルとあらすじ、登場人物の名前を覚えるのに一苦労sweat01 しかも間違って覚えちゃうし(涙) でもなんとか記憶に残っている範囲のものが出題されてラッキーでした。

試験勉強で役に立った文献は、『ロシア文学史』です。いくつか解説書を読みましたが、これが一番丁寧で、分かりやすく、ロシア文学の潮流を掴みやすかったです。

2014-04-13

2014 第I回科目試験終了

今年度初の科目試験が終了しました。昨日が「社会学史I」で、本日が「ロシア文学」でした。残念ながら両科目ともさらっと目を通した箇所からの出題でしたhappy02

「社会学史I」は「自分の好きな学者でありますように!」と祈りつつ問題用紙に目を通すと、人物らしき名前はどこにも見当たらず、 「対応理論と同一理論の違いを述べよ」という問題。一瞬、「そんな用語テキストに載ってたっけ?」と思ってしまったワタクシcoldsweats01 幸いなことに持ち込み可の科目なので、テキストの該当頁を開くと同一理論の所にアンダーラインが引いてありました(苦笑)

しかし、この言葉、持ち込んだ『社会学小辞典』でも、『社会学』でも、電子辞書のブリタニカでもヒットせず、テキストだけを頼りに回答するしかない状態に陥り、しばしプチパニックにsweat01 かなりの時間をロスしてしまったのですが、気持ちを切り替えてテキストをじっくり読むと、パーソンズの理論とシュッツの理論を対比させればいいのだと分かり、どうにかこうにか、時間ギリギリで書き上げました。

white flower

「ロシア文学」も「19世紀の作家か作品が主題されますように!」と神頼みして臨んだのですが、これまた残念なことに18世紀からの出題でした。ただ誰の作品を論じてもOK、一つの作品を詳しく論じてもいいし、多数の作品を文学史の流れとともに論じてもOKという形式だったのはありがたかったですnotes

私の場合、複数の作品を論じると登場人物の名前をテレコにしちゃったり、収まりきらない可能性が大なので、一番印象に残っているカラムジーンに絞って、彼の代表作『哀れなリーザ』と彼がロシア文学史に及ぼした功績について、さらっと解答しました。(さらっとしか解答できなかったsweat01)個人的にはプーシキン、レールモントフ、ドストエフスキー、トルストイあたりにチャレンジしたかったんですけど(笑)

Mita campus

チャレンジしたかった社会学者やロシア文豪に挑むことができなくて、ちょっと残念ではあったのですが、試験終了後に学友と遭遇し、そんな気分もどこかへ吹っ飛びました。

先輩の皆さまは、5月の卒論指導に向け今まさにスパート時期で大変なご様子。卒論執筆の奮闘秘話を伺っていると、お気楽にお茶を飲んでいるのは私一人という感じでしたcoldsweats01  でも、他愛もない話も含め、いろんなお話を伺っているうちに、卒論執筆のイメージがなんとな〜く湧いてきて、卒論がちょっとだけ身近な存在に感じられた、貴重で楽しい時間でありましたhappy01

2014-03-08

「社会学史I」レポート返却

「社会学史I」のレポートが返ってきました。は、はやい!2月17日受付・3月6日返送のスタンプなので、2週間ちょとしか経っていません。このくらいで戻ってくると、自分が何を書いたのか覚えているので効率がいいですね。それに持ち込み可の科目なので、試験前に返却されるのはとってもありがたいです。

結果は、合格shine
「社会学史II」と同じ先生のサインで、コメント欄に

現代社会について権力の内在化という視点からていねいに考察がなされています。

と書かれてありました。

vernal flowers

「社会学史II」も同じようなコメントを頂いてほっとしたのですが、欲を言えば、「こういうところが足りないよ」とか「こんな視点もあるよ」というような、次につながるコメントを頂けるともっといいなconfident

あとは試験ですが、まだちょっと時間があるので『クロニクル社会学』で紹介されている文献の中で、気になったものを読んでみようと思います。

2014-02-17

「社会学史I」レポート & 配本申込書提出

三田図書館へ参考文献を返却しに行ったついでに、できたてほやほやの「社会学史I」のレポートと配本申込書を事務局へ提出するため、大学まで足を伸ばしました。普段どおり正門から三田キャンパスに足を踏み入れると、なんだかいつもとは違う空気がキャンパスを包んでいる・・・気がする。

奥へ進むにつれ、赤い腕章をつけたスーツ姿の人たちがあちらにも、こちらにも・・・。「な、なんだろう?」と思いつつ事務局へ向かって行くと、「試験会場案内」とか「受験生出入り禁止」という張り紙が・・・。なんと本日は慶応の一般入試の日だったのです!今まさに、本番真っ只中!そりゃ、張りつめた空気が流れてますよね。それにしても、思いっきり場違いなワタクシcoldsweats01

the Mita campus in February

「今日は事務局がお休みでも仕方がないなぁ」と思いながらも北館へ。けれどそんな心配は杞憂に終わりました。こんな大変な日でも事務局はちゃんと開いていて、受領スタンプをポンポンと押して下さり、両方とも無事提出することができました。ついでにPC用のレポート用紙を購入。

本当はその後、図書館を散策しようと思っていたのですが、さすがに今日は校舎に入ることはもちろん、メディアセンターも利用できない雰囲気だったので、おとなしく帰ることにしました。

the Mita campus in February

正門へ戻る途中、南校舎の1階のガラス窓に貼ってある「同伴者控室」という文字が目に飛び込んできて、保護者と思われる方々の姿がガラス越しに見えました。こんな日にうろうろしてても怪しまれなかったのは、保護者だと思われてたからなのねhappy02

「今ここにいらっしゃる方々は、万感の思いで、お子さんの健闘を祈っておられるんだろうなぁ」と思いつつ、 「今、問題と格闘しているすべての受験生が、最大限の力を出し切れますようにshine」とお祈りして、三田キャンパスを後にしました。

2014-02-15

はじめの第一歩

午後になってようやくお日様の光が差し込みましたが、先週や昨日と比べものにならない積雪に唖然呆然!「土曜日でよかったわ〜」と思っていたら、なんと学校がある日でした。しかも公開授業だというので、昨日に引き続き、またまた大雪の中出かけるはめにbearing

もちろん小学校に辿りつけない先生も沢山いらして、15cmほどの積雪の中、滑らないように足を踏みしめ必死でたどり着いた先に目にしたものは、自習風景の教室。遅れて先生が来られたものの、保護者が口々に、「休校の緊急連絡メールが入ると思っていましたよね〜」 (本心=なんで休校ちゃうねん!)と囁いていたのは秘密ですcoldsweats01

flower blooms in February

ということで午後から「社会学史I」のレポートの仕上げに着手。社会学史はIもIIもテキスト履修要項に4000字以内(誤差は1割)という指示があり、3600字〜4000字に収めなくてはならないのですが、昨日仕上がった第一稿は4068字でした。(おしい!) 少なくともあと68字、つまり3行分ほど削らなくてはならないので、とにかく推敲、推敲!

まずは、異なるトピックスが一つのパラグラフに入っていないか、パラグラフの先頭にこのパラグラフで自分が述べたい結論(Topic Sentence)が置かれているか、などなどをチェックしつつ、文を入れ替えたり、くどくど言い過ぎている部分をカットしたりして、なんとか字数内で完成させましたhappy01

flower blooms in February

そしてほっと一息ついたときにふと気づいたのは、今日は私にとって小さな記念日だったということ。「慶應通信で学べるといいなぁ」と入学願書を提出したのが、2年前の2月15日だったのです。早いものであれから2年。気分はまだまだ新入生なのですが、願書に取り組んでいる真っ最中の方々からみると、一応先輩に見えるんだろうなcoldsweats01

「この2年間、時間のやりくりや課題をこなすことが大変ではなかった」と言ったら嘘になりますが、目には見えない得たものたちの大きさを考えると、そんな大変さは取るに足らないものだと感じます。それもこれもちょうど2年前に、はじめの第一歩を踏み出せたら。

「レベル高そう・・・」とか、「書評がちょっと大変で、めんどくさいな・・・」とか、「やっていけるかな・・・」とか、そういう理由で迷われている方は、あくまで女の勘ですが、出願レベルは世間で言われているほど高くはないと思うので、2年前の私のように、まずははじめの第一歩を踏み出してみてはいかがでしょうか。

flower blooms in February

はじめの第一歩を踏み出したその日の夜に、ひっそり開設したこのブログも、― 度々更新を放置しているにもかかわらずsweat01(スミマセン) ― いろんな方が訪れて下さるようになりましたhappy01 こうして続けられているのは、ブログを通じていろんな方々と交流が図れることが、思った以上にモチベーションを保つ源泉になっているからにほかなりません。

これは直接言葉を交わしたり、コメントを交わした人たちはもとより、私が密かに訪れているブロガーの皆様との一方的な交流にも言えることで、記事を拝読しては「あぁ、あの人もこの人も、みんな頑張ってるな〜」という刺激が、私にエネルギーを与えてくれています。このブログも誰かにとってそうであってほしいと願いつつ、決してアタフタ記録の域を出ることはない内容ですが、3年目も引き続きよろしくお願いいたしますnotes

2014-02-14

「社会学史I」レポート第一稿完成

雪景色から始まった一日。朝方からシンシンと雪が降っていた模様snow こういう日に限って外出せねばならない用事があり、しぶしぶ外へ出た途端、いつも目にする風景とまるで違う一面銀世界に寒さを忘れる一瞬でした。

とは言え、外出先で長居は無用。こんな空模様の日は家でおとなしく「レポート日和!」ということで、すぐさま帰宅し、せっせと書き進め、先ほど「社会学史I」のレポート第一稿を完成させました。

a snowy day

テキスト『クロニクル社会学』の読書案内から選んだ書籍は、ミシェル・フーコーの『監獄の誕生 ―監視と処罰—』。これは以前から読みたかったものだったので、積読が一つ減りましたhappy01 フーコーの著書は難解だということなのですが、これはテキストも推薦しているとおり、初学者にも比較的分かりやすく書かれてある上、フーコーの代表作だけあって、内容もとても興味深く読み進めることが出来ました。

ただこの文献、書体と体裁が全くもっていただけません。77年発行ということもあり、超小さいフォントで二段組ときたもんだから、花粉と老眼が忍び寄ってきた近頃のワタクシにはかな〜り辛いものがありましたweep 読了するのに予想以上の時間がかかるわ、二段組みなので付箋を貼るとき上段下段の区別を色でしなきゃいけないわで、読みづらさと面倒くささのダブルパンチpunchimpact ようやく読み終え他の参考文献を手にしたときは正直ホッとしました。

a snowy day

ホッとした参考文献の中で面白かったのが、『現代思想の冒険者たち26 フーコー』。このシリーズは哲学者や思想家の著書の解説だけでなく、その人となりを紹介していることで定評があるのですが、この本もフーコーの生い立ちから始まっていて、私のようにまったく予備知識のない人間にとっては、ありがたい本でした。

確か『史学概論』で、歴史書を読むときには、「その歴史書を書いた人物がどのような立ち位置なのかを学んでから読むべし」というようなことが書かれてあったと思うのですが、これは歴史に限らずどの分野にも当てはまることですもんね。ということで、明日も大雪のようなので、ひたすら家にこもってレポートを完成させたいと思います。

記事検索

無料ブログはココログ