スケジュール

  • ▷Eスクレポート提出期限
      6月10日(月)まで
       あと 

    ▷Eスクーリング
    4月15日(金)〜6月10日(金)

    ▷第II回科目試験
    7月2日(土)〜3日(日)

    ▷夏期スクーリング I期
    8月5日(金)〜10日(水)

    ▷夏期スクーリング II期
    8月12日(金)〜17日(水)

    ▷夏期スクーリング III期
    8月19日(金)〜24日(水)

文献リスト

修得単位

  • [総修得単位数]
     項  目   修得単位数  
    総合教育科目 Bronze Crown 48/48
    専門教育科目 59/68
    修得単位合計 107/116
    (内スクーリング 34/42迄)


  • [専門教育科目]
    科  目 年度  単位 
    –第1類
    論理学(L)   '13 2
    科学哲学   '13 4
    社会学史II   '13 2
    社会学史I   '14 2
    都市社会学(L)  '14 2
    哲学史SS  '14 2
    倫理学(専門)SS  '14 2
    美学ES  '14 2
    総合講座ES   '14 2
    倫理学 '14 2
    西洋哲学史I '14 4
    現代倫理学の諸問題 '15 4
    近代日本と福澤諭吉 '15 2
    哲学史SS '15 2
    西洋哲学史II '15 3

    必修科目合計 Silver Crown 37/28 

    –第2類
    西洋史概説 I   '12 2
    西洋史概説-E '13 2
    史学概論 '13 2
    西洋史概説 II   '14 2
    オリエント考古学   '14 2
    西洋史特殊I   '14 2

    –第3類
    ロシア文学   '14 2
    英語学-E '14 2
    ドイツ語学文学SS  '14 2
    近代ドイツ演劇 '15 2
    ドイツ語学文学SS  '15 2

    選択科目合計 22   

    専門科目合計 59/68 
    (内スクーリング 20/28迄)


  • [総合教育科目]
    科  目 年度   単位 
    –人文科学分野
    歴史(西洋史) '12 2
    歴史(東洋史)SS '12 2
    論理学(A) '13 4
    哲学ES '13 2
    近代思想史ES '15 2

    –社会科学分野
    社会科学概論SS '12 2
    社会学(A) '13 4

    –自然科学分野
    自然科学概論-E '13 2
    自然科学特論A-ES '15 2

    認定単位 18

    3分野科目合計 Bronze Crown 40/40 

    –英語
    英語I '12 2
    英語II '12 2
    英語VII '12 2
    英語R SS '13 1
    英語W SS '13 1

    必修外国語合計 Bronze Crown 8/8 

    総合科目合計 Bronze Crown 48/48 
    (内スクーリング 14/14迄)

2類: 史学概論

2013-09-06

『論文の教室』 −史学概論あれこれ2

慶應通信で初めて不合格で戻ってきたレポートが「史学概論」だったわけですが、入学してから半年程たった頃で、それまでに仕上げたレポは、実質「歴史(西洋史)」のみだったこともあって、当時の私はかなり途方に暮れていました。というのも評価項目も、チェックされている上4つ全てDという端にも棒にもかからないレポートだったにもかかわらず、コメント欄にはほんの一言二言のアドバイスしかなかったからhappy02

困り果てていたときに出会ったのが『論文の教室』という指南書でした。とにかく先生のアドバスだけでは、どこをどう改善すればいいのか今ひとつわからず、何か少しでもヒントを掴めればと藁にもすがる思いで手にしたのですが、本書の「はじめに」を読んだ段階でそんな悲壮感はどこかえ消え去って・・・。

本文を読み始めてすぐに「一体この著者はどんな人物なんだ!」とプロフィールをチェックし、「出版社はどこなんだ!」とおくづけをチェックしてしまった私。そうしたらなんと、著者は東京大学卒、同大学院へ進まれた方で現名古屋大学教授、出版社はNHKブックスと、凡人の私からすると超優等生真面目コンビだったのにびっくり!こんなふざけた、もとい、私のレベルに合わせて説明してくれる指南書は初めてだったので、何度もゲラゲラ笑いながらあっという間に読了してしまいました。

そして著者が指摘したことを踏まえて(つもり)、作成した「史学概論」の再レポがまたまたDで戻ってきたので、思わず

「前略 戸田山先生、先生ご自身が絶賛なさっている『論文の教室』を熟読して作成したレポートですが、なぜか不合格で戻って参りました・・・」

とお手紙を出そうかと思ったほど。でも

「それは残念でした。でも内容をきちんと理解されていないからだと思われます。本書をもう一冊買って、丹念に読んでみて下さい。こんどはうまくいくかもしれません」

という返事が来ることが予想されたのでやめておきました。もちろん再投資は行いませんでしたが、再度『論文の教室』を読んで提出した再々レポはなんとか合格。ようやくこの記事がアップできる運びに(笑)

著者のご専門は科学哲学で『論理学をつくる』という本も執筆されていて、論理学の知識をどのようにレポートに活かすかについてが、「論証のテクニック」という章で述べられていて参考になります。さらに、英語Wで教えて頂いたパラグラフライティングについても触れられています。

何と言ってもこの本の目玉は、作文ヘタ夫くんのレポートが掲載されていること!読むに耐えないお粗末なレポートがみごとな論文に変身するのですが、このbefore & afterは一見の価値ありです。そして何よりこの本は、不合格をもらってブルーになっている気分を一気に明るくしてくれるので、レポが不合格で戻ってきたときにオススメですnotes

2013-09-05

過去・現在・未来 −史学概論あれこれ1

1年と1ヶ月かけてようやく単位を頂いた「史学概論」。この科目はこれまで考えたこともなかったことを、私に考えさせてくれたという意味で、慶応通通信で学んだ中で思い出に残る科目の一つになると思います。

     「歴史とは何か」

そんな当たり前のことを改めて考えたことも無かったワタクシだったのですが、長い時間を費やしたおかげで今までの当たり前えを一旦脇に置き、これまで自分が思いもしなかったこと、考えもしなかったことに思いを馳せて、歴史の本質が何かということを学べたことは、とても大きかったです。

そしてもう一つ「史学概論」は私にあるエピソードを思い起こさせてくれました。ちょうど1年前の今頃、最初のレポートに取りかかっている時に、中学の一番最初の歴史の授業風景が甦ってきたのです。ベテランの男の先生でしたが、私たちに向かって開口一番

     「歴史は何のために学ぶのか?」

と問いかけてきたのです。まだ幼かった私たちは口々に、

     「過去の出来事を知るため」
     「偉人が成し遂げたことを学ぶため」

と返したのですが、しばらくたって先生は次のような意味のことをおっしゃいました。

     「もちろん、歴史は過去の出来事を学ぶ科目には違いないが、
       過去の出来事の中から現在と未来にとって
       役に立つ何かを見つけるために私たちは歴史を学ぶのだ」

Tokyo Solamachi

記憶に残っているので、琴線に触れた言葉だったのだと思います。でも、その後の歴史の授業は暗記、暗記でとても未来に役立つ何かを見つけるというものではなかったため、その大切な言葉はすっかりどこかえ消え去っていました。

ところが『歴史とは何か』の中で、カー氏も同じようなことを述べられていたため、30年以上前に聞いた先生の言葉を思い出すことが出来たのですが、レポートではこれが仇になりましたsweat01 このことにばかり気をとられてしまって、肝心なことを見逃してしまうことにcoldsweats01

もう少し冷静になって、テキストや参考文献を読み込んでいれば、こんなに長い時間はかからなかったかもと思ったり。決して難しいことを問われているわけではなく、考えてみれば歴史にかぎらず、当たり前のことが問われていました。

でもこの時間があったからこそ、Deep thinkingをすることになり、それが Deep understandingに繋がったのだと思います。だから、DはDeluxeのDshineなんだと。

そして、私はとても素晴らしい先生から歴史を教わっていたんだと気づいたり、そんな幼いころの思い出や「史学概論」に手をつけると、どうしても「アラベスク」が頭の中を駆け巡ることも手伝って、今まで履修した科目の中で印象深い科目となっています。

2013-08-31

「史学概論」再々レポ返却

夏スクのIII期がスタートしたその日、自宅に戻ると「史学概論」の再々レポが返却されていました。夏休み中に目を通して下さったようです。「どうか、三度目の正直でありますように!」と強く念じて封を切ると、願いが叶ってようやく合格shineを頂けました!嬉しーいnotes

コメント欄はとてもシンプルに二言。

    前回までに指摘した点は改善されたといえます。
    〜の点についてもよく考えてみて下さい。

1行目を読んでほっ。しかし、2行目を読んで「ひぇ〜、ここも言及しなきゃいけなかったの!!!」と目が点になりました。「史学概論」恐るべし。 どれだけ考察が求められる科目なのか!評価項目の欄にチェックはなかったものの、きっとレポの左上を見て、「次はもうホッキスでは留まらないようだし・・・」と、おまけ感満載で合格を出して下さった感じですcoldsweats01

fuji-no-mi

今回合格を頂いて分かったのは、主観の働きについて、前々回、前回のレポではきっちり言及&論証ができていなかったということ。そのためにはあるキーワードを使う必要がある(と思う)のですが、それがどこにも登場していなかった・・・。

でもテキストと『歴史とは何か』に初めて目を通した昨夏の段階で、そここそが肝心な点だとは、全くもって思いが及びませんでした。違うところにばかり目がいってしまってsweat01 なので「史学概論」のレポを一発で合格された方はすごいな〜と思います。

ということで、1年と1ヶ月かかってようやく「史学概論」の2単位をゲットすることができましたhappy01 な、長かった。kcc-channelにもちゃんと反映されていましたが、あれれ? なぜか履修年度が2012年になってるwobbly よ〜く見ると、2013年度に受験した「論理学(A)」と「社会学」も履修年度が2012年になっちゃってるよーsweat01 そのうち訂正されるかな?

2013-07-21

「史学概論」再々レポ完成

二度もダメ出しされた史学概論のレポートですが、ようやく再々レポを完成させました。初回レポに取り組んでいたのは昨年の7月なので、なんと1年がかりの長い長〜いおつき合いとなっておりますsweat01

前回のコメントを私的に言い直すと「やっとこさイイ線まできたけど、肝心なことが言及されてないから、E.H.カーの具体例を使ってきっちり論証してね」というものでした。なのですぐさま『歴史とは何か』を穴があくほど丁寧に読んてみたのですが、どの部分を引用すべきなのか、「さっぱりわからない・・・coldsweats01 これが4月のこと。

某大学の准教授なら20分もしないうちにピンと閃いて、サラサラと答えを書き出すのでしょうが、ワタクシときたら2ヶ月以上たっても閃かず、『歴史とは何か』を何度も彷徨い歩く、さすらい人となっておりました。悲しいことに、カー氏と私の相性は相当悪いようですweep

これ以上冷却期間をおいてもピンくることはないと思われるので、「ここかなー」 というか 「もうここしか思いつかないhappy02」という箇所をセレクトして、青息吐息で要求されていた論証を行なってみました。

とりあえず3つのレポを比べてみると、「この再々レポが一番いい仕上がりかなnotes」と、無理矢理にでも思えたので自信はないけど、明日指定用紙に印刷して提出することにします。どうか三度目の正直で合格で戻ってきますように(祈)

2013-04-02

「史学概論」再レポート返却

大学から届いていた最後の郵便物が、史学概論の再レポ。いつものようにドキドキしながら開封すると、またまた大きな読みやすい字ではっきりと、Dという文字が書かれてありました。が〜んcoldsweats01 (←ちびまるこちゃん タラリ・・・状態sweat02)  この分では、論理学よりも先に史学概論で先生との長い文通が始まりそうですsweat01

でも前回と違って、約5ヶ月ぶりに拝見する先生の懐かしい筆跡がコメント欄いっぱいに。「議論の方向性はまちがってはいません。しかし〜」とここから、まだ今ひとつ理解が十分でない点につき指摘があり、最後に「E.H.カーで用いられた具体例をつかってみてください」という趣旨のアドバイスがありました。

実は前回「なぜ歴史は〜なのか、その理由を説明する必要がある」という旨のアドバイスを頂いたので、論証不足だったと気付き、自分ではそこをきちんと盛り込んだつもりだったのですが、「届かなかったか」というのが正直な感想です。しかも、参考文献も肝心なところが引用できていないということですよね。トホホwobbly

それでも唯一の救いは「議論の方向性はまちがってない」とお墨付きを頂けたこと。でもこれ褒め言葉でもなんでもなく、ワタクシ的には 「前回のレポートは明後日の方向を向いたとんでもないものだったけど、ようやく設問の意図を正しく理解しましたね。」と書かれてあると理解。そう、前回のレポートは「構成理論は発見理論をどのように乗り越えたか」の部分で、思いっきり的ハズレなこと書いちゃってたので、もうホント、穴があったら入りたいというか、あのレポートなかったことにしてほしいほど。そういう意味では、一歩前進かなhappy01

前回はほぼ全面書き直しでしたが、今回はE.H.カーを再読(何回目?)し、指摘された章のみ書き直す予定。社会学の参考文献を一冊読み終え、二冊目にとりかかろうと思っていたのですが、『歴史とは何か』を先に読み進めることにします。ということで、慶応通信 2年目は 「Deluxeから始まる新年度」なのでしたhappy02

2013-02-07

2013年度学費納入

今日は防犯パトロール当番だったので、外出したついでに来年度の学費の振込と、昨日完成した「史学概論」の再レポを投函しに郵便局へ行ってきましたpostoffice 午後から太陽が顔を出したおかげで暖かく、まるで春の陽気。けれどもここ数日、花粉の気配を感じているワタクシですbearing

いつものように特定記録の手続きをお願いしたら、最寄りの郵便局でも、いつのまにかスキャナー読み取りになっていました! もう手書きの控えをもらえないのが残念な気もしますが、控え発行までの待ち時間が大幅短縮なので、ありがたいです。それに、まだ10円切手を追加しなくても大丈夫でした。再々レポになったら必要かなcoldsweats01

ところで来年度の学費って、今年度より2万円安いんですね。昨年と同額と勘違いして、12万円を用意していたので、なんだか得した気分です。って、別に得してるわけじゃないんだけどcoldsweats01  ともかくこれで、4月からも女子大生のワタクシhappy01

実は今年度、学生割引でPCを新調したり、アカデミック版のソフトを購入したりと、学生の特典を最大限活用しちゃいましたgood Officeのバーションが古すぎたので、最新版のOfficeの機能には大感激。レポ作成の効率が上がったのが一番のメリットでした。来年度は映画や美術館などで活用できるといいなぁ。

2013-02-06

「史学概論」再レポ完成

12月中に仕上げるはずだった史学概論の再レポが、ようやく完成しました。結局、科目試験終了後から手をつけることになったのですが、前回のレポは評価項目4つともD & 採点欄Dの Quintet-Deluxeだったのでcoldsweats01 「構成理論が直面する問題」以外の章は、一からアウトラインを組み立て直し、ほぼ全面書き直しました。

でも今回驚いたのは、一発で4,000字以内に納まったことと、「アウトライン作成→レポ書き直し→推敲→印刷」にかかったのが、月曜日から水曜日のたった3日間だったこと。予想よりかなり早く仕上がったので、取りかかってしまえば、初回レポほど時間がかからないものなんだなぁというのが、再レポ初体験のワタクシの感想です。たまたま今回だけかもしれないですけどcoldsweats01

しかしながら、史学概論のレポに取り組んでいたのは、暑かった夏の盛り。あのころの記憶なんてどこか遠いところへ飛んで行ってしまっていたため、テキストと参考文献の再読からスタートです。

12月初めに、履修要綱に紹介されていた『 歴史・レトリック・立証』を新たに読んだのですが、私には難しすぎてレポの役にはたちそうになく、テキストと以前読んだ『歴史とは何か』 『歴史の探究』を精読。これに時間がかかりましたが、時間をおいて再び同じ文献を読むと、前に読んだ時には見えなかったものが見えてきたりして、夏スクの時に社会科学概論の先生がおっしゃっていたことの意味がようやく分かった気分でしたnotes

「通信でDを取るのは悪いことではないですよ。というか、取らないとだめですよ。だってDを取らないと、深く勉強しないでしょう。」

はい、ごもっともなご指摘。またDだったらこの言葉を心の支えにしようと思いますが、前回より少しはまともなレポになっていると思う(いや、思いたいcoldsweats01)ので、どうか合格で戻ってきますように!

続きを読む "「史学概論」再レポ完成" »

2012-11-25

2012年度 第Ⅲ回科目試験結果

我が家にはなかなか配達されなかった第Ⅲ回科目試験の成績通知。今朝ポストを覗くと白地に水色の封筒がようやく届いていました。昨日かなり遅い時間に配達された模様です。いつものようにドキドキしながら開封すると

      史学概論  2単位  B
      英語Ⅶ 2単位  B

という結果。両科目とも合格shineでした!

しかし評価は同じですが、気分にかなり違いが(笑) 史学概論はレポで素敵なDeluxeを頂いているだけに「試験は通ってよかった〜happy01」と胸をなで下ろす心境です。もしかしたらレポ同様、試験でも設問の意図を的確に捉えていない解答をしたかもと内心ヒヤヒヤしていたのでcoldsweats01 一方英語Ⅶは一問間違ったのは把握しているのですが、あと一体何をやらかしたのかしらん?でも何かポカをやったんだと思います。そこを把握していないところが、残念というか情けないというかsweat01 でも合格なのでよしとします。

英語Ⅶの第2回レポートは、しばらく留守にしていた11月初めに戻ってきており、合格でしたが英語のレポには記されているはずの点数も書かれておらず、講評欄も真っ白。でも、満点ではありません。設問3-(1)の解答の横に、赤ペンで  「too short!!」とこれまたtoo shortなコメントを頂いておりますのでcoldsweats01 「それぞれ40字以内の日本語で」とあったので 7文字で答えたのですが、もう少し長い言葉で説明しないといけなかったみたいです。

ということで、英語Ⅶは2単位ゲットですshine 史学概論はこの試験結果を無駄にしないためにも、なんとかレポを合格させなければ!西洋史概説Ⅰのレポが終ったら取りかかろうかなと思っています。

2012-10-26

「史学概論」レポート返却

本日は抜けるような青空に金木犀の香りがふんわりと漂って、穏やかな秋晴れの一日となりました。心も軽やかに外出先から戻ると、大学から例のクラフト紙の封筒が届いていました。厚さから言って「史学概論」のレポートであることは中を開けなくても分りました。

いつものようにドキドキしながら開封すると、そこには大きな読みやすい字ではっきりと D の文字ng 気分はさわやかな秋晴れsunから一気に曇天cloudへ。初のレポート不合格を頂きましたweep

講評を見ると、評価項目も上4つのみのチェックですが全てDsweat02 これはもう端にも棒にもかからない、かなり独りよがりのレポだったことは明らかで、 コメント欄はアドバイスでぎっしりだろうと思ったら、「なぜ歴史は〜なのか、その理由を具体的に説明する必要があります。」のみでした。

う〜ん、再レポはこの部分のみを再考して提出すればいいのか、それとも講評項目の成績が成績なので、構成から全て仕切り直して提出すべきなのか、とても悩みます。でも、やっぱ再構成だろうな〜。

こうして不合格を頂くと、再レポの方を先に片付けたい衝動にかられますねcoldsweats01 このまま放置しておくのがなんだか中途半端な感じでsweat01 でも慶應通信では受験資格の切符を手にしなければ何も始まらないので、今は史学概論のことは忘れて、挑戦中のレポに注力しなくてはいけないのが何とも辛いところです。こういうことにも慣れていかないといけないのが慶應通信なんですね。

2012-10-13

2012年度 第Ⅲ回科目試験終了

高く澄み渡った青空が広がりました。本来なら行楽日和ですが粛々と試験を受けて参りました。今回は「英語Ⅶ」と「史学概論」の二科目なので、試験は本日で終了。ゆえに今は至福の時。一足早く開放感に包まれていますhappy01  明日試験のみなさま、頑張って下さいね!

二回目の今回は要領も掴めているので、少しは心の余裕があったかな。でも久しぶりの三田キャンパス。夏スクで日吉キャンパスのレイアウトが色濃く残っているせいもあり、食堂や生協の場所がとっさに思い出せませんでしたcoldsweats01  ハイ、ワタクシ、かなりの方向音痴です。

試験はどうだったかと言いますと、ペン書きの英語Ⅶ、練習したにもかかわらず、やはりいきなりのペン書きは厳しいと判断 、問題数を見ると少なめだったこともあり、薄く鉛筆で下書きをしてからペンでなぞって、最後に消しゴムをかけるという安全策で解答しました。にもかかわらず一カ所修正液を使う事態が発生し、もう乾いただろうと思って消しゴムをかけたら、文字は消えちゃうわ、周りは薄黒くなるわで「あちゃーsweat01」 なんとも汚い答案用紙になってしまい、英語とは違うところで精魂使い果たしましたwobbly とほほ。

問題自体はテキストを読んでいれば答えられるものでしたが、英語Ⅶは読解力、つまり国語力を問われる問題が曲者かな〜と思いました。

史学概論は鉛筆書きOKなので、天国のよう。しかも出題は文明史観に関するものnotes 『トインビー』 を読んでいた私にはラッキー問題です。ただ、逆に情報量が多すぎてテキストに書かれてあったことと、『トインビー』で書かれてあったことがごっちゃになってしまい、テキストだけに沿った解答ができなかった感も否めません。

それにテキストを読み返してみると、高尚な単語が並んでいます。意味は同じでも、私が書いた文章は「中学生の作文かっ!」っていうくらい易しい言葉しか使ってないので、呆れられちゃうかもsweat01 もう少し、大学生が使うべき単語を使って記述できるようにしないといけないなぁ、というのがテスト直しをしていての反省点(^^ヾ とはいえ、白紙解答は避けられたので良しとします。

今回は最後の時間帯までだったので、キャンパスを後にする頃には夕暮れが迫っていて、ライトアップされた東京タワーがとても奇麗でしたshine カメラを持っていかなかったこと、後悔ですcamera

記事検索

無料ブログはココログ