スケジュール

  • ▷Eスクレポート提出期限
      6月10日(月)まで
       あと 

    ▷Eスクーリング
    4月15日(金)〜6月10日(金)

    ▷第II回科目試験
    7月2日(土)〜3日(日)

    ▷夏期スクーリング I期
    8月5日(金)〜10日(水)

    ▷夏期スクーリング II期
    8月12日(金)〜17日(水)

    ▷夏期スクーリング III期
    8月19日(金)〜24日(水)

文献リスト

修得単位

  • [総修得単位数]
     項  目   修得単位数  
    総合教育科目 Bronze Crown 48/48
    専門教育科目 59/68
    修得単位合計 107/116
    (内スクーリング 34/42迄)


  • [専門教育科目]
    科  目 年度  単位 
    –第1類
    論理学(L)   '13 2
    科学哲学   '13 4
    社会学史II   '13 2
    社会学史I   '14 2
    都市社会学(L)  '14 2
    哲学史SS  '14 2
    倫理学(専門)SS  '14 2
    美学ES  '14 2
    総合講座ES   '14 2
    倫理学 '14 2
    西洋哲学史I '14 4
    現代倫理学の諸問題 '15 4
    近代日本と福澤諭吉 '15 2
    哲学史SS '15 2
    西洋哲学史II '15 3

    必修科目合計 Silver Crown 37/28 

    –第2類
    西洋史概説 I   '12 2
    西洋史概説-E '13 2
    史学概論 '13 2
    西洋史概説 II   '14 2
    オリエント考古学   '14 2
    西洋史特殊I   '14 2

    –第3類
    ロシア文学   '14 2
    英語学-E '14 2
    ドイツ語学文学SS  '14 2
    近代ドイツ演劇 '15 2
    ドイツ語学文学SS  '15 2

    選択科目合計 22   

    専門科目合計 59/68 
    (内スクーリング 20/28迄)


  • [総合教育科目]
    科  目 年度   単位 
    –人文科学分野
    歴史(西洋史) '12 2
    歴史(東洋史)SS '12 2
    論理学(A) '13 4
    哲学ES '13 2
    近代思想史ES '15 2

    –社会科学分野
    社会科学概論SS '12 2
    社会学(A) '13 4

    –自然科学分野
    自然科学概論-E '13 2
    自然科学特論A-ES '15 2

    認定単位 18

    3分野科目合計 Bronze Crown 40/40 

    –英語
    英語I '12 2
    英語II '12 2
    英語VII '12 2
    英語R SS '13 1
    英語W SS '13 1

    必修外国語合計 Bronze Crown 8/8 

    総合科目合計 Bronze Crown 48/48 
    (内スクーリング 14/14迄)

1類: 科学哲学

2014-03-02

2013年度 第IV回科目試験結果

今週一週間、出席停止だった息子の熱がようやく下がったものの、咳がひどいので土曜の朝一番で病院へ。待合室は超満員で、インフルエンザはまだ収束していないことを実感。今年のインフルエンザは発熱の症状がない方もいるそうなので、要注意とのこと。「なんかヘンだな、だるいなと思ったら即、受診!」とお医者さまから言われました。

さて病院から戻るといつもの「白 x 水色」の封筒が届いていました。でも、今回はkcc-channelですでに確認していたので、いつものようにドキドキすることもなく(ちょっと寂しい)開封すると、成績欄に記されていたとおりの文字が。何はともあれ、今年度最後の科目試験を合格shineで締めくくることができてよかったです。

      社会学史II    2単位  A
      科学哲学    4単位  B

ただ、まったく勉強しなかった分野から出題された「社会学史II」がAで、レポート課題と同じ分野、つまり少しは勉強した分野から出題された「科学哲学」がBってどうなのよって感じsweat01 「普通逆だろっ!」と突っ込むところですが、予想と違うのもこれまた慶應通信の醍醐味ですね。それにしても「社会学史II」はびっくりですが、「科学哲学」は何か大切なポイントを書き落としてるわけで、何を書かなきゃいけなかったんだろ〜、知りたいよ〜。

などと思うところは色々ありますが、6単位ゲットshineとなり、これで修得単位は58になりました。巷でK点と言われる116単位のちょうど半分、ようやく折り返し地点です。今年度を振り返ると、11科目26単位(うちスクーリング 5科目8単位)の修得という結果に。

初年度が7科目14単位(うちスク―リング 2科目4単位)だったので、数字だけを比べると今年度は結構頑張ったように見えますが、初年度は制度上、科目試験が3回しか受けられず、かつ、Eスクも受講できないので、それらを勘案すると、まぁ同じようなペースだったのかな。今年度は夜スクも受講できたしねhappy01 だた、二年連続、レポが年度内に合格せず、持ち越しとなっている科目が1科目あって、ともに歴史関係なのが必然と言えば必然なのかしらcoldsweats01

四半期毎にテキスト科目とスクーリング科目、合わせて3科目の学習というのが今年度のパターンでしたが、このくらいの分量が私にはちょうどいいようです。ただ、来年度はこのペースを守ることよりも、もう少し深い勉強をすることに重点を置きたいな、置かなきゃな、と思っている今日このごろです。

2014-01-27

2013年度 第IV回科目試験終了

2013年度第IV回科目試験が終了しました。2科目とも持ち込み可で、暗記の必要が無いにもかかわらず、「かろうじて理解しているところが出題されますように!」と、今回も神頼みで臨んだ試験となってしまいましたsweat01 反省。

特に「科学哲学」は量化理論、確率あたりが出題されたら手も足もでなかったと思うのですが、ラッキーなことに進化からの出題だったので、回答することが出来ましたnotes

テキストも参考にしましたが、自分が作成したレポートとアウトラインが一番役に立ちました。レポートが試験前までに返却されたことに感謝です。こういうラッキーなケースもあるので、持ち込み可の場合これらを持ち込むことをおススメします。

Mita campus

「社会学II」は「科学哲学」と比べるとまだテキストが理解できたので、「科学哲学」よりは安心して臨んだのですが、持ち込んだレポートも参考文献も電子辞書も役に立ちませんでしたbearing というのも全く予期していなかった、音楽を切り口にした出題だったから。

テキストで簡単に触れられてはいたものの、じっくり考えることのなかった箇所でした。音楽が趣味な私にとっては興味深い内容ではあったのですが、そんな私でも「そういえば、私、この平均律で苦労したのよね〜。ピタゴラスの音階で弾きなさいって言われ続けて。ウェーバーは音楽も研究してたのか。いつか文献を読んでみたいな〜」と思っただけでスルーしてしまいましたcoldsweats01

Mita campus

テキストの該当箇所を穴があくほど読み返しましたが(と言っても2頁ちょっとなのですぐに読めちゃう)、間接的な答えは書かれてあるものの、因果関係を記した記述が見当たらないsweat02 ウェーバーの『音楽社会学』に目を通していれば答えられるんでしょうが、読んでないのでお手上げです。

仕方がないので間接的な答えに辿り着くよう、私が持っている音楽の知識から想像して、いえいえ、論理的な推論をして(ホンマか?) 答えをどうにか書いてみましたが、全くもって自信なしです。

いやー、まさかこんな問題が出るなんて・・・って感じで終わった、2013年度最後の科目試験でありましたcoldsweats01

2014-01-11

「科学哲学」レポート返却

「科学哲学」のレポートが返却されました。開封して真っ先に目に入ったのは、2013年度改訂版講評欄(裏表紙)を使用して下さい。という赤いスタンプ文字と、左に貼り付けてある課題用紙の「選択した番号に◯印を付すこと。」という箇所に引かれたアンダーラインcoldsweats01 思わず「す、すみません!」

「でも、家にある旧講評欄は全て破棄したはずなのに、なんで!?」と思ってチェックすると、新たに購入したレポート用紙の講評欄がまだ旧版だったのです。まぁ、普通は見れば分かるはずなのですが、最終日に慌てて提出するとこういうことになリますsweat01 今年の目標に「レポートをルールに則って送付する」も付け加えよう。

Oshinohakkai

新年早々、ダメ出しで始まった慶応通信でしたが、レポートの結果は合格shineと読みやすい丁寧な字で記されていて、サインがフルネームで書かれてありました。フルネームのサインは初めてだったので、なんだか新鮮confident

講評欄を見ると旧講評欄にはバツ印がされて使用されておらず、わざわざ改定版をつけて下さっていました。(ありがとうございます。) 評価項目にチェックはなく、コメント欄にはPCで作成したものが貼り付けられていました。

進化の要因としてA, B, C, Dを取り上げ、具体例も交えながらきちんと解説しています。

Oshinohakkai

進化要因はいろいろな説があり、どれに焦点を当てて論ずるべきか悩んだのですが、テキストをじっくり読み込んで、夜スクの先生にご紹介頂いた『進化論の射程』に目を通したおかげで、ある程度絞ることが出来ました。やっぱり先生のアドバイス力は違います。いつでも先生に質問・相談ができるという点では通学生が羨ましい。でも通学生の時はそんなことしないんですよね(笑)

コメントはとてもシンプルだったのですが、レポート本文に沢山書き込みがありました。キーワードだと思われる文字は◯で囲まれ、キーセンテンスと思われる箇所にはアンダーライン。

こういう印があると、「あぁ、この語句やこの文章が大切なんだな」と再認識することができて、今後のレポート作成のための勉強にもなり、とってもありがたいですnotes

2013-11-29

両レポート投函

「科学哲学」と「社会学史II」のレポートを、いつものように特定記録で送りました。一緒に送ったので、切手代175円の節約也notes

「科学哲学」の課題であった進化は、例えば量子力学のように馴染みの無い言葉でもないし、なんとなく知ってるよ〜って感じだったのですが、こんなにも数学的手法を駆使して、理論化される分野だったことに驚きました。また、集団遺伝学のことを学んでいくうちに、もう一つの課題であった、確率のこともやっぱり学びたいな〜と思いました。

そして、進化という分野の特徴は進化そのものが起こっている瞬間を、この目で確かめられないこと。現象が観察できないという点が、同じ科学という分野でも物理学や天文学と大きく異なるところで、過去の出来事を観察することができない歴史と同じ立場だという点が興味深かったです。

「社会学史II」はあれから、ちょこちょこ変更を加え、結論部を修正して完成させました。課題は、選択したウェーバーの文献の要約と、その書物の観点から現代社会について論じるという2点ですが、後半部はのびのび自由に論じることができて楽しかったですnotes 多分、いままでの中で一番自分の言葉で述べることができた、レポートなんじゃないかな。

こんなことができたのも、前から書きたいと思っていたことがあったからですが、ぼんやりしていたものに、はっきりとした輪郭を与えてくれたのが、先日観に行った「ハンナ・アーレント」の根底に流れているテーマでした。「西洋史概説II」のレポの参考のために見に行ったのに、思いもかけず「社会学史II」でも役立ってラッキーhappy01

ただ、好き勝手に論じすぎて、無理やり書物の観点に結びつけてる感もなきにしもあらずなのですがcoldsweats01 結論部を変更したのは、「散々好き勝手言うだけで、あなたが提示した問題についてどうすべきがが述べられていない」と言われそうだったので、解決の糸口になるんじゃないかなと思うものを提示して、結論としました。どんなコメントが帰ってくるか楽しみです。

2013-11-27

「科学哲学」レポート完成

「科学哲学」のレポート課題は、「進化」または「確率」から一問選択というもの。「確率の概念が分かったら面白いだろうな〜」とちらっと思ったものの、自分の数学的センスを冷静に判断して進化の方にしました。それに今年度のEスク「自然科学概論」で遺伝や遺伝子についてしっかり学んだので、進化がテーマだとこの知識をガッツリ活かせるしhappy01

ということでまずはテキストに目を通してみることに。西脇先生のテキストなので数式やBoxが出てくるのは覚悟していたのですが、「む、むずかしいやんか!レポート書けないかもsweat01」と焦ったワタクシ。

でもテキスト巻頭に「学部3、4年生、そして大学院の修士課程の学生を主な対象としている」とあるし、「テキストは読者に考えながら読み進めてもらいたいために、言葉を尽くして丁寧に叙述するのではなく、疑問や推測を呼び起こすようにあえて省いて書かれている」とあるので、すんなり理解できるテキストではないのだと、気を取り直し自分を励ましつつ読んでいきました。

いくつか参考文献も読んでいたのですが、「やっぱり、これじゃあ、レポ書けないわ〜」と思い、夜スクのY先生に文献の紹介をお願いしたところ、「そのテーマなら、スバリこれでしょう!」と教えて頂いたのが、エリオット・ソーバーの『進化論の射程』。何がすごいかって、この文献、西脇先生のテキストとみごとにリンクしているのです! Y先生は西脇先生に師事されていたので、このあたりは「あ・うん」の呼吸なのでしょうけれど。ちなみにソーバー氏もBox使いでありました(笑)

考えてみると『科学哲学』は500頁ほどあるテキストですが、科学哲学で扱うカテゴリーをほぼ詰め込んでいるので、例えば進化に関しての記述は、第一部、第二部合わせても70頁ほどしかないわけで、詳しい説明は割愛されています。

見方を変えると、エッセンスだけが書かれてあるテキストの内容に注意して、テキストとリンクしている詳しい文献を読めばとっても理解しやすいわけで。進化でレポを書かれる方は、必読ですよんnotes

この文献に出会ったことで筆が進み「社会学史II」よりも早く仕上がっちゃいました。「社会学史II」は結論を少し変更する予定です。

記事検索

無料ブログはココログ