スケジュール

  • ▷Eスクレポート提出期限
      6月10日(月)まで
       あと 

    ▷Eスクーリング
    4月15日(金)〜6月10日(金)

    ▷第II回科目試験
    7月2日(土)〜3日(日)

    ▷夏期スクーリング I期
    8月5日(金)〜10日(水)

    ▷夏期スクーリング II期
    8月12日(金)〜17日(水)

    ▷夏期スクーリング III期
    8月19日(金)〜24日(水)

文献リスト

修得単位

  • [総修得単位数]
     項  目   修得単位数  
    総合教育科目 Bronze Crown 48/48
    専門教育科目 59/68
    修得単位合計 107/116
    (内スクーリング 34/42迄)


  • [専門教育科目]
    科  目 年度  単位 
    –第1類
    論理学(L)   '13 2
    科学哲学   '13 4
    社会学史II   '13 2
    社会学史I   '14 2
    都市社会学(L)  '14 2
    哲学史SS  '14 2
    倫理学(専門)SS  '14 2
    美学ES  '14 2
    総合講座ES   '14 2
    倫理学 '14 2
    西洋哲学史I '14 4
    現代倫理学の諸問題 '15 4
    近代日本と福澤諭吉 '15 2
    哲学史SS '15 2
    西洋哲学史II '15 3

    必修科目合計 Silver Crown 37/28 

    –第2類
    西洋史概説 I   '12 2
    西洋史概説-E '13 2
    史学概論 '13 2
    西洋史概説 II   '14 2
    オリエント考古学   '14 2
    西洋史特殊I   '14 2

    –第3類
    ロシア文学   '14 2
    英語学-E '14 2
    ドイツ語学文学SS  '14 2
    近代ドイツ演劇 '15 2
    ドイツ語学文学SS  '15 2

    選択科目合計 22   

    専門科目合計 59/68 
    (内スクーリング 20/28迄)


  • [総合教育科目]
    科  目 年度   単位 
    –人文科学分野
    歴史(西洋史) '12 2
    歴史(東洋史)SS '12 2
    論理学(A) '13 4
    哲学ES '13 2
    近代思想史ES '15 2

    –社会科学分野
    社会科学概論SS '12 2
    社会学(A) '13 4

    –自然科学分野
    自然科学概論-E '13 2
    自然科学特論A-ES '15 2

    認定単位 18

    3分野科目合計 Bronze Crown 40/40 

    –英語
    英語I '12 2
    英語II '12 2
    英語VII '12 2
    英語R SS '13 1
    英語W SS '13 1

    必修外国語合計 Bronze Crown 8/8 

    総合科目合計 Bronze Crown 48/48 
    (内スクーリング 14/14迄)

1類: 都市社会学

2014-08-29

2014 第II回科目試験&Eスク結果

7月に受けた科目試験の結果とEスクの成績がkcc-channelに反映されていました。類別にソートされていないこともあって、単位が増えてくると該当科目を探すのが結構大変です。

受験したのはテキスト2科目とEスク1科目の計3科目でしたが、予想外のできで合格shineしていましたhappy01

      都市社会学(L)    2単位  A
      オリエント考古学    2単位  A
      英語学-E    2単位  A

実は「都市社会学(L)」と「オリエント考古学」は家に帰ってから、「しまった!を書き忘れちゃったhappy02」というものがあり、Aは無いだろうと予想していただけに、びっくり!

「これで夏休み最後の週末を気分よくゆったり過ごせますnotes 」と言いたいところですが、まだレポが仕上がっていないので、そういう訳にはいかないのが悲しいトコロsweat01 でもあと2日、気分よくレポに集中できそうです。

2014-06-06

「都市社会学」レポート返却

「都市社会学」のレポートが帰ってきました。これまでに社会学系のレポートは4本提出しましたが、どれも2週間ちょっとでの返却でありがたかったのですが、今回は昨年度の課題で臨んだのでなおさらです。

結果は無事合格shineで、まずはほっと一安心。評価項目はチェックなし。

形式・内容ともしっかりとしたものとなっています。

というコメントを頂きました。優しい先生なんだと思いますが、「少しづつ、レポートの形式が身についてきたのかな」な〜んて思ってしまう嬉しいコメントでしたhappy01 ただ、

もう少し論を展開できれば、より良くなると思います。

というアドバイスも頂きました。

確かに課題図書の要約に字数が割かれていて、それを踏まえての論が最後にちょこっと述べるにとどまってしまい、自分でも中途半端だなぁと感じていました。でもこれ以上、論を展開すると4000字を思いっきりオーバーしちゃうので・・・と言い訳してみたり(^^;

『レポートの組み立て方』で木下先生がおっしゃっている、「必要ギリギリの要素は何々かを洗いだし、それだけを、切り詰めた表現で書く、一語一語が欠くべからざる役割を負っていて、一語を削れば必要な情報がそれだけ不足になる」 そんな理想のレポートが書けるようになるには、まだまだ修行が必要です。

2014-05-11

「都市社会学」レポート完成

予定より2日遅れて、「都市社会学」のレポートを完成させました。昨日の段階で、4,000字を若干オーバー。1割以内だったので普通ならこれで提出なのですが、社会学系は4,000字以内というお達しがあるので、ちょこちょこ削って、3,929字で完成です。ギリギリセーフsweat01 毎度毎度、4,000字以内に収めるのに一苦労です。

課題は藤田先生の「『都市の論理』を読んで、都市社会と権力の関係について論じよ」という2013年度のもので臨みました。有効期限のことを考えると今年度の課題の方がリスクは低いのですが、「社会学史I」でフーコーの権力論について学んだので、今度は我が国の研究者の権力論を学びたいなと思ってconfident

suiden

『都市の論理』『都市と権力』を一般向けにしたものだけに読みやすく、「都市と農村のパラドックス」というテーマを読んだときは、都市にしか住んだことがない私は、なんもと複雑な気持ちになったりもしましたが、都市がどのように形成されていくのかということや権力の本質についてを知ることができ、得るものが多い文献でした。

何よりの収穫は、都市を否定したポル・ポト政権の支配が暴力という手段でしか帰結しえなかった理由が論理的に説明されていて、目から鱗というか、「あぁ、そういうことなのか」と、とても勉強になりました。

2014-05-07

「都市社会学」レポート着手

ゴールデンウィークは大阪の友人が遊びに来てくれて旧交を温めたり、家族であちこち出かけたりと、目一杯遊んであっという間に終わってしまいました。従いまして、お勉強はほとんど手付かず。「オリエント考古学」の参考文献をちょこっと読み進めることができた程度ですsweat01 連休中はEスクの配信がなかったので助かりましたが、連休明けの本日はしっかり7〜9回目がアップされており、まるで通教生活再開の合図のようでしたcoldsweats01

mugi-batake

しかし今日は、Eスクはお休み。「都市社会学」のレポートに着手し、序論と1章、2章を書き上げました。連休前にテキストと参考文献を読み終え、アウトラインをほぼ完成させていたので、あまり間をあけると忘れてしまいそうでsweat01 今のところ2000字ちょっとなので、字数的にはいい感じです。金曜日までに3章と結論を書き上げ、序論を修正して完成にこぎつけたいと企んでいますが、木曜・金曜ともに予定が入っているので、仕上がるかどうか微妙coldsweats01

komorebi-no-sato

何故か5月は平日も週末もいろいろ予定が入ってしまい、Eスクを溜めずに聴講しつつ、「オリエント考古学」のレポにさっさと取りかからないと、間に合わない能性が大sweat01 昨年もそうでしたが、テキスト科目にEスクが入ると一気に慌ただしくなってしまいます。少なくともレポ締め日の26日までは、自転車操業が続きそう。けれど「英語学」も「オリエント考古学」も面白いと思える科目なので、焦りながらも楽しめそうですnotes

記事検索

無料ブログはココログ