スケジュール

  • ▷Eスクレポート提出期限
      6月10日(月)まで
       あと 

    ▷Eスクーリング
    4月15日(金)〜6月10日(金)

    ▷第II回科目試験
    7月2日(土)〜3日(日)

    ▷夏期スクーリング I期
    8月5日(金)〜10日(水)

    ▷夏期スクーリング II期
    8月12日(金)〜17日(水)

    ▷夏期スクーリング III期
    8月19日(金)〜24日(水)

文献リスト

修得単位

  • [総修得単位数]
     項  目   修得単位数  
    総合教育科目 Bronze Crown 48/48
    専門教育科目 59/68
    修得単位合計 107/116
    (内スクーリング 34/42迄)


  • [専門教育科目]
    科  目 年度  単位 
    –第1類
    論理学(L)   '13 2
    科学哲学   '13 4
    社会学史II   '13 2
    社会学史I   '14 2
    都市社会学(L)  '14 2
    哲学史SS  '14 2
    倫理学(専門)SS  '14 2
    美学ES  '14 2
    総合講座ES   '14 2
    倫理学 '14 2
    西洋哲学史I '14 4
    現代倫理学の諸問題 '15 4
    近代日本と福澤諭吉 '15 2
    哲学史SS '15 2
    西洋哲学史II '15 3

    必修科目合計 Silver Crown 37/28 

    –第2類
    西洋史概説 I   '12 2
    西洋史概説-E '13 2
    史学概論 '13 2
    西洋史概説 II   '14 2
    オリエント考古学   '14 2
    西洋史特殊I   '14 2

    –第3類
    ロシア文学   '14 2
    英語学-E '14 2
    ドイツ語学文学SS  '14 2
    近代ドイツ演劇 '15 2
    ドイツ語学文学SS  '15 2

    選択科目合計 22   

    専門科目合計 59/68 
    (内スクーリング 20/28迄)


  • [総合教育科目]
    科  目 年度   単位 
    –人文科学分野
    歴史(西洋史) '12 2
    歴史(東洋史)SS '12 2
    論理学(A) '13 4
    哲学ES '13 2
    近代思想史ES '15 2

    –社会科学分野
    社会科学概論SS '12 2
    社会学(A) '13 4

    –自然科学分野
    自然科学概論-E '13 2
    自然科学特論A-ES '15 2

    認定単位 18

    3分野科目合計 Bronze Crown 40/40 

    –英語
    英語I '12 2
    英語II '12 2
    英語VII '12 2
    英語R SS '13 1
    英語W SS '13 1

    必修外国語合計 Bronze Crown 8/8 

    総合科目合計 Bronze Crown 48/48 
    (内スクーリング 14/14迄)

挨拶・閑話

2016-02-22

ご無沙汰しております

本当に久しぶりの更新です。ログインすらもしていない、完全放置状態でしたcoldsweats01 (PW忘れる一歩手前sweat01

秋以降いろんなことが重り、慌ただしい日々の連続で、ようやく落ち着きかけた昨年末に「こんなことが本当に起こるなんて・・・」というくらい私にとっては辛く、悲しい出来事があり、一時、何も手につかなくなってしまいました。

こうして再びログインすることができるようになった、様々なことに感謝の気持ちでいっぱいです。

プライオリティはかなり低かったのですが、学生としての生活も細々と続けていましたので、今更ではありますが、昨年9月に遡って綴っていきたと思います。よろしければまたおつき合い下さい。

2015-02-15

プチ記念日 3周年

2月15日、このブログを開設して丸3年になりました。思えば 3年前の今日、慶應通信の入学願書を投函したのでした。あの日からあれよあれよという間に3年が過ぎ、来年度は通学生ならば卒業の年ですが、もうしばらく在籍予定のワタクシですsmile

時間は瞬く間に過ぎていくのですが、3年前には全く知らなかったことを少しは知っている自分がいて、これまで全く考えもしなかったことを、あれこれ考えている自分がいたりします。

crocus

そう考えると、「ただただ時間ばかりが流れていただけの3年間ではなかったんだなぁ」、なんて思えますconfident

4年目も一步一步、自分のペースで、楽しみながら学んでいきたいと思っています。これまで同様、気が向いたときだけののんびり更新ブログですがが、これからもどうぞよろしくお願い致します。

2015-01-04

初春

すでに1月も4日となりましたが、あけましておめでとうございます。

昨年は拙いブログをご覧いただき、ありがとうございました。
これまでコメントやメッセージを寄せて下さった方々、直接お会いすることが叶った方々から実に多くのものを受け取りましたshine
心より感謝申し上げます。

Katsuura

今年は海辺で新しい年を迎えました。2015年度のお勉強はスローペースになる予定ですが、この寄せては返す波のように途切れることなく学んでいこうと思っています。

本年もどうぞよろしくお願いいたします。

2014-03-12

棚から牡丹餅な出来事

昨日レポを出しに郵便局へ行ったとき、書き損じ & 未使用の年賀状を持っていったのですが、思わぬラッキーな出来事に遭遇したのでご報告happy01 1枚につき5円の手数料を払えば、郵便はがきに交換してくれることは知っていたのですが、なんと切手にも交換可能だったのです!知らなかった・・・。

実は今まで「5円払ってほとんど使わないはがきに交換するのは、もったいないな〜」と思っていて(せこっ)、イベントの申し込みや懸賞なんかに使えばいいやと、ずっと年賀状のままで置いてあったのです。しか〜し、マメじゃない私が懸賞なぞに応募するはずもなく、たまりにたまって気がつくと60枚ほどが手元に・・・coldsweats01

郵便局で交換してもらうとき、「はがきってあんまり使わないんですよね〜」とふと漏らしたら、レポートの処理をして下さった局員の方が、「切手にも交換できますよ」と一言。まさに神の声を聞いたかと思いましたlovely もちろん「すべて切手に交換お願いします」と答えたのは言うまでもありません。

momo no hana

手数料見合いの5円を差し引いて、一枚あたり45円 x 持ち込んだ枚数の金額が切手に交換されるという仕組みです。消費税が上がっても通信教育の郵便代と特定記録代は据え置だと教えて頂いたので、80円、15円、1円の三種類の切手に交換してもらいました。

端数が出た場合、追加代金を払えば希望の切手を購入できるとのことでしたが、今回は4月以降、封書82円、葉書52円になるので、端数分は1円切手に充てました。

思いもかけず、来年度のレポ用の切手が調達できた運びとなって、「こいつは春から縁起がいいワン」と足取りも軽く(レポも提出したしnotes)家路についたワタクシなのでしたhappy01 もし、書き損じや未使用の年賀はがきがお家で眠っていたら、郵便局へGO!通信生ははがきではなく、切手に交換ですよん。

2014-02-15

はじめの第一歩

午後になってようやくお日様の光が差し込みましたが、先週や昨日と比べものにならない積雪に唖然呆然!「土曜日でよかったわ〜」と思っていたら、なんと学校がある日でした。しかも公開授業だというので、昨日に引き続き、またまた大雪の中出かけるはめにbearing

もちろん小学校に辿りつけない先生も沢山いらして、15cmほどの積雪の中、滑らないように足を踏みしめ必死でたどり着いた先に目にしたものは、自習風景の教室。遅れて先生が来られたものの、保護者が口々に、「休校の緊急連絡メールが入ると思っていましたよね〜」 (本心=なんで休校ちゃうねん!)と囁いていたのは秘密ですcoldsweats01

flower blooms in February

ということで午後から「社会学史I」のレポートの仕上げに着手。社会学史はIもIIもテキスト履修要項に4000字以内(誤差は1割)という指示があり、3600字〜4000字に収めなくてはならないのですが、昨日仕上がった第一稿は4068字でした。(おしい!) 少なくともあと68字、つまり3行分ほど削らなくてはならないので、とにかく推敲、推敲!

まずは、異なるトピックスが一つのパラグラフに入っていないか、パラグラフの先頭にこのパラグラフで自分が述べたい結論(Topic Sentence)が置かれているか、などなどをチェックしつつ、文を入れ替えたり、くどくど言い過ぎている部分をカットしたりして、なんとか字数内で完成させましたhappy01

flower blooms in February

そしてほっと一息ついたときにふと気づいたのは、今日は私にとって小さな記念日だったということ。「慶應通信で学べるといいなぁ」と入学願書を提出したのが、2年前の2月15日だったのです。早いものであれから2年。気分はまだまだ新入生なのですが、願書に取り組んでいる真っ最中の方々からみると、一応先輩に見えるんだろうなcoldsweats01

「この2年間、時間のやりくりや課題をこなすことが大変ではなかった」と言ったら嘘になりますが、目には見えない得たものたちの大きさを考えると、そんな大変さは取るに足らないものだと感じます。それもこれもちょうど2年前に、はじめの第一歩を踏み出せたら。

「レベル高そう・・・」とか、「書評がちょっと大変で、めんどくさいな・・・」とか、「やっていけるかな・・・」とか、そういう理由で迷われている方は、あくまで女の勘ですが、出願レベルは世間で言われているほど高くはないと思うので、2年前の私のように、まずははじめの第一歩を踏み出してみてはいかがでしょうか。

flower blooms in February

はじめの第一歩を踏み出したその日の夜に、ひっそり開設したこのブログも、― 度々更新を放置しているにもかかわらずsweat01(スミマセン) ― いろんな方が訪れて下さるようになりましたhappy01 こうして続けられているのは、ブログを通じていろんな方々と交流が図れることが、思った以上にモチベーションを保つ源泉になっているからにほかなりません。

これは直接言葉を交わしたり、コメントを交わした人たちはもとより、私が密かに訪れているブロガーの皆様との一方的な交流にも言えることで、記事を拝読しては「あぁ、あの人もこの人も、みんな頑張ってるな〜」という刺激が、私にエネルギーを与えてくれています。このブログも誰かにとってそうであってほしいと願いつつ、決してアタフタ記録の域を出ることはない内容ですが、3年目も引き続きよろしくお願いいたしますnotes

2014-01-30

ピタゴラスの音階

『人間ウェーバー』の中で、―自然の中にそのままの形であるわけではない、(中略)人間の理性が長年の苦労のすえにようやく獲得した音である― という十二平均律のくだりを読んだとき、ヴァイオリンの先生にしつこく言われた言葉が、若気の至りの恥ずかしい思い出とともに頭の中を駆け巡ったワタクシsweat01

私は子どもが生まれるまで趣味でヴィオリンを弾いていたのですが、小さい時からやっていたわけではないので、弦楽合奏団の中では足をひっぱる下手っぴぃ団員。それゆえずっとレッスンについていました。引っ越ししたこともあり何人かの先生に師事したのですが、その中に音程にと〜っても厳しい先生がいて、初レッスンで品定めの音階を弾き終えた後に言われた言葉がこれ。

「Uikaさんのスケールは平均律ですね。これからはピタゴラスの音階で弾いて下さい。平均律はうなりや濁りが出てしまう、不協和が生じる音律なので、自由に奏でられるヴァイオリンで、わざわざ人間の耳に美しく聴こえない平均律で弾く必要はありません」と。

こんなことを言われたのは初めてだったので、びっくり仰天eye  そこから音律のしくみのお勉強と脱平均律の訓練が始まったのですが、「私にはちゃんとCDEFGAHCと聴こえますが〜」と言っても、「まだEが低い」とか言われる始末で、ついたアダ名が「ぴあの耳」。でもピアノをやってきた人間にとっては、平均律が自然なスケールなわけで、矯正するのはなかなか大変なのですdespair

Senryou

純正律やピタゴラス音律が平均律より耳に心地いいと言われる音のしくみや、平均律が合理的だと言われる理由については「音律とは」でググって頂くことにして、その先生はヴァイオリンはピタゴラスの音階で弾くのが一番美しいという持論の持ち主でした。(もちろん、曲やパートによりますが)

実際、先生がバッハやモーツァルトを平均律の音階とピタゴラスの音階で弾き比べて下さると、「断然後者の方が音が融け合い、何倍にも響きわたってて美しい」ということは私にも分かりました。たぶん、ほとんどの人はそう感じると思います。自然に調和しているものを、人間は美しいと感じるんでしょうね。

ということで、私はアンチ合理化な先生に教わっていたことになるのですが(笑)、音楽仲間と飲みにいけば、この音律や音程の話が度々話題にのぼり、最後には「ピタゴラス音律を作ったピタゴラスはやっぱりすごい!」という話に落ち着くのですが、実はずっと「なんだかピタゴラスって有名な音楽家みたいだけど、知らないな〜」と思ってたワタクシ。

あるとき恥をしのんで、「あの〜 私、ピタゴラスっていう人を知らないんだけど、どんな人?」って酔った勢いで訊いてみた。そしたらその場にいた全員の目が一瞬点になって、「おめーは、三平方の定理を知らんのかっ!」と呆れられたのは言うまでもありませんcoldsweats01

2014-01-08

2014 迎春

今年のお正月休みは富士山が眺められる場所で迎え、のんびり過ごしてきました。

ということで、世界遺産に登録された富士山に誓った慶応通信3年目の目標です。

  • 25単位以上の単位修得
  • テキストは間をあけずに2回読む
  • 卒論のテーマを決める

最後の目標がとっても悩ましいけど、楽しみでもあったりしますhappy01

Oshinohakkai

すっかりご無沙汰してしまったのは、12月初めからwebへのアクセスがままならなくなったためで、「ちゃんと対策を練っておくべきだった・・・。」と思っても後の祭りsweat01

更新が全くない間も足を運んで下さった皆様、本当にありがとうございます。これからまたゆるゆると記していきますので、本年もどうぞよろしくお願い致します。

2013-08-03

「どうしてなんだろう?」の扉

「夏休み子ども科学教室 親子講座」に参加してきました。対象は小学校中学年のみだったのですが、かなりの倍率をくぐり抜けての当選だったようで、実験室に入ると空席は一つもなく満杯状態。

「顕微鏡で見る小さな世界」という講座だったのですが、講師の先生が授業を始める前に、子どもたちに向けて述べられた言葉が実に素晴らしく、親のワタクシが思わず聞き入ってしまったので、ちょこっとご紹介します。

luxuriant foliage

「今日は顕微鏡でいろいろなものを観察します。普段目に見えないものを見て、“面白いな!すごいな!こんな世界があるんだな!” と思ってもらえることがぼくの第一の目標です。でもみんなは3年生、4年生なんだから、もう一歩踏み込んで、“どうしてなのかな?”って考えながら観察してくれると嬉しいです。なぜなら、そこから科学が始まるからです。“なぜ?” “どうして?” がなければ科学じゃないんです。

今学校では多くの時間が正しい答えを出すこと、正しい答えを知ることに費やされているけれど、答えを出す前に「どうしてなんだろう?」と自分自身で考える時間を持つことが、本当はとても大切です。なぜならこのステップがないと、答え以上のものは決して得られないからです。

“どうしてなんだろう?”と思ったら、どこが似ているか、似ていないか、他のものと比べてみたり、なぜそうなっているを考えて、その証拠を探してみようとしたりするからです。“どうしてなんだろう?” を持っていない人からは何も生まれません。今日はぜひ、“どうしてなんだろう?” の扉を開けてみて下さい。 」

luxuriant foliage

これとよくにたことを慶應通信の入学式でも伺ったと記憶しています。普段の当たり前の事を当たり前だと思わず、「なぜ?」という疑問を感じる感性を持つことが大切なのだと。学問を追求されている方はみな同じことをおっしゃるのですね。

そして学問に対する正しい姿勢は、当たり前だけど、大人も子どもも同じ、万国共通。学問の原点を再認識することができた貴重な一時でありました。しかし、肝心の息子はこのすばらしメッセージはたぶん耳に入っておらず、顕微鏡を熱心に触っておりましたよ。とほほsweat01

2013-07-06

科目試験 1日目の出来事

今週はめずらしくカレンダーがずっと埋まっていて、なぜか忙しかったワタクシ。極めつけは、科目試験初日の本日、午前中に子どもの行事がバッティング。朝8時過ぎに、重いバックをかかえて(社会学のテキストが重い〜)家を出る羽目にbearing 行事が終るや否や大学に向かってダッシュdash

少しの余裕を持って電車は到着したものの、いつもは使わない東京メトロ三田駅の階段を上がると、見たことものないオフィス街。まさしく「ここはどこ?」状態。なんとかなるだろうと勘で歩いて行ったものの、いつまでたっても見慣れた風景は現れず、恥を忍んで通りすがりの優しそうな女の人に尋ねると、全く違う方向を指されました。が〜ん

本日の東京は32-33度という気温だったそうで、炎天下、来た道をダッシュでかけ戻り、右折。2-3ブロックほど行くとようやく馴染みのある大通りが。東門のレンガ色を目にした時はほんと泣きそうでした。こんなことになったのも日比谷線で反対方向に乗ってしまったからcoldsweats01 恵比寿乗り換えで、いつもの山手線に乗れていたらこんなことにはならなかったのですが。

汗だくで到着し、精魂尽き果てたバタバタ受験となったため、かなりあやしい出来となってしまいました。でも、子どもの行事が午後だったり、昼一の受験だったら試験は受けられなかったので、受験ができただけでもラッキーと思うことにします。明日は何事もなく落ち着いて試験に臨めますように。それにしても疲れたsweat01

2013-02-15

プチ記念日

思えば昨年の今日、「慶應通信の66期生として学べるといいなぁ」と入学願書を提出したのでした。早いものであれから、あっという間に1年です。期待半分、不安半分でのスタートでしたが、1年たった感想は、「大人になってから学ぶのって面白いnotes」の一言です。

学生時代は勉強って、ず〜っと 「したいもの」ではなくて、「しなければいけないもの」だったので、まさかそんな私が能動的に、しかも自分で学費を払ってまでお勉強する日がこようとは、あの頃は夢にも思っていませんでしたsmile

ume

そして、同じ日にひっそり、こっそり開設したこのブログも、今ではいろんな方が訪れて下さるようになり、嬉しい限りですhappy01 決してマメではない私がこうして続けてこられたのも、拙いブログを訪れて下さるみなさんのおかげですconfident 本当にありがとうございます。

のんびり更新で、アタフタ記録の域は出ない内容ですが、2年目もどうぞよろしくお願い致します。

記事検索

無料ブログはココログ