スケジュール


  • ▷卒業アルバム写真提出
    12月20日(水)

    ▷卒業試験
    2018年1月〜2月

    ▷卒業式
    2018年3月26日(月)

修得単位

  • [総修得単位数]
     項  目   修得単位数  
    卒論 ・ 卒試  /8
    専門教育科目 Silver Crown 68/68
    総合教育科目 Bronze Crown 54/48
    修得単位合計 122/124
    (内スクーリング 46/42迄)


  • [専門教育科目]
    科  目 年度  単位 
    –第1類
    論理学(L)   '13 2
    科学哲学   '13 4
    社会学史II   '13 2
    社会学史I   '14 2
    都市社会学(L)  '14 2
    哲学史SS  '14 2
    倫理学(専門)SS  '14 2
    美学ES  '14 2
    総合講座ES   '14 2
    倫理学 '14 2
    西洋哲学史I '14 4
    現代倫理学の諸問題 '15 4
    近代日本と福澤諭吉 '15 2
    哲学史SS '15 2
    西洋哲学史II '15 3
    倫理学特殊-E '16 2
    文化人類学SS '16 2
    西洋美術史SS '16 2

    必修科目合計 Silver Crown 43/28 

    –第2類
    西洋史概説 I   '12 2
    西洋史概説-E '13 2
    史学概論 '13 2
    西洋史概説 II   '14 2
    オリエント考古学   '14 2
    西洋史特殊I   '14 2

    –第3類
    ロシア文学   '14 2
    英語学-E '14 2
    ドイツ語学文学SS  '14 2
    近代ドイツ演劇 '15 2
    ドイツ語学文学SS  '15 2
    フランス文学概説 '16 3

    選択科目合計 25   

    専門科目合計 Silver Crown 68/68 
    (内スクーリング 26/28迄)


  • [総合教育科目]
    科  目 年度   単位 

    認定単位

    18

    –人文科学分野
    歴史(西洋史) '12 2
    歴史(東洋史)SS '12 2
    論理学(A) '13 4
    哲学ES '13 2
    近代思想史ES '15 2
    芸術(音楽)SS '17 2
    芸術(音楽)SS '17 2

    –社会科学分野
    社会科学概論SS '12 2
    社会学(A) '13 4

    –自然科学分野
    自然科学概論-E '13 2
    自然科学特論A-ES '15 2
    統計学-E '17 2

    3分野科目合計 Bronze Crown 46/40 

    –英語
    英語I '12 2
    英語II '12 2
    英語VII '12 2
    英語R SS '13 1
    英語W SS '13 1

    必修外国語合計 Bronze Crown 8/8 

    総合科目合計 Bronze Crown 54/48 
    (内スクーリング 20/14迄)

文献リスト

2017-12-13

卒業アルバム用の写真提出

15日からkcc-channelが使えなくなるそうなので、卒業アルバムの写真をアップロードしました。最後くらい余裕をもって提出しないとねhappy01

卒論用の証明写真を撮った時に、もれなくついてきたデジタルデータをCDからPCへ移して確認したところ、jpeg画像が2枚入っている。「あれ? 3枚撮ってもらったので、サービスでもう1枚入れて下さったのかな」と思って見てみると、美肌モードの処理を施すbefore & afterでしたhappy02

プリントされた証明写真はafterのものだけだったので、beforeの存在を今の今まで知らなかっワタクシ。2つの写真を並べて比べてみると、別人です(笑) 肌のツヤが全く違います。

「睡眠不足が続いたあの頃は、肌の状態がすこぶる悪いはずだったから仕方ないさ」と自分で自分を慰めつつも、500円プラスの価値が十分にあったことをひしひしと感じた一瞬でした。美肌モード、オススメです。

before画像と間違っていないかどうかしっかり確認して、afterの画像を1000 x 800ピクセルに切り取り、ファイル名を学籍番号と氏名に変更してkcc-channelからアップロード。あっと言う間に処理が終わり、折り返し受信確認のメールが大学から届きました。メディアセンターでアルバムを見る日が楽しみですhappy01 

あっ、でも、お知らせには

なお、本掲示は2017年9月や2018年3月の卒業予定を
確定する、お知らせするものではありません。
卒業・卒業予定申告の可否については、別途お知らせします。

と、しっかり書かれてありましたcoldsweats01 

2017-12-10

卒論追想

2016年5月、初回卒論指導の時点で修得していた単位は107。残り9単位は、7月の第II回科目試験と夏スクで修得する計画を立てており、予定通り単位を頂くことができました。つまり、9月以降は卒論だけに集中できるという、他の科目と平行して卒論に取り組まれている方々に比べたら、恵まれた状況にありました。

でもこの2016年が私にとって一番大変で辛い時期でした。卒論に集中できる環境なのに、どういう切り口で論じたらいいかのか方向が定まらず、長い間宙ぶらりんの状態で途方に暮れていた時期です。もしかしたら、家族の緊急入院・転院・手術といった非日常の出来事が関係していたのかもしれないけれど、時間はありました。

Mita campus

転機は2017年1月〜2月。突破口を開いてくれたのは、この時期に出会ったある文献です。その文献は私の論文のテーマに対してど真ん中直球ストライクではなかったのですが、この文献に出会ったことで、ある哲学者の理論を援用することを思いつき、そこから構想がわ〜と広がりました。

その哲学者の文献はすでに慶應通信の学びの中で読み終えているものだったので、理解するのに時間がかからない、というよりも、再読によってさらに理解が深まったと言えます。しかし当時は、この哲学者の文献を卒論に使うことになろうとは夢にも思っていませんでした。

けれども、この哲学者の書著を読んでいたからこそ、ある文献でこの哲学者について論じている箇所を読んだ時に、卒論に援用できると判断することができたとも言えます。著書を読んでいなければ、その文献の該当箇所を読んでも、琴線に触れることなく読み過ごしていたに違いありません。

Mita campus

私の卒論は慶應通信で知り得た知識があちらこちらに散りばめられています。卒論は大学での学びの集大成ですが、まさにそれを体現したものになりました。

入学当初、レポートの書き方の講演会に参加したとき、講師の先生が、卒論の中に一つでもいいから、慶應で学んだことを織り込んでほしいとおっしゃっていたのを思い出します。私の卒論は少なくとも、その要請にだけは応えています(笑) 

ただ、先行研究の整理はできるだけ丁寧に行うことを心がけました。連綿と続いてきた先人たちの議論に敬意を表し、それらの議論をベースにしながらも、ほんの少し、ほんのちょこっとだけ、偉大な彼らとは異なる視座で論を展開し、自分なりの結論を述べることができたのではないかと思っています。

Mita campus

おそらく、自分が納得のいく卒論が書けるかどうかは、キーとなる文献に出会えるかどうかにかかっているのではないでしょうか。少なくとも私の場合はそうでした。そして、よくよく考えてみると、現在の文献だけでは自分が納得のいく論文は書けないと気づかせてくれたのは指導教授です。そういう意味では、転機は2016年秋に行われた第2回卒論指導だと言えるのかもしれません。

私の卒論完成までの過程は暗中模索の足踏み状態が長く、ためになる情報をお届けすることができませんでしたが、「納得できる論文構想が思いつかず途方にくれ、時には泣きそうになっても、卒論に向かうことを諦めさえしなければ、いつかは完成させることができる」という事実が、卒論で悩んでいる人へのエールになれば幸いですconfident 

2017-12-07

履修実績 ―学びの軌跡あれこれ4

入学時から現在までの履修実績を記して、慶應通信での学びの軌跡をちょこっと振り返っておこうと思います。
 

授業形態修得月科目名単位数  成績 
認定単位 18
2012年度
テキスト 7月 英語I 2 A*
7月 英語II 2 A*
7月 歴史(西洋史) 2 A*
10月 英語VII 2 B*
10月 史学概論 hold B*
1月 西洋史概説I 2 B*
スクーリング 夏期 歴史(東洋史) 2 A*
夏期 社会科学概論 2 A*
1年目合計 7科目14  単位
2013年度
テキスト 4月 論理学(A) hold A*
6月 論理学(A) 4 A*
7月 社会学 4 A*
8月 史学概論 2 B*
10月 論理学(L) 2 A*
10月 西洋史概説II hold C*
1月 社会学史II 2 A*
1月 科学哲学 4 B*
スクーリング Eスク 自然科学概論13 2 A*
Eスク 西洋史概説13 2 A*
夏期 英語(リーディング) 1 A*
夏期 英語(ライティング) 1 A*
夜間 哲学 2 A*
2年目合計 11科目26  単位
2014年度
テキスト 4月 社会学史I 2 A*
4月 ロシア文学 2 A*
5月 西洋史概説II 2 C*
7月 都市社会学(L) 2 A*
7月 オリエント考古学 2 A*
10月 西洋史特殊I 2 A*
1月 倫理学 2 B*
1月 西洋哲学史I 4 A*
スクーリング Eスク 英語学14 2 A*
夏期 倫理学(専門) 2 A*
夏期 ドイツ語学文学 2 A*
夏期 哲学史 2 B*
夜間 美学 2 B*
夜間 総合講座(文学部) 2 A*
3年目合計 14科目30  単位
2015年度
テキスト 4月 近代ドイツ演劇 2 A*
4月 西洋哲学史II - D*
7月 現代倫理学の諸問題 4 A*
1月 西洋哲学史II 3 A*
スクーリング Eスク 近代日本と福澤諭吉15 2 A*
夏期 ドイツ語学文学 2 A*
夏期 哲学史 2 A*
夜間 自然科学特論A 2 A*
夜間 近代思想史 2 A*
4年目合計 8科目19  単位
2016年度
テキスト 7月 フランス文学概説 3 A*
スクーリング Eスク 倫理学特殊16 2 A*
夏期 文化人類学 2 A*
夏期 西洋美術史 2 A*
5年目合計 4科目    9  単位
卒業論文 5月 初回指導
11月 第2回指導
2017年度
スクーリング Eスク 統計学17 2 S
夏期 芸術(音楽) 2 S
夏期 芸術(美術) 2 A
6年目合計 3科目    6  単位
卒業論文 5月 第3回指導
10月 第4回指導
11月 卒業論文提出
総合計 47科目122  単位
*薄桜色:レポート不合格 ・ 淡黄色:試験不合格

2016年度までに卒論以外の卒業所要単位である116単位を修得していたので、今年度は卒業要件にはとらわれずに、自分が学びたい科目を履修していったら、総合教育科目ばかりでした(笑) でも、「統計学」も「芸術(音楽)」も入学当初から履修したい科目だったので、長年の夢が叶って満足ですhappy01

改めて学びの軌跡を振り返ってみると、レポートは再レポが「論理学(A)」と「西洋史学説II」、再々レポが 「史学概論」、そして再試験が「西洋哲学史II」。「西洋史概説II」の講評に、「大学の史学のレポートの基準に達していませんannoy 」と書かれてあったことを懐かしく思い出します。 「近代ドイツ小説」は履修を取りやめたため、受験もせず再レポ期限切となりました。

総合教育科目は、「英語VII」以外はAだったので健闘したと思います。渦中にいときは無我夢中でそういうことは頭に入ってこないのですが、ただ結果的にこうなると人間って欲が出てしまって、「英語VIIがBなのは残念すぎる!これがAだったら、総合教育科目オールAだったのに〜」と思ってしまうんですよねbleah  その(意)欲は試験前に出しましょう(苦笑)

専門教育科目は、歴史関係の成績が悪いのは致し方ないとして、自分の専攻分野である哲学関係の成績が真善美ともに芳しくないという結果に。今更しょうがないですけど、「倫理学」が……。

けれども、どんな成績であれ自分が精一杯(かどうかは別にしてcoldsweats01)やり遂げた学びの軌跡でありることに疑いはなく、入学前にはほとんど不案内だった、これだけの科目についての概念や知識を「得る」まではいかなくても、「知る」ことができたことに大きな意味があると思います。

知らないことは責められることではないけれど、自分の価値観だけで世界を捉えることで、知らず知らずのうちに誰かを傷つけてしまうことはよくあること。残念だけど人間ってそういう生きもの。

だからこそ、学際的にいろんな考えや、その考えの源泉である歴史的・文化的背景を知ることが大切なんだと。そういう営みを重ねていくことによって客観性が培われ、それが知らず知らずのうちに、自分とは価値観の異なる他者を理解し、ひいては、多様性の受容につながっていくと思うから。

アカデミックな場で学ぶことの意義はここにあると思います。そういうことに気づかせてくれた慶應通信に感謝していますheart04

2017-12-01

卒業アルバムの写真

卒論が受理されたのでkcc-channelの学籍を覗いてみたところ、「卒業論文(卒論指導)」の欄が更新されていました。タイトルがちゃんと題目変更届で記したものに変更されていて、卒業予定年月日の欄も2018年3月10日と記されています。

念のため履修状況も確認したところ、自分の計算と同じ、122単位となっていたので安心しました。科目名を眺めていると、走馬灯のようにその科目に取り組んでいたころのことが思い出されます。

そしてスクーリングの担当者の欄に記されている先生方のお名前を拝見していると、懐かしいスクーリングの風景が蘇ってきて、沢山の方々にお世話になってきたことを改めて実感します。

卒業論文の頁には「卒業アルバム用個人写真提出フォーム」というタグが増えていて、確認してみたら、どうやら希望者は卒業アルバムに載せる写真をアップロードせよということみたいcamera

アルバムは購入するつもりはないので迷っていたら、学友が卒業アルバムは図書館でも見ることができるから(知りませんでした〜)、掲載しておいた方がいいよと勧めてくれたので、見ることができるんだったら、慶應で学んだ足あととして載せて頂こうかな。

卒業論文のために美肌モードshineで撮影した証明写真には、デジタルデータももれなく付いてきたので、わざわざ撮りにいく必要もないし、近々アップロードしようかと思っています。

2017-11-29

製本後に訂正が必要になったときの裏技

卒論提出までに、もう一騒動あったので、備忘録として記しておくことにします。今後どなたかの参考になることを祈ってconfident

先日提出に向けて、ready to go になったなんて大それたことを言っていたにもかかわらず、27日終日かけて推敲をしつこく重ねていたら、想定していたことではありますが、ミスを数か所発見し、ガーーーン!!! とちびまる子ちゃん状態にcoldsweats02

昔々塾員の方から、仕上げの段階で「てにをは」を直すだけのはずが、大掛かりな修正になってしまい、字句の修正まで手が回らないまま製本することになってしまったので、製本が上がるまでの数日間に字句を訂正し、修正シールを貼って提出されたという話を伺っていたので、その方法を採用させて頂くことにしました。

修正シールは、裏がシールになっている便利な紙も家にあったのですが、紙の色がかなり違って目立ってしまうので、卒論を印刷した上質紙で作成しました。修正語句を3〜4個(貼付けに失敗したときのことを考えて余分に)と、その横に頁数を記したものを印刷し、カッターで細長く切っておきました。

自作した修正シール、ハサミ、Campus DOTLINERと筆記用具。そして、チェックした元原稿と万が一のために新たに印刷した87枚の原稿と製本キットを持って、大学へいくハメになりました。何気に重いsweat01 最後の最後までトホホなワタクシです。でも、とりあえずやれるべきことは全てやりました。

製本所で卒論を受け取ったら、ダッシュでメディアセンターの自習室へ赴き、該当箇所に修正シールを貼ってみました。よ〜く見るとシールで訂正していることが分かりますが、ぱっと見では全然分かりません。同じ紙で修正シールを作って正解でしたhappy01

その後、表紙の裏に証明写真、表紙に黄色い卒業論文提出票を貼り付けて、めでたく完成と相成りました。本当にここまでくるのは長い長い道のりでした。

自分のことを棚に上げてなんですが、製本所からその足で提出というのは、ご覧のようにリスクが高く、ヘトヘトになるのでオススメしませんcoldsweats01  参考にしていただければ幸です。

2017-11-28

卒業論文提出完了

大学へ卒業論文を提出しました。一緒に頑張ってきた学友と2人で、事務局に提出することができたので嬉しさも2倍ですhappy01

朝一番に製本所から予定通り製本が仕上ったと連絡を受け、お昼過ぎに取りに伺いました。製本された卒論は自慢したいくらい美しく、かっこよかったですshine (装丁だけは)  万が一のミスもなく、製本キットのお世話にはならずにすみました。

graduation thesis

その足で事務局へ赴くと、本日は卒論提出のラッシュ日みたいで、すでに卒論を手にした通信生が数人いて、事務局の卒業係の方もスタンバって下さっています。

順番がきて提出書類の確認をして下さっている間、不備がないかドキドキでしたが、無事受理されほっとしましたconfident

受付処理がされている間、数分待ったでしょうか。処理が終わると、受領書である卒業論文提出票のC票とプリントが2枚渡され、これで提出の手続きは終了となりました。ほんとあっという間です。

プリントには、三色旗の掲載の件や再提出のレポート期限、卒業試験や「学位記」に記載する氏名のことなどが記されていました。

外に出ると、二人して「はぁー」と思わずため息。いいようのない解放感に包まれた証拠ですね。まだ卒業試験が控えていますが、これで穏やかに新年が迎えられますconfident

2017-11-27

卒論要約・必要書類作成

卒論と写真の準備がどうにか終わったので、あとは提出時に必要な書類の作成をするだけ。しかしその中で、卒論の要約 A4 800字程度というのがやっかいです。

最後の指導の時に、800字に収める自信がないことを先生に遠回しに伝えると、800字程度となっているので、多少超えてもいいだろうけれど、A4 1枚に収めること。2枚になってはいけないとおっしゃられましたhappy02

この言葉を伺って、仕事をしていたときに企画部の同僚が言っていたことを思い出しました。企画部が役員報告をする際、役員へ手渡すハンドアウトはA4 1枚という暗黙のルールがあるのだと。当時それを聞いてびっくり仰天。A4 1枚なんて、ありえないわ〜sweat01

けれども、そのA4 1枚のハンドアウトの裏には、何百枚のもパワーポイントなどの資料が控えていて、役員に質問されたら即座に、その何百枚もの中かから必要な資料を取り出して、質問に答えなければならないのだそう。どこにどの資料があって、それぞれ何が記されているのか、全てが頭に入っていないといけないわけで、企画部じゃなくてよかったと思ったものですcoldsweats01

もしかしたら、卒業試験の試問も同じことなのかな。副査の先生はおそらく、この800字の卒論要約だけを読んで、いろいろ質問されるんだろうと思いますが、その質問が自分が論じたことであれば、◯章◯節◯項で述べたことだと即座に判断して、答えることができないといけないんだろうな〜。

でも、構成を何度も何度も、本当に何度もギリギリまで変更していたこともあって(言い訳〜)、まだ完璧にどこに何を書いたかが頭に入っていないワタクシなのでしたcoldsweats01 自分で書いたものなのにhappy02

要約は842字に収まりました。私にしては会心の出来です。「18万字を800字ちょっとにまとめることも出来るようになったんだな〜」と妙なところで感激しつつ、3部印刷。

それから卒業生要録に写真を貼り、卒業論文提出票、卒業論文指導記録ノート、調査票A、返信用封筒に必要事項を全て記入し、最後に、私は卒論のタイトルを変更したので、題目変更届を作成して、準備万端scissors 提出に向けて、ready to go になりました。

2017-11-26

日吉キャンパスへ

昨日は文献を返却しに日吉キャンパスへ。そのついでに卒論提出時に必要な証明写真を、願書を出すときには知らなかったshine美肌モードshineなるもので撮って頂きました。気のせいかもしれませんが、やっぱりキレイなんじゃないかしら。お肌。ちょっと満足happy01

日吉に降り立つと、黄金色に輝く銀杏並木が迎えてくれました。青々とした銀杏並木しか知らなかったので、まるで違う場所にいるみたい。あまりの美しさに、ヘトヘトだった心と体が癒やされました。

Hiyoshi campus

卒論執筆時お世話になった文献たちとお別れし、いくつか新たな本を借りて学食へ。残念ながら今日は1Fしか空いていませんでした。ラーメンコーナーもお休み。時間が遅かったからかな?

おいしそうな匂いに誘われて「炒めコーナー」の列へ。注文してから調理し始めるので、やたら時間がかかって夏スク時には向かないメニューなんだけど、この美味しそうな匂いにつられてつい並んじゃうのよねsmile

今日は学生はまばらだったけど、幼稚舎のサッカーチームの子どもたちが沢山いて大賑わいhappy01 元気な子どもたちからエネルギーをもらいつつ、結局30分近く並びました。次授業があるわけではないので、のんびりしてても全く問題なし。

この学食に来ることもなくなっちゃうなーなんて思いながら、大好きな日吉キャンパスの昼下がりを楽しみました。

Hiyoshi campus

その後、製本キットを購入しに生協へ。製本された卒論を受け取ったその足で大学に提出するという危険なスケジュールになってしまったため、万が一のことを考えて製本キットを購入しておいた方がいいと塾員の方からアドバイスを頂いたから。

でも・・・。日吉の生協には今在庫がなくてお取り寄せになるとのこと。考えてみればこの時期は、通信生が沢山購入するので品薄状態になるのは当たり前か。お取り寄せ頂いていては間に合わないので、三田の生協に在庫確認をお願いしたら、なんと三田は今お休み中!そうだ、三田祭で生協もお休みなんだった。27日には開くそうなので、月曜まで待つしかない。もう少し早めに手配しとかなきゃいけませんでした。トホホweep

とがっくりきていたら、Amazonで購入することができました。生協で扱ってるものと同じ「製本工房」という製本キットです。こちらもA4版は品薄状態で、あと数個しか残っていませんでしたが、A4黒が残っていてラッキーでした。翌日には届いたスピーディさです。Amazonプライムに感謝!


Onpub

追記 

先輩から教えて頂きました。日吉キャンパスの生協では通常、製本キットは扱っていないそうです。考えてみれば、総合教育科目を履修している学生が通うキャンパスなんだから、当たり前ですねsweat01 購入するなら三田キャンパスで、三田祭をはずして、早めにお買い求め下さいませ。

2017-11-25

ブログ再開のお知らせ

ご訪問ありがとうございます。何のご案内もないまま更新が途絶えてしまって本当にすみません(_ _)

その間もご訪問いただいたり、メッセージを寄せてくださったりと、様々な形で応援してくださった皆さまに心から感謝申し上げます。

sunset

昨年の夏の終わりに家族が一つ間違えば命にかかわる病を発症して緊急搬送、入院、転院、2度の手術と相成り、その間、幸にも学生生活は続けられていましたが、卒論でも悪戦苦闘していたため、ブログ運営にまで手が回らず放置状態になってしまいました(_ _) 

ようやく平常が戻って参りましたので、通信生活も残すところあと少しになりましたが、卒業まで綴ってゆきたいと思いますので、どうぞよろしくお願いいたします。

並行して、これまで備忘録として記していた非公開記事も順次公開していきますので、遡って読んでいただければ幸です。

2017-11-24

卒論再入稿

入稿はしたもののまだミスがあるだろうと、22日に推敲を重ねていたら、夜になって致命的なミスを発見bearing その一つは文献目録に記した著者名の間違いというあってはならないミス。おくづけと突き合わせて2度もチェックしたはずなのに、どうしてその時に発見できないんだろと悲しくなります。

とにかく絶対に訂正をしなきゃなのですが、すでに日はとっぷり暮れており、かつ、翌日は祝日なので、コンタクトできるのは24日の金曜日。メールでのやりとりから、おそらくまだ製本はされていないはずなので、取り急ぎ、差し替えがまだ間に合うか問い合わせメールをURGENTで発信しておいて、24日の朝一に電話を入れました。

担当して下さっている女性は、「11時頃持ってきてくだされば、全然大丈夫ですよ」とこちらの気持ちを察っした穏やかな答えを返して下さいました。電話の向こう側にいる彼女の笑顔と優しさが一瞬見えた気がしましたheart

ミスのある頁だけ印刷して持っていくのは、向こうで差し替える時に間違ってしまうリスクがあるので、全頁印刷して交換することに。11時少し前に新たな原稿をお渡しして、旧原稿を持ち帰りました。

「入稿されてから間違いに気づかれる方、実は多いんですよ」と慰めて下さり、本当にありがたかったです。

こんな風に思いもかけず何度も製本所へ足を運ぶことになって、芝浦口を頻繁に利用することになったのですが、川沿いの風景に情緒があって、慶應への道のりよりもこちらの方がなんかいい感じ。やっと芝浦口側の景色が目に入ってきたみたいです。

景色に癒されつつも、あまりのドタバタに力尽き駅前のexcelsior cafeで一休みして帰ってきました。これでやっと今度は本当に一息つけそうです。

«卒論完成・即入稿

記事検索

無料ブログはココログ